冠婚葬祭のマナー

冠婚葬祭のマナーに関する記事一覧です。冠婚葬祭のお悩みを解消するための情報、お役立ち情報をお届けいたします!|シュフーズ

「冠婚葬祭のマナー」の記事一覧

法事でお供えに包む香典の金額相場とは?包み方や渡し方などのマナーについて

法事に出向く際、持参する香典やお供え物ですが、用意する段階で迷うことありますよね。故人との関係や立場で、香典の金額はそれぞれ相場があります。また香典袋の選び方からはじまり、書き方、包み方にもマナーがあります。渡すときも正しい渡し方がありますので、マナー違反にならないよう、法事の香典についての決まりを覚えておきましょう。

御霊前の正しい書き方とマナーや注意点

御霊前の正しい書き方をちゃんと理解していますか?葬儀に出席する機会は多くあるわけでは無いし、頻繁にあるわけではありませんので、いざ用意しなくてはいけないときにどのように書けばマナー違反にならないか戸惑ってしまいますよね?そこで今回は御霊前の正しい書き方やマナーに関して詳しく紹介しますので、御霊前を書くときに参考にしてください。

結婚式の電報の送り方!送るタイミングやマナーや文例まとめ

結婚式の電報の送り方をご存知ですか?結婚披露宴の際には、お祝いの電報を読み上げる場面がありますよね?最近はメールなどのネットを介した伝達ツールが豊富にあるので電報の送り方がわからない方も多いと思います。今回は結婚式にお祝いの電報を送るときの送り方やマナーを紹介します。さまざまな理由で結婚式に出席できないときにはお祝いの気持ちをしっかり届けましょう!

法事・法要のマナーとは 服装や香典の金額、のしや引き出物について

時代の流れと共にマナーも様々に変化し、多少の失礼であれば許されることもあります。しかし、法事や法要などの弔事に関しては、やはり正しいマナーを知っておくにこしたことはありません。故人や遺族に対して哀悼の意を示せませんし、何より自分が恥をかいてしまいますよね。服装や香典の金額など、基本的なマナーについて、ここでしっかりとおさらいしておきましょう。

法事の表書きについて 種類や書き方・香典のマナーとは

不幸があったとき、参加する法事ではマナーに気を付けたいですよね。香典の表書きは種類が複数あり、宗派によっても違いがあります。複雑に感じてどれが正しいか不安になる方も多いのではないでしょうか。本記事では香典の表書きの種類や書き方、香典のマナーをご紹介します。いざという時の為にきちんとしたマナーを知っておきましょう。

お香典の正しい書き方とマナー

お香典は通夜や葬儀で霊前に供えるための金銭です。お香典には包み方や香典袋の書き方など、いくつかマナーがあります。宗教ごとの違いなどもあり、いざという時に困らないように、お香典の決まり事を把握しておきましょう。ここでは、香典袋の選び方や表書きについてのほか、お香典の相場など、基本的なマナーについて説明します。

お焼香の仕方まとめ!正しいやり方とマナー

正しい焼香の仕方をご存知ですか?初めてのお葬式でお焼香の仕方が良く分からず「前の人のやり方を見てまねすれば無難…」だと思っている方もいるのではないでしょうか。お葬式は故人とのお別れの場ですのでご遺族のためにも失礼の無いよう基本的なマナーは身に着けておきたいですね。

半返しのマナーと金額の相場!ルールを理解してお悩み解決!

お祝いを受け取ったら、半額相当の品物を選んでお返しすることを半返しといいます。これはお祝いに対して感謝の気持ちを伝えるためのものなのですが、必ずしも半額相当にしないといけないわけではありません。お返しはいらないよとお祝いをいただいた場合でも基本的に半返しをするのがマナーとなっています。今回は半返しについて詳しく紹介しますので参考にしてください。

古希は何歳?由来やお祝いのタイミング、おすすめのプレゼントまで

古希は何歳かご存知ですか?古希は数え年で70歳のお祝いです。満年齢ですと69歳になりますが、ほとんどの方がキリ良く満70歳で古希のお祝いをしているようです。またテーマカラーがありますが古希は「紫色」です。今回は古希が何歳か?どうして古希があるのか?古希のマナーは?などをまとめましたのでご紹介いたします。考にしてくださいね。

友人の葬儀での香典に包む金額相場や渡し方、マナーとは

葬儀での、香典に包む金額相場や渡し方、マナーについてきちんと知っていますか。急な葬儀の際、どう振舞えばいいのか困ったことはないでしょうか。葬儀は予測できる行事ではないので、事前に勉強しておく必要があります。いざというときのために、確認しておきましょう。余裕をもって、故人を心からゆっくりと偲ぶことに繋がります。

袱紗(ふくさ)の包み方と渡し方まとめ!結婚式と葬儀のマナー

慶弔行事において金品を贈る際に祝儀袋あるいは不祝儀袋に入っているとはいえ、そのまま渡すというのはマナー違反とされています。それらを包むために袱紗が存在します。そして、袱紗は慶弔によって包み方が異なります。では、袱紗の正しい使用方法やマナーについてはご存知でしょうか。この記事では、包み方と渡し方を慶弔それぞれに分けてご紹介します。

一周忌の服装は何を着るべき?親族や身内だけの場合や守るべきマナーなど

葬儀に参列する際は、喪服を着るのがマナーです。しかし、一周忌のときは喪服を着た方が良いのか着ない方が良いのかで迷う人も多いではないでしょうか。故人の友人なども呼んでやる場合と身内だけでやる場合とがあり、それぞれの場合でも求められる服装に迷うものです。そこで、ここでは一周忌にふさわしい服装を場合にわけて説明していきます。

喪中はがきを出す時期はいつ?範囲や書き方のマナー、投函の注意点まで

喪中はがきは、自分が喪中であることを伝えるためのものではありません。喪中のため「年賀状は出しません」ということをお伝えするのが喪中はがきです。また喪中はがきは誰に出すかも重要なポイントになります。喪中はがきには色々ルールがありますので、今回は喪中はがきを出す時期や喪中はがきを送る相手の範囲、喪中はがきの書き方やマナーをご紹介したいと思います。

お通夜のマナーと作法!知らなかったでは済まされない大人の常識

急な訃報を受けてお通夜に参列することになった場合に、お通夜のマナーや作法で困る事はありませんか?何となく喪服を着て数珠と香典を持参すれば大丈夫と考えていても、お葬式のマナーや作法は「大人の常識」として考えられ細かく誰かが教えてくれるものではありません。そこで今回は常識知らずと恥ずかしい思いをしないためにお通夜のマナーや作法を紹介します。

帯祝いで安産祈願!正しい手順とお金の話

帯祝いは妊娠5カ月目の戌の日に腹帯を巻いて安産祈願をするお祝いごとです。実際にはどんなことをするのかご存知ですか?帯祝いにはお腹の中の赤ちゃんやお母さんを守ろうという意図も込められています。帯祝いはなぜ戌の日にするのか、何をどこですればいいのか、具体的なことをお知りになりたい方の為に、今回は帯祝いの詳細や帯祝いの流れ、帯祝いで準備することやお祝いの渡し方などをご紹介したいと思います。

葬式の日取りの決め方!絶対知っておきたい4つのポイント

葬式の日取りは前もってこの日にと決めることはできません。死は予期せぬ時に突然訪れてしまいます。悲しみに暮れて何から準備をしたらわからなくてちょっとしたパニック状態になってしまう方もいるかも知れません。そこで今回は葬式の日取りの決め方を紹介します。事前に知識として知っておくことによって身内で不幸があった場合の助けになります。

香典は郵送できる!送るタイミングとマナーについて

お葬式やお通夜に事情があってどうしても行けない時、香典を郵送しても良いことをご存知ですか?香典を送る場合、郵送方法やタイミングなどにマナーがあります。突然のご不幸で悲しまれているご遺族に失礼や負担をかけないためにも、香典を送るときのマナーをしっかり守りましょう。今回は香典の正しい送り方、香典を送る時のマナーをご紹介したいと思います。

一周忌のお供え物の選び方とマナーまとめ

初めて一周忌の法事に参列した時、「お供え物」を持参することを知らずにあせったことがあります。その後、一周忌のお供えものについて徹底的に調べまして、お供え物を選ぶのにルールがあることを知りました。お供え物は故人の為だけでなく、遺族の気持ちも考えて選ぶことが肝心です。今回は一周忌のお供え物の選び方や渡し方などのマナーについてご紹介いたします。

初盆のお返しは「消え物」が基本!正しい品物の選び方とマナー

初盆を迎え来ていただいた方々に、失礼のないようにするにはどのようにすればよいのか悩んでしまいますよね?参列者へのお返しにはどのような品を用意しておけば良いのでしょうか、またお返しの品の金額的な相場や品物の種類にも気を使わなくてはなりません。今回はお返しの品の目安、のし、挨拶状の書き方など、初盆のお返しのマナーに関して紹介します。

のし袋の種類と用途!いまさら聞けない使い分け

のし袋は種類によって何に使うか違いがあるのを知っていますか?のし袋の使い分けは社会人の基本的なマナーと言えますが、実際は誰かに教わるという話ではありません。購入しにお店に行ってもたくさんの種類があるので「どれを買えば良かったのかな?」と迷ってしまうかもしれません。そこで今回は今さら人には聞けない、たくさんあるのし袋の種類と用途をわかりやすく紹介します。