節約

節約に関して、お役立ち情報をカテゴライズしました。

「節約」の記事一覧

主婦の節約術まとめ!食費や光熱費を抑えて毎月の出費を効率よく減らそう

主婦の皆さんは、毎月どれだけ節約して出費を抑えているのでしょうか?節約しなければと思ってはいるものの上手くできなかったり、そもそもやり方が分からなかったりする方もいらっしゃると思います。今回は、日常生活での出費を効率的に減らす節約術を紹介します。ぜひ参考にしてください。

床暖房の電気代は月間いくら?エアコンとの比較から節約方法まで

寒い冬を快適に過ごす上で欠かせないのが暖房器具ですが、中でも床暖房は特に冷えがちな足元を暖めてくれるため、設置を検討している方も少なくないでしょう。しかし、気になるのは電気代やメンテナンス費用などのランニングコストではないでしょうか。ここでは、床暖房の電気代をはじめ、エアコンとの比較や節約方法について紹介します。

部屋が寒い時の対処法15選!電気代をかけずに効率良く暖めるコツ

部屋が寒いと感じる場所の1位は足元です。そして足元を寒くしている一番の原因は窓です。部屋の暖かい空気の約50%が窓から逃げていますが、逆に外からの冷たい空気が窓の隙間から入り込んできます。今回は寒い部屋を暖かくする方法、部屋の暖かさを保つ方法、体を温める方法など部屋が寒い時の効果的な15の対処方をご紹介致します。

小豆カイロは手作りできる!作り方や効果、寿命から使用時の注意点まで

小豆カイロを知っている人は案外多いことでしょう。カイロの製造販売に関わる業界の大手メーカーからも、小豆カイロ関連の商品がいくつも発売されています。商品をよく見かけることからもニーズは高いと言えるでしょう。実は小豆カイロは材料も少なく、その作りはいたってシンプルで簡単に手作りできます。作り方や効果、使用についての注意点や寿命などを紹介します。

暖房には扇風機が効果あり!活用方法から使い方まで

あなたは暖房だけで室内を暖めようとしていませんか?暖まらないからといって設定温度を高くしたり風力を強くしたりすると、電気代を高くしているかもしれません。実は、扇風機と併用するだけで効果的に室内を暖めることができるそうなのです。暖房と扇風機の併用方法やメリット、用途などを紹介していきます。室内の空気を循環させる参考にしてください。

オイルヒーターの正しい使い方!メリットやデメリットから注意点まで

あなたはオイルヒーターを持っているでしょうか?そもそもオイルヒーターの使い方を知らないがゆえに持っている家庭は少ないかもしれませんが、使い方によっては暖房やこたつよりも便利になることを知っていますでしょうか?今回はオイルヒーターの使い方やメリット、デメリット、注意点について紹介していきます。

持っておくべきポイントカードは貯めやすく使いやすい「共通ポイントカード」です!

持っておくべきポイントカードはどれかご存知ですか?色々なお店で買い物をするときに必ずと言えるくらい「ポイントカードはお持ちですか?」と聞かれますよね?気がつくと財布の中はポイントカードでいっぱいで、いざ使うときもお店のカードを探すのも大変になってしまいます。そこで今回は本当にお得な持っておくべきポイントカードは何か紹介しますので参考にしてください。

固定費を削減して節約するコツ!自分の生活を分析することから始めよう

固定費の削減を見直してみませんか?毎日の食費を切り詰めたり電気や水道をできるだけ使わないようにしたり…こんなに節約しているはずなのに貯金が貯まらない!そのイライラは固定費を削減することで解決するかもしれませんよ。今回は固定費の見直し方法や固定費の削減の仕方とコツ、節約の裏技などをまとめましたので参考にしてください。

ハロゲンヒーターの電気代比較!節約しながら効率よく暖めるコツ

ハロゲンヒーターの一番の魅力はスイッチを入れるとすぐ暖かくなることですね。でもすぐ暖まるというメリットがハロゲンヒーターの電気代を高くしているという話もききますが、本当にハロゲンヒーターの電気代は高いのでしょうか?ハロゲンヒーターの電気代を詳しく知りたい方のために、ハロゲンヒーターの電気代を1時間、1日、1ヶ月で具体的な電気代を出しました。また、ハロゲンヒーターと他の暖房器具との電気代比較やハロゲンヒーターの電気代を節約しなが効率よく使用するコツも一緒にご紹介したいと思います。

カーボンヒーターの電気代をさらに安くするコツ!他の暖房器具と比較して考えよう!

カーボンヒーターの電気代は意外に安いのをご存知ですか?それはカーボンヒーターの消費電力が少ないからです。カーボンヒーターは300Wあれば十分暖かくなりますので1時間約8円ちょっとの電気代ですみます。今回はカーボンヒーターの電気代を他の電気器具と比較しながらご紹介したいと思います。また、ハロゲンヒーターの電気代の節約のコツなども参考にしてくださいね。

ナンバー ディスプレイの無料化する方法がないのか調査してみました!

ナンバーディスプレイの機能は電話を掛けた発信者の電話番号を通話の前に電話機に表示する機能です。ナンバーディスプレイは無料化されていませんので、ご家庭の固定電話のナンバーディスプレイは有料なんです。携帯電話やスマートフォンでの通話では特に契約も設定もせず標準で使用できる機能なのですが、家庭の固定電話でナンバーディスプレイの機能を使うには月額400円(税抜)も支払っているのです。ナンバーディスプレイの機能が無料化出来ないのか調査してみました。

家電の値切り方!限界まで下げる交渉術

家電を買うときに値切り交渉ってしてますか?表示された金額のまま購入してませんよね?何となく「値切り交渉をしてみたいけど家電の値切り方がわからない」、「家電を値切るのはちょっと恥ずかしい気がする」、「家電は値切り交渉しても安くしてくれないんじゃない?」と考えていませんか?インターネットの通販では金額は表示されたままで交渉の余地はありませんが、量販店では売っているのは店員さんで人です。ちょっとしたきっかけで値切り交渉できることもあるんです。そこで今回は家電の値切り方のコツ、限界まで値段を下げる価格交渉術を伝授します。

暖房の適温!エコなエアコンの使用方法で節電しよう

環境省によると暖房の適温の目安は20℃だそうです。暖房の20℃が適温だと感じるか、それとも寒いと感じるか、人によって体感温度は異なりますが、寒いと感じる方もひと工夫すれば暖かく快適にすごせる方法があります。20℃が暖房の適温だとされる理由はいくつかありますが、エアコンの暖房の温度設定を1℃下げるだけで電気代は10%も節約できるようです。今回は暖房の適温や、適温の暖房で快適に過ごす方法と工夫、そして節約についてまとめました。

エアコンはつけっぱなしでも壊れない!電気代の比較と節約ポイント

「エアコンのつけっぱなしは壊れない」「エアコンのつけっぱなしは電気代がお得」といわれています。この記事ではエアコンのつけっぱなしに関わることを調べました。また、エアコンのつけっぱなしが本当にお得なのか?をダイキンが実験した結果が興味あるものでしたのでご紹介したいと思います。

サーキュレーターの効果的な使い方!エアコンとの併用で電気料金を節約

サーキュレーターの効果的な使い方をご存知ですか?リビングなどでエアコンと併用することによって冷暖房の効率がグッと上がります。サーキュレーターの使い方によってエアコンの設定温度を普段よりも抑えることができ、電気料金を節約することができます。今回はサーキュレーターの使い方、サーキュレーターとエアコンを併用した効果的な電気料金の節約方法とサーキュレーターを便利に活用させる裏ワザを紹介します。

換気扇はつけっぱなしが良い!電気代は気にせず24時間回すメリットまとめ

換気扇はつけっぱなしが良いのをご存知ですか?換気扇は、悪臭や湿気やカビなどが発生する場所に設置されていますよね。この汚れた空気を吸い込まないためには換気扇をつけっぱなしにする必要があります。換気扇を24時間つけっぱなしにしても電気代は数十円~数百円程度かかるだけです。今回は、換気扇つけっぱなしが良い理由や、つけないリスク、電気代がどれだけかかるかなどをご紹介します。