家電の値引きに失敗しやすい人の特徴4選!どうやって交渉するのがベスト?

家電量販店

家電にはいろいろな種類のものがありますが、大きな買い物となるものといえる出費になるものも少なくありません。冷蔵庫や洗濯機などを購入する場合、少しでも値を下げてほしいですよね。今回は、家電の値引きに失敗しやすい人の特徴をご紹介します。自分が当てはまっていないか、是非チェックしてみてください。

家電の購入で、値引きは必須!

ヘッドフォン売り場

家電は、価格に幅あれど、安価なものではないケースが大半です。大きな買い物をするにあたり、値引き交渉を持ち掛けるという人も少なくないのではないでしょうか。値引き交渉をすることそのものは、決して悪いことではありません。

マナーやルールに反する行ではありませんが、失敗するか成功するかによって値引き額に差が出ることがあります。値引き交渉を成功させるためにも、NGな行動を取らないよう注意してくださいね。

家電の値引きに失敗しやすい人の特徴4選!

バツを出す女性

家電量販店で値引き交渉に失敗しやすい人の特徴は、以下のようなものがあげられます。

1.上から目線で高圧的な態度の人

初対面の店員さんに向かって、いきなり上から目線で話しかけるのは絶対NG!お客さんは神様ではなく、お店を利用させてもらっている立場の人間です。

お金を払って商品を買う立場だから偉い、というわけではありません。高圧的な態度で接したり、いきなり友達のようにため口で接するのもNGです。

2.商品の説明を無視して、値段の話しかしない人

店員さんが販売している商品の特徴や使い方などの情報を教えてくれいるにも関わらず、大切な話をさえぎって値段の話をねじ込んでくるお客さんは店員さんに嫌われます。価格交渉は、商品の情報交換や質問などが終わってからすべきことです。

3.ほかの家電量販店にも足を運んでいることをアピールする人

ほかの家電量販店に行って、同じ商品を見てきたとなると、それを聞いた店員さんは焦ってしまうと思い込むのはNG!別のお店も利用しているのであれば、価格を下げても、お客さんが他のお店に行く可能性があります。そのため、価格を下げる必要がないと思われてしまうかもしれません。

4.ネットの最安値価格よりも値切ろうとする人

ネットで家電を購入すると、店頭販売よりも安い価格で販売されていることが大半です。ネットよりも安い価格で値切ろうとすると、「ネットよりも安価な価格では販売できません」ときっぱり断られてしまいますよ。

上手に値引き交渉するコツ

値引き交渉

家電を購入するとき、上手に値引き交渉を進めるためには以下のことを試してみてください。

  • 自分の買いたい家電の情報を把握し、ほかのお店で見積もりを取っておく
  • 店員さんの説明をよく聞き、購入したいという気持ちを伝える
  • しつこく値引きの話をせず、様子を見つつ購入のタイミングを計る
  • 店員さんとの距離を縮め、値引きしたいと思ってもらえるよう接する

お客さんという立場を利用して、店員さんを困らせるような言動や失礼な発言を繰り返す人は、値下げしたいとは思ってもらえません。相手とフェアな関係であることを意識して、好かれるような言葉選びや態度をとって値下げ交渉を行いましょう。

まとめ

家電の値引き交渉は、スマートに行うのがベスト!ネットの情報などをもとに値引き交渉をするのではなく、しっかりとした準備をして値引き交渉に挑んでくださいね。

この記事のタイトルとURLをコピーする
家電量販店

カテゴリから記事を探す

すべてみる
カテゴリを見る