貯金をしていない人の割合ってどのくらい?二人以上世帯の貯蓄を年齢別にまとめてみた

貯金してない人の割合は?

貯金額には、各家庭で大きなばらつきがあるものです。まずは、貯金をしていない割合を、年齢別でチェックしてみましょう。二人以上世帯での貯金額についてもまとめているので、ほかの家庭ではどれくらいの金額を貯金しているのかを見て、今後の貯金額をどうすべきか考える材料にしてみてください。貯金を増やすためのコツについてもご紹介!

貯金をしていない人の割合

通帳をもつ女性

お金は、生活していくうえで欠かせないものです。毎月入ってくる給与や年金などだけで生活していけるほど、人生は甘くありません。しかし、さまざまな理由で貯金が作れないという人もたくさんいます。

  • 20代…約16%
  • 30代…約8%
  • 40代…約14%
  • 50代…約13%
  • 60代…約18%

上記の割合は、二人以上の世帯で貯金がないまま生活送っている人の割合です。

二人以上世帯の貯蓄の年齢別まとめ

三世帯

二人以上で生活している人で、世帯別の貯蓄額をまとめました。

20代

20代で二人以上の世帯の場合、平均的な貯金額は290万円ほどです。

  • 若く、まだ給与額が低い
  • 遊びや結婚など、お金を使う場面が多い

上記のようなことがあるため、貯金しにくい環境であるケースが少なくありません。

30代

30代で二人以上の世帯の場合、平均的な貯金額は約590万円です。

  • 社会的地位が上がり、貯金しやすくなった
  • マイホームの購入や子どもが生まれるなど、大きな出費があるため、貯金額を大幅に増やすことは難しい

大人としての地位を築き、収入額もアップしたため、貯金しやすい環境になってくる年代です。その反面、出費額も大きくなりやすくなります。

40代

40代で二人以上の世帯の場合、平均的な貯金額は約1,010万円です。

  • 給与が増え、貯金しやすくなった
  • 家族での外出などが落ち着き、出費を抑えやすくなった

40代は働き盛りともいわれ、会社での役職に就くなど収入がさらに増えやすくなります。一方責任も多くのしかかってくるので、健康面には十分な配慮が必要です。

50代

50代で二人以上の世帯の場合、平均的な貯金額は約1,680万円です。

  • 役職などにつくため、給与が多く入りやすい
  • 子どもが独立したため、夫婦二人でのんびりと生活しており、出費額が自然とセーブされやすい

定年に近づくほど、給与は多くなっていきやすくなります。副職なども行っているのであれば、収入はさらに増えやすくなるでしょう。

60代

60代で二人以上の世帯の場合、平均的な貯金額は約1,750万円です。

  • 定年退職するため、退職金が入る
  • 出費額を抑えることで、老後に窮屈な思いをせずに生活しやすくなる

定年退職すると、大きな金額のお金が入ってきます。しかし収入額が一気に落ちるため、大きな買い物や旅行など散財してしまうのは危険!

貯金をするために大切なこと

お財布を持つ主婦

貯金額を増やすためには、以下のことを試してみてください。

  • 出費の詳細情報を把握する…家計簿をつけたり、通帳をこまめに見直す
  • 収入額を増やす…仕事を変える・副業を始める・投資してお金を増やすなど
  • 貯金専用の口座を作る
  • お小遣い制度を設け、出費を抑える
  • 生活習慣を見直し、無駄を省く

ただ収入額を増やしても、増額した分の収入がすべて貯金に回るかといえば、そうではありません。意識して貯金を作らなければ、貯金額は増えないのです。自分だけでなく、家族みんなで貯金を増やせるよう小さな節約を積み重ねましょう。

まとめ

貯金を作ることは、簡単なことではありません。収支の見直しや節約、副業などを行い、少しずつ貯金額を増やせるよう工夫しましょう。

この記事のタイトルとURLをコピーする
貯金してない人の割合は?

カテゴリから記事を探す

すべてみる
カテゴリを見る