実はにんじんの皮は捨ててはいけない!?メリットや料理に活用する方法を解説

ニンジンの皮の活用方法とは

にんじんの皮は、むいてそのまま破棄してしまうのはもったいない!にんじんの皮には、多くの栄養が含まれています。にんじんの皮を使うメリットや、調理方法についてまとめたので、是非チェックしてみてください。にんじんの皮を調理するときに、注意すべきことについてもまとめています。

にんじんの皮、捨ててしまうのはもったいない!

にんじんの皮をむく様子

炒め物や煮物など、にんじんは多くの料理で活躍してくれる食材です。にんじんを調理する前に、皮をむいているという人も少なくないと思います。しかし、にんじんの皮を捨ててしまうのは、実はもったいない行為なのです!

どうしてもったいないのかをチェックし、今日から試せるリユース方法をチェックしてみましょう。

にんじんの皮を使用するメリット

ポイントを教える主婦

にんじんの皮を使用すると、以下のようなメリットを得やすくなります。

1.環境にやさしい肥料づくり

にんじんの皮を細かく切って土に混ぜ込むことで、自然に優しい肥料づくりができます。土の上にそのままにんじんの皮を乗せてしまうと、腐ったりカビてしまうため、混ぜ込むようにしましょう。

土に混ぜ込むことによって、害虫や鳥などが寄り付きやすくなるのも防ぐ効果が期待できますよ。

2.皮ごと食べて、丸ごと栄養を摂取

にんじんの皮には、β-カロテンが豊富に含まれています。にんじんそのものにβ-カロテンが豊富に含まれており、特に皮付近にはたくさん含まれていますよ。

β-カロテンが不足してしまうと、免疫力が低下して感染症にかかりやすくなってしまいます。また、β-カロテンには抗酸化作用が含まれているため、老化防止機能にも期待が高まります。

皮をむくと摂取できるβ-カロテンの量が減ってしまうので、できるのであれば丸ごとにんじんを食べるのがおすすめ!

3.生ごみを減らせる

野菜の皮は、一度に出る量は大量ではありません。しかし、毎日出るものなので、ため込むとかなりの量になってしまいますよね。生ごみの量を減らすためには、野菜の皮もおいしく消費してしまうのが一番!上手に調理して、無理なく生ゴミを減らしましょう。

にんじんの皮を料理に活用する方法

料理をする主婦

にんじんの皮は、以下のような料理に活用可能です。

  • きんぴら
  • かき揚げ
  • スムージー
  • 炒め物
  • 煮物…カレーや筑前煮など
  • ベジブロス…皮などで作る、野菜の出汁

にんじんの皮だけを調理する方法もありますが、にんじんの皮をむかずに調理することも可能です。皮をむく手間が省けるので、料理が楽になりますよ。

にんじんの皮を料理に使う場合は、農薬を使用しているか、しっかりと泥が落ちているかという点には注意してください。農薬を使用している場合は、むいた皮は調理しないほうが無難です。料理以外の方法でリユースして、無駄なく消費しましょう。

まとめ

にんじんの皮は、いくつかの使用方法があるので、自宅で無理なく試せるものを実践しましょう。農薬の使用などにも注目すると、どのような方法で使用するか決定しやすくなりますよ。

この記事のタイトルとURLをコピーする
ニンジンの皮の活用方法とは

CATEGORY記事カテゴリ

すべてみる