新築祝いで贈ってはいけない『5つのもの』 タブーとされる理由とおすすめの贈り物

新築祝いで贈ってはいけないものとは

30代〜40代に入ると、友人や兄弟、親戚などで新築住宅を購入する人が出てきます。そのため、相手に新築祝いを送ろうと考える人も多いでしょう。しかし、新築祝いには何を贈るのがベストなのでしょうか。また相場やタブーはあるのでしょうか。今回は、そんな『新築祝い』にまつわる疑問を解消していきましょう!

友人や家族の新築祝いに何を贈る?相場はどのくらい?

引っ越しの挨拶

30代〜40代に入ると、友人や家族、親戚などで新築住宅を建てたり、購入したりする人が増えてきます。そこで「相手に新築祝いを贈ろう」と考える人は多いでしょう。

しかし、新築祝いに何を贈ればいいのかわからない、どのくらいの値段の品物を用意するべきか迷うという人も少なくありません。

新築祝いの相場は関係性で変わる

基本的に、新築祝いの相場は他のお祝いの品物と同様に、相手との関係性で変わります。立場によって一般的な相場が変わるので、品物を選ぶ際の参考にしてください。

  • 親:3万円〜5万円
  • 兄弟・姉妹・親戚:1万〜3万
  • 友人・同僚:5000円〜1万円台

あくまで一般的な目安なので、「もっと豪華なものを送ってあげたい」という親なりの気持ちで高価なものを贈る人もいます。

反対に、一般的な相場より安価であっても「相手が好みそうなものだから」と選ぶ人も多いので、相手の好みや必要としているもの、自分の気持ちなどに合わせて品物の価格を選んでも良いでしょう。

これはタブー!新築祝いで贈ってはいけない『5つのもの』

新築祝いとして新たな門出をお祝いする上で「これは縁起が悪いからタブー」とされている物があります。

ここで紹介する品物は、一般的に新築祝いで贈ってはいけないと考えられているので、相手からリクエストがない限りは贈らないようにしましょう。

1.靴やサンダルなどの履物

近所をちょっとで歩く際に便利な可愛らしいサンダルや、女性の友人に個人的な新築祝いのプレゼントとして靴を、と履物を選ぶ人がごく稀にいます。

相手が「今、パンプスが欲しい」「かわいいサンダルが欲しい」などとリクエストをくれた場合は問題ありませんが、一般的に履物は「相手を踏みつける」「見下す」という意味があるため、新築祝いとしてはNGとされています。

2.玄関マットなどの敷物

新築におしゃれな玄関マットやカーペットなどを贈るという人も多いですが、こちらも敷物として「踏みつける」「尻に敷く」といった動作をする品物なので、新築祝いには不適当とされています。

また、玄関マットやカーペットは、デザインにも個人的な好みが反映されやすいアイテムです。贈った品物を「あまり好みじゃない」と心の中で迷惑がられてしまう可能性も否定できないので、控えたほうが無難です。

3.キャンドル

アロマキャンドルなどのおしゃれなインテリア雑貨を贈るという人が女性には多いです。置いておくだけでもおしゃれに映るキャンドルやお香は、女性人気の高い商品でもあります。

しかし、キャンドルは「火」を連想するアイテムです。新築祝いに「火」を連想するアイテムは、火災などの不幸を連想させるとして、新築祝いとしてはタブーとされています。

可愛らしいキャンドルやお香ですが、プレゼントしたい場合は誕生日プレゼントなど、別のお祝いとして贈るのが適しています。

4.トースターやコンロなどの火を使う調理家電

新築祝いに調理家電や調理器具を贈る人は多いです。しかし、トースターやコンロ、電子レンジなどは、こちらも「火」を連想させるためNGです。

しかし、実際トースターや新しい電子レンジなどは、相手によっては喜ばれます。特に高価な物も多く、親御さんが子どもの新築祝いに贈るというご家庭も少なくありません。

こうした調理家電を贈りたいと考えた場合は、購入する前に「〇〇を贈ろうと考えているんだけれど、どう?」と尋ねてみると良いでしょう。その際、相手のリクエストに寄り添った機種などを選んであげると、より喜ばれます。

5.全体的に「赤色」のもの

「火」を連想させるとして、全体的に赤い色をした品物もタブーとされています。インテリア雑貨や調理器具など、全体的に赤色をしている品物は数多くあるので、要注意です。

また、赤色は活気のある色ではありますが、人によって「家のインテリアとしてはちょっと…」と好みが分かれる色でもあります。なるべく派手な色味は避けたほうが無難でしょう。

新築祝いにはこれがオススメ!喜ばれる新築祝いとは?

考え込む女性

以上の5点は、一般的に新築祝いに贈る品物としてタブーとされています。新築祝いには、タブーの品物を避け、相手がもらって困らない、喜ぶ品物を選ぶ必要があります。

これらの品物は、新築祝いとして喜ばれる傾向が強いので、これから新築祝いを選ぶという方は参考にしてみてください。

  • 食器(カトラリーセット、耐熱グラスなど)
  • ルームフレグランス
  • ホーロー鍋
  • コーヒーマシン
  • 置き時計
  • お酒
  • カタログギフト
  • 金券

実用性のある物や自分で選べるカタログギフト、金券などが喜ばれる傾向にあります。

観葉植物は、「枯らしてしまうかも」「置く場所がない」などの理由で、意外と困ってしまうという意見が多いです。

また、壁にかけるタイプのインテリア雑貨は、壁に穴を開けなければいけないため、ご家庭によっては「穴を開けたくない」と困らせてしまうことがあるようです。

新築祝いは相手のタイミングに合わせて送ろう

基本的に、新築祝いは住宅ができてから1ヶ月以内、あるいは新築祝いのパーティーやお招きされた時に贈るのが良いとされています。

しかし、現在は共働き家庭も多いため、あまり早いタイミングで贈ってしまうと、ダンボールが溜まってしまったり、片付けの邪魔になってしまったりする恐れもあります。

相手の負担にならなように贈る前に「〇〇のタイミングで贈ってもいい?」などと連絡してみましょう。

新築祝いにはタブーにならない喜ばれる品物を選んで

いかがでしたか。新築祝いには、タブーなものは避け、相手が喜んでくれる品物を選ぶことが大切です。相場や品物など、相手の好みや必要としているものを考慮したりリサーチしたりして、すてきな門出を祝えるプレゼントを選びましょう。

この記事のタイトルとURLをコピーする
新築祝いで贈ってはいけないものとは

CATEGORY記事カテゴリ

すべてみる