冬の電気代の平均はいくら?目安や料金を抑える3つの裏ワザ

冬の電気代はいくらくらい?

冬になると電気代が上がるというご家庭が急増します。では、一般的に他の季節と比べてどのくらい電気代が上がるのでしょうか。そこで今回は、冬の電気代の平均額や電気代を少しでも抑えるための裏ワザを紹介します。

冬は1年の中でも特に電気代が上がりやすい季節

ソファーとこたつ

冬になると、暖房器具を使用することで電気代が高額になりやすくなります。実際、他の季節に比べて冬の電気代が高くなったことに不安を感じているという人も多いのではないでしょうか。

最近では、エアコンで夏は冷房、冬は暖房を使用するご家庭が増えていますが、一般的に冷房機能よりも暖房機能の方が、電気代が高額になりやすい傾向にあるとされています。

特に室内と屋外の温度差が大きく開いている地域では、驚くほど電気代が高額になる傾向があり、他の地域から移り住んだ人は、その電気代に慄いてしまうことも珍しくありません。

一般的な冬の電気代の平均はいくらくらい?

電卓と電気代のイメージ

では、一般的に冬の電気代はどのくらいなのでしょうか。全国的に見た冬の電気代平均やオール電化住宅の電気代平均など、さまざまな事例をご紹介していきます。

全国的に冬の電気代平均は11,000円〜15,000円が多数

全国的に見ると、冬の電気代は他の季節と比べて約5,000円高くなるという地域が多いようです。

また、昼間自宅に人がいないご家庭の場合は、電気代が大幅に上がらない傾向にあり、反対に、世帯人数が多く、昼間も自宅に人がいるご家庭では、電気代が上がりやすい傾向にあります。

一般的な世帯人数、そして地域での冬の電気代平均は、1ヶ月約11,000円〜15,000円のご家庭が多いという調査結果が出ています。これ以上、電気代が高くなると、一般的には電気代が高額であると言えるでしょう。

オール電化住宅は冬の電気代平均が約20,000円

一般的なご家庭の冬の電気代平均額は、約11,000円〜15,000円と言われています。しかし、現在は一軒家を中心に、オール電化住宅が増えています。

オール電化住宅は、ガスを使わない分、すべてを電気で動かしているため、電気代が高くなる傾向にあります。そのため、オール電化住宅の冬の電気代平均は、1ヶ月約20,000円前後と言われています。

高く思う方もいるかもしれませんが、その分、ガス代がかからないことを考えると、同じくらい、あるいは1ヶ月の光熱費が少し低く抑えられるというご家庭もあるようです。

世帯人数や地域によっては驚愕の金額回答も

ここまでご紹介してきた平均額は、一般的な気温の地域、また世帯人数が2〜4人家族のご家庭のデータです。

世帯人数が多くなれば、その分、電気を使う時間や電気を使用している部屋数が増えます。また、寒い地域では、室内と外の気温差がとても大きいため、部屋を暖めようとその分、電気代が高額にかかりやすい傾向にあります。

このような条件下で暮らしているご家庭の場合、20,000円〜35,000円と高額にかかるご家庭も多く、中には1ヶ月の電気代が50,000円を超えたことがあるという驚愕の体験を持つ人もいます。

少しでも電気代を抑えたい…料金を抑える裏ワザ3つ

小銭入れを持って悩む女性

できることならば、少しでも電気代を抑えたいと思う人が多いですよね。そこで、ご家庭で実践しやすい電気代を抑えるための裏ワザを3つご紹介します。できる節約法から取り入れてみてください。

1.できるだけ暖房の設定温度を下げる

冬の電気代が高くなる主な原因は、エアコンの暖房機能です。電気代を抑えるためには、できるだけ暖房の設定温度を下げることが重要です。一般的に、暖房機能は20℃にすると、大幅に電気代が上がりにくいと言われています。

しかし、それではなかなか部屋が暖まらなかったり、寒さを感じたりする人も多いですよね。その場合は、暖房の設定温度を下げても寒さを感じないように工夫しましょう。

  • サーキュレーターを用いて温風を部屋中に行き渡らせる
  • 加湿器を併用する
  • ホットカーペットやこたつを適度に使用する
  • 部屋の中でも数枚衣類を着込む
  • ブランケットを活用する

これらを実践するだけでも、今まで設定していた温度よりも低い設定温度で、暖かさを実感することができます。

家によっては、エアコンの温度を高くするよりも、こたつやホットカーペットを併用した方が電気代が抑えられるというデータもあるので、一度試してみてください。

2.エアコンの設定を「自動運転」にする

皆さんはエアコンの設定を気にしていますか。なんとなく暖房の設定温度だけを気にしているという方も多いですが、実はエアコンの設定の中でも「自動運転」機能が、最も効率的で電気代を抑えられます。

エアコンの設定を自動運転にすることで、設定温度まで一気に温風を出し、効率的に短時間で部屋の中を温めてくれます。部屋が設定温度まで上がると、自動的に風力を弱めたり、場合によっては止めたりすることで、電気代を抑えてくれるのです。

基本的に、エアコンの暖房機能によって、室温を設定温度へ上げるまでに高額な電気代がかかります。そのため、設定温度まで室温を上げる時間を短縮することができれば、電気代節約への近道となるのです。

3.窓に遮熱対策を施す

せっかく暖房器具で部屋を暖めているのに、窓から温かい空気が逃げ出してしまったり、外気の影響で部屋の中へと冷気が入ってしまったりすれば、その分、電気代が余分にかかりやすくなります。

そのため、電気代節約方法として、窓に遮熱対策を施す方法も有効です。

窓ガラスを遮熱性能のある物に交換することで、電気代を抑えることもできますが、交換費用に高額な金額がかかってしまいます。

最近では、遮熱シートや遮熱塗料が販売されているので、これらのアイテムを有効活用し、熱を逃がさないように工夫すると良いでしょう。また、厚手のカーテンを採用し、カーテンを閉めておくだけでも遮熱効果が期待できます。

裏ワザを取り入れて無理のない範囲で節約対策を

いかがでしたか。皆さんのご家庭の電気代は、一般的なご家庭の電気代を比べて、低かったでしょうか。それとも高いと感じたでしょうか。高いと感じた場合は、ぜひ今回紹介した節約の裏ワザ方法を試してみてくださいね。

この記事のタイトルとURLをコピーする
冬の電気代はいくらくらい?

CATEGORY記事カテゴリ

すべてみる