生活家電を捨てる時にしてはいけない『絶対NG行為』4選

冷蔵庫とテレビと洗濯機のミニチュア雑貨

生活家電を買い替える時、古い生活家電をどのように処分するべきか困ることはありませんか。生活家電は、それぞれの家電に合った方法で処分、あるいは回収してもらう必要があります。今回は生活家電の処分方法や捨てるときにしてはいけないことをご紹介します。

家電を買い替えたい…生活家電の処分方法は?

電子レンジを使う女性

電子レンジや洗濯機、冷蔵庫などの生活家電は、数年経つと劣化が目立つようになり、買い替え時期が訪れます。その際、古い生活家電は処分しなければいけません。

一般的に、生活家電を処分する方法は、以下の4パターンです。

  • 自治体のルールに則って処分・回収してもらう
  • 処分する生活家電を購入した店舗で引き取ってもらう
  • 新しい生活家電を購入する店舗で引き取ってもらう
  • 地域の許可を得ている業者に回収してもらう

まずは自治体のホームページなどに記載されているルールに則り、可能な物は粗大ゴミや不燃ゴミとして、粗大ゴミとして処分できないものは、家電リサイクル法に則って回収してもらいます。

他にも処分する生活家電を購入した店舗で引き取ってもらうことができたり、新しい生活家電を購入する際、購入と同時に引き取り手続きを行い、回収に来てもらえるケースもあります。

また、地域の正式な許可が下りている業者に依頼することで、回収に来てもらい、その後適切な手順で処分や定められた場所へと運搬してもらうケースもあります。

「家電リサイクル法」に該当する商品は法律に従った方法で!

家電リサイクルのイメージ

生活家電の中でも、「家電リサイクル法」に該当する生活家電は、法律に則った方法で処分する必要があります。

家電リサイクル法とは
一般家庭や事務所から排出された家電製品(エアコン、テレビ(ブラウン管、液晶・プラズマ)、冷蔵庫・冷凍庫、洗濯機・衣類乾燥機)から、有用な部分や材料をリサイクルし、廃棄物を減量するとともに、資源の有効利用を推進するための法律です。

出典:家電リサイクル法(特定家庭用機器再商品化法)(METI/経済産業省)

上記で紹介されているように、エアコンやテレビ、冷蔵庫(冷凍庫)、洗濯機(衣類乾燥機)は、「家電リサイクル法」に該当する商品です。

購入した店舗で引き取ってもらうか、同品目の新しい生活家電を購入する店舗で引き取ってもらう方法、他にも指定取引所に直接持ち込むことで回収してもらえます。その後回収された4品目はリサイクルされます。

生活家電を捨てる時にしてはいけない『絶対NG行為』4選

バツ印を示す女性

生活家電は自治体のホームページに処分、回収方法が記載されています。しかし、以下の方法で回収、処分することは、環境に悪影響を与えたり、危険な事故を引き起こしたりする恐れがあるため、絶対にやめましょう。

1.指定された場所以外に不法投棄する

当たり前ですが、指定された場所以外に不法投棄をすることは絶対に禁止です。環境に悪影響を与えるだけでなく、自治体や近隣住民の方々に迷惑をかけることにもなります。また、場合によっては、不法投棄された家電から発火現象が起こり、火災につながる可能性も否めません。

そもそも不法投棄は法律で厳しく罰せられる犯罪です。生活家電はもちろん、他のゴミも指定された方法で処分したり回収してもらったりしましょう。

2.無許可回収業者に依頼をして回収してもらう

基本的に生活家電は粗大ゴミとして回収してもらったり、生活家電として指定された場所で回収してもらう必要があります。廃棄物や生活家電を回収する許可を正式にもらっている回収業者に依頼することもあるでしょう。

しかし近年、回収業者の中には無許可で生活家電を回収している業者が多く存在します。無許可回収業者の中には、回収した粗大ゴミや生活家電を不法投棄したり、正しい方法で処分していない業者も多くあります。

また、不適切な処分方法により、火災事故を引き起こすケースもあり、大怪我に繋がったり、死亡事故につながる危険性もあります。

こうした危険な事態や不法投棄などの犯罪を起こさないためにも、無許可回収業者に依頼をして回収してもらう方法はやめましょう。

3.自治体が定めているサイズ未満の家電を粗大ゴミとして出す

生活家電の中には、家電リサイクル法に該当しない生活家電も多くあります。多くの場合、それらの生活家電は粗大ゴミとして自治体に回収してもらうことが多いですが、自治体によっては粗大ゴミにサイズ規定を設けているところも多いです。

自治体が定めているサイズ未満の生活家電を粗大ゴミとして出す行為は誤りです。粗大ゴミとして回収してもらえないため、それぞれの生活家電に合った方法で処分や回収依頼をしましょう。

生活家電の大きさや種類によっては、不燃ゴミとして処分できるところもあります。まずは自治体のホームページを確認してみましょう。

4.生活家電の中に別の物を入れっぱなしにしている

生活家電を回収してもらう歳、生活家電の中に別の物を入れっぱなしにしていませんか。よく見られる危険な事例に、ストーブの中に灯油が入れっぱなしになっていたり、生活家電に使われていた電池が入れっぱなしになっていたりするケースがあります。

このように灯油や電池が生活家電の中に入っていると、気付かず回収してしまった後、回収車の中で、あるいは施設の中で火災などの非常に危険な事故につながる恐れがあります。

他にも生活家電の中に別の物を入れっぱなしにしていると、正しくリサイクルできなかったり、施設で分別をしなければいけなくなったりします。

必ず回収してもらう前に、生活家電の中に入っている不要物を取り除き、綺麗な状態で回収してもらいましょう。

生活家電はリサイクルできることも!正しい方法で処分して

いかがでしたか。生活家電は家電リサイクル法に該当する物とそうでない物があります。また、種類によっては、回収方法や分類が異なるケースもあるため、まずはお住いの自治体ホームページを確認してみましょう。

この記事のタイトルとURLをコピーする
冷蔵庫とテレビと洗濯機のミニチュア雑貨

カテゴリから記事を探す

すべてみる
カテゴリを見る