駅のホームや踏切で絶対にしてはいけないNG行為7選!最悪の場合、不幸を招くことも

駅でしてはいけないNG行為とは

駅のホームや遮断機での事故は、ある日突然起こるものです。また、ホームや遮断機周辺ですべきでない行動をとると、危険な目に合ってしまう可能性があります。電車は急に止まれないということを念頭に置き、どのような行為がNGとなるのかを確認してみましょう。万が一の事態が起きたときの対処法も紹介しています。

駅のホームや踏切は危険と隣り合わせ

線路とホーム

電車は、通勤や通学に欠かせない公共交通機関の一種です。車の免許を持っていないのであれば、長距離での移動は電車を活用する人が多いのではないでしょうか。

電車は非常に便利な反面、急ブレーキができず接触した場合命を落とす事故となることがあるので、駅のホームや踏切の使い方には注意が必要です。

駅のホームや踏切で絶対にしてはいけないNG行為7選!

制止する男性

駅のホームや踏切で行ってはいけない、NGな行為をまとめました。

1.ふざけて線路の上を歩く

アニメやドラマなどで線路の上を歩く描写があり、それに憧れて線路の上をいたずらに歩くのは絶対NG!

いつ電車が来るかわからない状態の線路を歩くのは、非常に危険な行為です。電車が通り過ぎた直後であっても、遊び半分で線路の上を歩いてはいけません。

2.線路の間に寝そべる

電車が来ても、レールの間に寝そべって電車をやり過ごせば大丈夫と思い込んでいる人は要注意!レールの間に寝転んでも、電車の車体の低さでは大人の場合頭を怪我する可能性が高いです。

レールの間に寝るということは、電車が来たときに全く逃げ道がないため、体の一部が接触したら切断などの大事故につながってしまいます。

3.ホームから降りる

電車が来ていないからといって、軽はずみな気持ちでホームに降りてしまうのは危険。電車が近づいたときになるサイレンを聞いて退避すればよいと思っているかもしれませんが、線路は砂利が多いので足を取られて転倒し、逃げ切れず電車が来てしまう可能性があります。

4.列に割り込む

電車や遮断機が上がるのを待っているときに、無理やり列に割り込むのはNG。割り込みをしたときに人が押され、ホームや踏切内に人が押し出されてしまうかもしれません。

5.電車と接触ギリギリの近さまで距離を詰める

度胸試しや興味本位などで、停止していない電車に触れに行くような行為は、非常に危険です。ゆっくり走っているように見えても、電車は想像以上に速度が出ているものです。

接触しそうな距離にいると、電車の風圧で転倒してホームに転落する可能性があります。

6.遮断機が下り始めてからの横断

遮断機が下りると、電車来るのを待ち、通過を見送って、遮断機が上がるまで待つ必要があります。ほんの数分間が待ちきれず、遮断機が下り始めたり降りているにもかかわらず横断を試みるのは危険です。

7.歩きスマホによる前方不注意

歩きスマホをしていると、前方不注意になりがち。イヤホンをして大音量の音楽を聴いているとなると、周囲の人の制止も全く聞こえません。

自分の世界に入り込んだまま直進してしまうと、ホームに転落したり、踏切に取り残されてしまい事故に合うかもしれません。

駅のホームや踏切の万が一に備えて知っておきたいこと

緊急停止ボタン

駅のホームや踏切で、万が一の事態が起こったときは、一人でなんとかせず周囲の人に助けを求め、自分にできることをしましょう。

  • ホームから落ちた、落とされた…線路わきの退避場所に身を隠す
  • 緊急停止ボタンを押す…ホームから人が転落、遮断機に閉じ込められたなど
  • 不審人物を見かけた…ホームに備え付けられたインターホンを鳴らす・駅員や警察官に知らせる
  • 遮断機の中で立ち往生した…発煙筒を焚き、避難する

上記のような行動が、大事故を防ぎ人命を守る手助けになります。万が一の事態が起こったときは、ためらわず行動しましょう。

まとめ

駅のホームや遮断機内でのトラブルは、いつ誰に起きるかわかりません。自分には起こらないだろうと思い込まず、なにかあったときにどうすべきかを常に頭の片隅に置いておきましょう。

この記事のタイトルとURLをコピーする
駅でしてはいけないNG行為とは

カテゴリから記事を探す

すべてみる
カテゴリを見る