なぜ『バツイチ女性』はモテるのか?4つの理由や魅力を解説

働く女性

バツイチの女性は、独身や既婚の女性にはない独特の魅力があります。その魅力に惹かれる男性も、少なくありません。バツイチの女性にはどのような魅力があるのかを、チェックしてみましょう。また、バツイチの女性だからこそ触れられたくないタブーを持っているのも事実です。むやみに相手を傷つけてしまわないよう、タブーもチェック。

独身女性にはない雰囲気を持つ、バツイチ女性

離婚した女性

独身の女性は、恋愛の先にある結婚に夢と希望を乗せて想像して期待を膨らませがちです。しかし、バツイチの女性は、結婚の経験があるため、結婚に対して急いでおらずどこか余裕を感じる雰囲気を醸していることが多い傾向。

結婚をせかされると少しうっとうしさを感じてしまう男性にとっては、バツイチ女性は魅力的に映りやすいかもしれません。そのほかにもバツイチだからこそ持っている魅力についてご紹介します。

バツイチ女性がモテる4つの理由

美しい女性

バツイチの女性がモテる理由とは、どのようなものが考えられるのでしょうか。

1.結婚に対する理想と現実の違いを心得ている

女性にとって結婚は、憧れてありどこか非現実的なこととしてとらえられがちです。好きな人との結婚生活は、楽しくて幸せだと信じてやまない人もいます。

バツイチ女性は、結婚の現実を経験しているので、結婚に対して執着しない人もいます。理想と現実の違いを心得ているからこそ、ゆとりがありその部分が男性を魅了しているのかもしれません。

2.自立心があり、男性に頼り切らない

バツイチの女性は、離婚後自分で働いて生活をやりくりしている人が多く、男性に頼り切るということはほとんどありません。自立している女性は、男性の目には魅力的に映りやすいものです。

自立しているからこそ、将来を見据えた交際を考えるという男性もいますよ。

3.余裕を感じる

バツイチの女性は、結婚を経験しているからこそ、いろいろな面で余裕を持って行動できます。男性の多少の失敗であっても責め立てず、余裕と包容力があり、一緒にいて心地よさを感じる男性もいます。

独身だと、わからない、経験していないから知らないという部分も経験しているので、慌てたり騒いだりすることも少ない傾向です。

4.本気度が違う

バツイチ女性は、結婚に対してポジティブな感情を抱いていないこともあります。結婚に対しての幻想を抱いていないため、いざ結婚を視野に入れるとなると生半可な気持ちではやっていけないということをすでに知っているのです。

だからこそ、結婚を視野に入れた交際に踏み切るときは、独身女性と本気度が違います。

バツイチ女性に聞いてはいけないこと

タブーのイメージ

バツイチの女性に聞いてはいけないタブーは、以下のものがあげられます。

  • 離婚の理由を聞く…真剣交際ならまだしも、冷やかしやネタで聞くのは厳禁
  • 離婚の原因は双方に合ったことを、わざわざ諭す
  • 子どものことを話題にあげ、かわいそうだと揶揄する
  • 「やっぱり」「離婚すると思った」と本人にいう

離婚は、結婚と違い体力と気力が必要です。離婚の理由もさまざまあるため、一概に結婚したことすべてが失敗だったというわけではありません。

傷ついた過去をあえて引っ張り出し、傷口に塩を塗るようなことを言うのは、非常にナンセンスな行為といえます。

まとめ

バツイチ女性は、独特の魅力を持っています。その魅力を知ると同時に、タブーには極力触れないよう注意しましょう。

この記事のタイトルとURLをコピーする
働く女性

カテゴリから記事を探す

すべてみる
カテゴリを見る