車の運転中に絶対してはいけないNG行為5選!ついやってしまいがちな行動が大事故に繋がる

スマホを見ながら片手運転するドライバー

皆さんはご自身の運転操作に自信はありますか。自分が何気なく運転中にやっている習慣が危険な大事故につながる可能性があることを忘れてはいけません。今回はついやりがちな車の運転中に絶対してはいけないNG行為を紹介します。

ついやりがちな運転習慣が大事故につながる危険性も

人が飛び出してきて慌てるドライバー

現在、日本人の自動車運転免許の取得率は8割を超えているといいます。中には、免許だけを取得しているという人もいると思いますが、多くの人がご家族や自身の所有している車を運転していることでしょう。

車の運転に慣れてくると、つい気持ちが大きくなり、最初の頃の用心深さがなくなってしまう人は少なくありません。自分が日頃、運転中に何気なくやっている習慣が、実は大事故につながる危険性を孕んでいるかもしれません。

ちょっとした何気ない行為が、タイミングによっては人身事故につながったり、あるいは追突事故、玉突き事故、死傷事故につながる恐れがあるため、運転は慣れてきたときこそ、再度ルールを確認しましょう。

車の運転中に絶対してはいけないNG行為5選

スマホを操作しながら片手運転するドライバー

では、実際に事故の原因となったことのある運転中の危険行為には、どのような行為があるのでしょうか。つい多くの人がやりがちな運転中に絶対してはいけないNG行為を5事例ご紹介します。

1.走行中にスマホに視線を向ける

近年、スマホの普及率が高まり、それに伴い全国的に注意喚起がなされているスマホのながら運転。スマホは様々な情報が飛び交っているため、一度視線を向けてしまうと、ついそちらに気が向いてしまいがちです。

実際、警察庁のホームページには、以下のような報告が掲載されています。

令和2年中の携帯電話使用等に係る交通事故件数は、1,283件で、カーナビ等を注視したことに起因する交通事故が677件と最も多く、約5割を占めており、次いで携帯電話の画像目的使用が520件で約4割となっています。また、携帯電話使用等の場合には、使用なしと比較して死亡事故率(注)が約1.9倍でした。

出典:やめよう!運転中のスマートフォン・携帯電話等使用|警察庁Webサイト

過去には、行き先までの道のりを確認しようと地図アプリを確認している際に追突事故を起こしてしまったり、スマホゲームを起動させながら運転していたことで注意が逸れ、死亡事故を引き起こしてしまった例もあります。

2.ハンズフリーでスマホ通話をする

最近では、スマホを手に持たずともイヤホンを使ったハンズフリー通話ができるようになりました。しかし、このハンズフリー通話は、運転中にやりがちな行為ですが、非常に危険です。

そもそも、運転中に会話することで、会話に意識が向いてしまい、前方を見ていても注意力が下がってしまうというリスクがあります。その上、同じ空間にいないスマホの先にいる相手と通話することで、より意識がそちらへ向き、事故の原因となりやすいのです。

携帯電話やスマホの運転中の使用に罰則が設けられているのは、注意が逸れてしまうからです。ハンズフリーもリスクはさほど変わらないため、ハンズフリーでスマホ通話をする行為も危険と言えるでしょう。

同じく、運転中にイヤホンをして音楽を聴いたり、車の中で大音量の音楽を流す行為も気を散らしたり注意を逸らしたりする危険性があります。

3.停車する際に急ブレーキで停止する

車を停車させる際、ゆっくりと徐行しながら停止するのが一般的なルールであり、運転マナーです。しかし、中には目の前の車にある程度迫った段階で急ブレーキを踏むドライバーも少なくありません。

急ブレーキで停車してしまうと、停車が間に合わず、前方にいる車に追突してしまう危険性が高まります。また、後方に車がいる場合は、その急ブレーキに対応できず、後ろから追突されてしまうリスクもあります。

前後を走る車のことを考え、信号停止などをする際は少し前の段階から徐々に速度を落とし、ゆっくり停車するようにしましょう。

4.食事をしながら走行する

車の中は半プライベート空間のため、運転しながら食事をする人も少なくありません。しかし、食事をしながら走行する行為は、食事に注意が向いてしまうため、事故につながる危険性が高まります。

過去には、カップラーメンを食べながら運転していた際に、走行した衝撃でスープが溢れてしまい、その状況に驚いたドライバーがハンドル操作を誤り、コンビニに突っ込んでしまったという事故が発生しています。

おにぎりなどの軽食であっても、ポロポロと溢れた食べカスが気になり、そちらに一瞬注意を向けた時に事故を引き起こす…という危険性も考えられます。

基本的にスマホ以外にも「ながら運転」はNGです。食事をしながら走行する行為は絶対にやめましょう。どうしても食事がしたい場合は、一度どこかで駐車し、車の中で食事をすると良いでしょう。

5.片手で運転する

運転に慣れてきた人によく見かける光景ですが、片手で運転する行為もやりがちであり、事故を引き起こす危険性が高まる行為です。

片手運転は、両手で運転するよりも正確なハンドル操作ができません。そのため、咄嗟の状況に対応しなければいけない場面で正確に車を運転することができず、大事故につながる恐れがあるのです。

また、片手運転は発見されると罰則が科されます。『道路交通法第70条』の安全運転義務違反に該当するため、事故を起こしていなくてもスマホのながら運転と同様の罰が科せられます。

基本的な運転ルールをもう一度確認!安全運転を心がけて

いかがでしたか。皆さんは今回紹介したようなやりがちなNG行為に該当していませんでしたか。運転は慣れてきた時が最も危ないと言われています。今一度、基本的な運転ルールを確認し、安全運転を心がけてください。

この記事のタイトルとURLをコピーする
スマホを見ながら片手運転するドライバー

CATEGORY記事カテゴリ

すべてみる