分けて洗わなければいけない『洗濯物』4選!まとめて洗うのがNGな理由とは?

洗濯物を取り出す様子

洗濯物は、毎日出ますよね。一度の洗濯で一気に洗濯物を洗ってしまいたいという気持ちになることもあるでしょう。しかし、一度の洗濯ですべての洗濯物を洗ってしまうのはNG。では、具体的にどのような衣類をより分けるべきなのかをチェックしてみましょう。より分けるときにチェックしたいポイントも紹介しているので、参考にしてください。

全部まとめて洗濯するのはNG?

たくさんの洗濯物

今日使った衣類は、できるものなら洗濯機に全部詰め込んで一気に洗ってしまいたいものです。しかし、すべての衣類をまとめ洗いしてしまうのはNG。

どうしてすべての衣類を一気に洗濯してはいけないのか、理由をチェック!分けるべき洗濯物の特徴も把握しましょう。

分けて洗わなければいけない『洗濯物』4選!

考える主婦

分けて洗わなければならない洗濯物の種類は、以下の通りです。

1.汚れがひどいもの

衣類に汚れがひどくついているものは、予洗いして洗濯する必要があります。

  • 泥汚れ
  • 食べ物による汚れ
  • マットや雑巾類
  • 粗相をしたパンツやズボン類など

汚れたものをそのまま洗濯機に入れてしまうと、ほかの衣類に汚れが移ってしまう可能性があります。汚れた衣類が多い場合は、同じ汚れの衣類と一緒に洗濯するのもおすすめです。

2.デリケートな素材のもの

手洗い必須の素材や、指定の洗剤や柔軟剤がある衣類などは、その指示に従って洗濯すべきです。指示に従わず、ほかの衣類と同じように洗濯してしまうと、衣類が縮んだり型崩れする可能性があるので要注意!

3.雑巾やマットなど

雑巾やマットは、ほかの汚れとは異なる汚れ方をしていることがあります。予洗いしなければならないケースもありますが、マットはマットだけ、雑巾は雑巾だけでまとめて洗うのがおすすめです。

同系統の汚れをまとめると、メンテナンスの手間がかかりにくくなります。干す場所を確保して、一気に洗濯を済ませましょう。

4.色が出るもの

ジーパンや色の濃いシャツなどは、初めて洗濯するときに色落ちする可能性があります。色落ちするとほかの衣類に色移りしてしまう可能性があるので、注意しましょう。

特に白や色の淡い衣類は色移りしやすいため、ネットに入れるのではなく、同系色の色が出る衣類をまとめて洗うのがおすすめです。

洗濯するときにチェックすべきポイント

きれいな洗濯物

衣類などを洗濯するときに、チェックすべきポイントをご紹介します。

  • どんな汚れがついているか…泥汚れ・食べ物汚れ・粗相など
  • 洗濯タグを確認し、適切な洗剤や柔軟剤を使う
  • 色落ちするかどうか
  • 家庭用の洗濯機で洗えるものか

上記のことをチェックするだけで、衣類をどう洗い分けるべきかがわかりやすくなります。

特に汚れてはいないけれど、どう洗濯すべきかわからないという場合は、洗濯タグをチェック!手洗いすべきか、洗剤はなにを選ぶべきか、干し方をどうすべきかという情報がタグの中にすべて詰まっていますよ。

まとめ

洗い分けは、難しいと思いがちですが、衣類の様子や洗濯タグを確認すると簡単によりわけが行えますよ。今日から試せることなので、ぜひ取り組んでみてください。

この記事のタイトルとURLをコピーする
洗濯物を取り出す様子

CATEGORY記事カテゴリ

すべてみる