保証人と連帯保証人の『違い』とは?知っておかないと危険なトラブルに発展することも

契約書類に押印するところ

よく『保証人』や『連帯保証人』という言葉を耳にしますよね。しかし、保証人と連帯保証人の明確に違いについて理解している人は少ない印象を受けます。知らずに契約してしまうと危険なトラブルに発展することもあるため、2つの違いを正しく理解しておくべきでしょう。

保証人と連帯保証人の違いについて知らない人は多い

クエスチョンマークと女性

皆さんは保証人や連帯保証人という言葉を聞いたことはありますか。賃貸住宅を借りる際や銀行からお金を借りる融資契約、さらに大学入学時などにも保証人契約が必要となります。

こうした場面で度々見かける保証人契約ですが、保証人とは別に連帯保証人として契約するケースもあります。名称が似ているため「同じこと?」と勘違いしている方も多いですが、実は似ているようで契約内容が少々異なります。

知らないことでトラブルに巻き込まれる恐れも

保証人と連帯保証人の違いを知らず、「保証人と同じ契約内容だ」と連帯保証人になってしまうと、後々保証人となった主債務者が返済できなくなった時、恐ろしいトラブルに巻き込まれる恐れがあります。

実際、連帯保証人になってしまったことで、主債務者の代わりに返済義務が発生し、返済できずに困っているという悩みを弁護士に相談する人は後を絶ちません。

こうした危険なトラブルに巻き込まれないよう気をつけるために、保証人と連帯保証人の違いを明確に理解しておく必要があります。

保証人と連帯保証人の『違い』とは?

では、具体的に保証人と連帯保証人はどのような違いがあるのでしょうか。主たる債務者が支払いできなくなった際、その代わりに借金返済の請求が保証した人に来るという点では同じですが、その後に取れる対応方法に違いがあります。

貸金者が借金返済を請求してきた場合

まず、主債務者が借りた資金を返済できなくなった時、貸金者は保証人や連帯保証人となっている人物にその借金返済を請求してきます。

保証人の場合は「まず主債務者に請求するように」と主張することができますが、連帯保証人の場合、この『催告の抗弁』と言われる主張をすることができず、強制的に返済義務が発生してしまいます。

元の債務者が返済できる資金を持っている場合

自身が資金を借り、返済する力があるにも関わらず、中には「払いたくない」という理由で保証人に払わせようとする人もいます。

この場合、保証人であれば、資金を借りた本人が返済能力があることを理由に、強制的に本人の資産を借金返済に充てるよう貸金者に請求することができます。

しかし、連帯保証人となっている場合、連帯責任としてこの主張が認められず、返済能力を持つ主債務者本人ではなく、連帯保証人が返済義務を負わなければいけなくなります。

保証人になっている人の数に応じてそれぞれが負う金額

保証人は、1人に対して1人のみしか保証人になれないということはありません。1人の主債務者に対して、複数人が保証人となるケースもあります。

このようなケースの場合、保証人であれば、主債務者が返済できなくなった時に、返済金額を保証人の人数で割り、割った金額をそれぞれの保証人が支払うことになります。

しかし、連帯保証人の場合は、連帯保証人となっている人が複数人であっても全員が全額を支払わなければいけません。このように連帯保証人は、保証人よりも課せられる責任が重く、よりリスクが高いと言えます。

連帯保証人として返済義務を負えない…弁護士に相談を

弁護士バッジ

保証人と連帯保証人の違いを明確に理解しておらず、連帯保証人となった場合、主債務者が返済義務を丸投げしてきた際、強制的に返済義務を負うことになります。

しかし、連帯保証人として返済義務を負うことができないと悩む人は後を絶ちません。それほど連帯保証人としての重い責務を理解せずに、連帯保証人となってしまう人が多いのです。

もしも連帯保証人として返済義務を負えない場合「どうすることもできずに全ての財産を没収されるしか道はないのか」と途方に暮れてしまう人も少なくありません。しかし、このような事例で困った場合、まずは弁護士に相談しましょう。

最近では、電話や直接訪問以外にも、インターネット上から相談できる窓口も増えています。一人で抱え込まず、まずは専門家に相談し、適切な対応を仰ぎましょう。

保証人になる際は契約内容の意味を十分理解することが大切

保証人と連帯保証人は、主債務者の代わりに返済の請求が来る時点までは同じです。しかし、その際発生する義務の重さや主張の可否が大きく異なるため、保証人となる場合はしっかり明確な違いを理解する必要があります。また、契約内容は「面倒だから」と読み飛ばさず、最後までしっかり確認しましょう。

この記事のタイトルとURLをコピーする
契約書類に押印するところ

カテゴリから記事を探す

すべてみる
カテゴリを見る