食べてはいけない『夜食』5選!NGな理由とは?

パスタをフォークで食べるところ

少し夜更かししてしまった日、夜遅くに「なんだかお腹が空いた」と感じませんか。どうしても空腹を感じてしまった場合、夜食を摂る人も多いと思いますが、食べ物は睡眠やダイエットの妨げとならないものを選舞踊にしましょう。

夜になるとお腹が空いちゃう…夜食選びは慎重に!

深夜に冷蔵庫をのぞく若い女性

夜更かししていると、つい「お腹が空いた」とお菓子やインスタント麺などに手を伸ばしたくなりますよね。しかし、昔から夜遅くに食べ物を口にしない方が良いと言われてきました。実際、夜遅くに食べると太りやすくなる、睡眠の妨げになるという話はよく聞きます。

どうしても夜にお腹が空いてしまった時には、太りにくいものを選んだり、消化の良い食べ物を選んだりしましょう。

「夜に食べると太る」の本当の理由は?

昔から「夜に食べると太る」と言われてきましたが、本当に夜に食べると太りやすいのでしょうか。実は、夜に食べることで太るという科学的な根拠はありません。

しかし、一説によると夜は日中に比べてエネルギーを使わないため、カロリーの消費量が少ないことが肥満につながりやすいと言われています。

夜遅くに日中と同じように食事してしまうと、消費カロリーを摂取カロリーが上回ってしまい、眠っている間にカロリーを吸収し、脂肪として蓄積してしまうというのです。

また、睡眠不足はむくみなどの原因となるため、ダイエットの敵です。夜遅くに食事をすることで胃腸が活発化し、睡眠の妨げになることも太りやすくなる原因の1つではないかと考えられています。

食べてはいけない『夜食』5選!NGな理由も解説

夜にお腹が空いてしまった場合、食べるものは睡眠の妨げにならないよう、あるいは太らないよう気をつけたいですよね。ここでは夜に食べてしまうと悪影響を及ぼすNGな夜食をご紹介します。

1.炭水化物

夜は日中に比べて、活動量が少ないというお話をしました。炭水化物は脂質や糖質を含んでいる上、カロリーも比較的高いです。そのため、夜食として口にしてしまうと、摂取カロリーが消費カロリーを超えてしまい、太る原因となる可能性が高まります。

摂取カロリーが消費カロリーを超えてしまった場合、超過した分のカロリーは脂肪として寝ている間に蓄積されます。寝ている間はカロリーの消費量もとても少ないため、あまり消費されることはなく、そのまま蓄積されてしまうため、ダイエット中の人は特に要注意です。

2.辛い食べ物

夜に辛い食べ物を食べたいという人も多いと思いますが、こちらは睡眠の妨げとなる恐れがあるのでNGです。辛い食べ物を食べることで意識が覚醒され、眠りにくくなります。

また、胸焼けや消化不良を起こしやすい食べ物として知られている辛い食べ物は、眠る前に食べることで、より消化不良を起こしやすくなります。消化に時間がかかるため、横になっても胃腸の不快感で眠りに就きにくく、睡眠の妨げとなってしまうのです。

3.チョコレート菓子

「夜に甘いものを食べたい」と思った時、つい手軽に口にできるチョコレート菓子を食べてしまう人は多いでしょう。しかし、チョコレートは少量でもカフェインを含んでいます。カフェインは覚醒作用が強く出るため、眠る前に食べてしまうと睡眠を妨害してしまいます。

また、糖質を多く含むミルクチョコレートなどは、眠る前に食べることで糖質を上手く消化できず、そのまま脂肪として体に蓄積されてしまいます。ダイエットにも不向きなので、寝る前のチョコレートは控えましょう。もちろん、カフェインが多く含まれるコーヒー飲料もNGです。

4.赤身肉

「お腹が空いたな〜」と思った時、ふと冷蔵庫を開けてみると美味しそうな赤身肉があった…。こんな状況では、焼くだけで美味しいステーキなどの赤身肉を食べたくなってしまうという人も多いはず。

しかし、赤身肉は肉の中でも特に消化しにくい食材と言われています。消化に時間がかかってしまうため、食べた後に眠りに就こうとしても、胃腸の活性化によって眠りにくくなってしまいます。

タンパク質が多く比較的低脂肪、低カロリーな肉なので、ダイエット中の人にとっては良いと思われがちですが、寝る前の赤身肉は睡眠の妨げになるので要注意です。

5.揚げ物

揚げ物は油を多く使用しているため、消化に時間がかかり、睡眠の妨げになる恐れがあります。また、カロリーも高く、脂質量が多い揚げ物は、ダイエット中の方にも不適切です。

活動量が少なく代謝が落ちやすい夜に揚げ物を食べることで、脂質が脂肪として蓄積されやすく、また消化しにくいため、胃腸の活性化により眠りにくいという悪影響を引き起こします。

睡眠にもダイエット面にも悪影響を及ぼすので、揚げ物を夜食として選ぶことは控えてください。

夜に空腹が気になる時は?夜の空腹対処法はコレ!

白い器に入ったスープ

なるべくであれば、良質な睡眠をとるためにも、カロリーを脂肪として蓄積しないためにも夜食を控えるのが最適です。

しかし、どうしてもお腹が空いてしまった場合、空腹状態で眠ってしまうと、胃痛を引き起こしたり、かえって眠れなくなったりする恐れがあります。そんな時は、以下の方法で空腹を凌いではいかがでしょう。

  • 温かい飲み物を飲む(カフェインはNG)
  • 少量の野菜が入ったスープを飲む
  • 豆腐やこんにゃくを使った低カロリーなものを選ぶ

眠りに就きやすいよう、アイスなどの冷たいものは避け、温かい飲み物を飲むようにしましょう。

少量の野菜を入れたスープは、お腹も満たすことができますし、カロリーも高くないのでおすすめです。最近では、お湯をかけるだけのインスタントスープも多いので、夜食に良いスープを探してみてください。

また、こんにゃくは噛み応えもあり、低カロリーなので夜食に最適です。工夫次第でさまざまな楽しみ方ができるので、自分に合った夜食レシピを1つ持っておくことをおすすめします。

夜食は睡眠やダイエットの妨げにならないものを選んで

いかがでしたか。「夜に食べる」ことは、消化活動による睡眠の妨げや、摂取カロリー超過による肥満の原因になる恐れがあります。どうしてもお腹が空いた時は、温かい飲み物などの睡眠やダイエットの妨げにならないものを選びましょう。

この記事のタイトルとURLをコピーする
パスタをフォークで食べるところ

CATEGORY記事カテゴリ

すべてみる