お弁当に入れるべきではない『傷みやすい食材』6選

和食弁当

お弁当を作るとき、傷みやすい食材を使っていると、お昼ごろには傷んでいるかも…!悲しい思いをしないよう、傷みやすい食材を入れないよう心がけましょう。また、傷みにくい食材やお弁当を傷めないための工夫についても紹介しています。これからお弁当を作るときの、参考にしてみてください。

お弁当にはなんでも入れていいわけではない!

弁当を詰める様子

お弁当には、好きなものをたくさん詰め込みたいですよね。しかし、お弁当は作ってすぐに食べるわけではないので、好きなものだけを詰め込んでしまうと食中毒を起こしてしまうかもしれません。

今回は、お弁当に詰める食中毒になる可能性がある食材をご紹介します。食中毒になりにくい食材も紹介しているので、お弁当を作るときの参考にしてみてください。

お弁当に入れるべきではない『傷みやすい食材』6選

悩む主婦

お弁当に入れるべきではない、傷みやすい食材は以下の通りです。

1.混ぜご飯

混ぜご飯は、水分が出てしまうため傷みやすい傾向です。

  • 塩おにぎり
  • ふりかけなどの混ぜ込みごはん
  • 炊き込みご飯
  • オムライス
  • チャーハンなど

おにぎりを作るのであれば、ラップで握り、後付けできるよう味付きのりなどを添えましょう。

2.生野菜

生野菜は、水分が多い傾向。冬場であっても避けたい食材なので、夏場のお弁当に入れるのは避けるべきです。

レタスやキュウリ、もやしなどは避けるべきですが、ミニトマトは夏場でもOK!ヘタを取って、水気を拭いてお弁当に入れましょう。

3.水分の多い果物

果物も、野菜同様水分が多い傾向です。夏場にお弁当に添えるのは避け、涼しくなってから好きな果物を持参しましょう。

4.ポテトサラダ

ポテトサラダは水分が多く、きゅうりや玉ねぎ、コーンなどが入っているので傷みやすい食材です。お弁当の定番ともいえるメニューですが、夏場のお弁当に入れるのは避けましょう。

5.半熟卵

卵を入れるのであれば、固ゆでにするのが鉄則!卵焼きや厚焼き玉子を入れる場合も、しっかりと火を通しておきましょう。黄身が半熟だと、食中毒を招く原因につながります。

6.煮物や汁気の多い炒め物

煮物や炒め煮などの水分が多い炒め物は、お弁当に入れると劣化の原因につながります。液だれや他の具材に味が移るなどのマイナートラブルを招く原因にもつながるので、炒め物や煮物の汁気は十分に切っておきましょう。

お弁当におすすめの食材

お弁当

お弁当で食中毒を起こさないためにも、傷みにくい食材を使いたいものです。おすすめの食材を、チェックしてみましょう。

  • 酢の物
  • 梅干し・梅和え
  • カレー粉焼き
  • 生姜を使った料理…生姜焼き、肉巻きなど
  • 大葉…大場の包み焼きなど
  • わさびなど

お弁当が傷みにくい食材を使用しつつ、お弁当を傷めないための工夫も同時に行いましょう。

  • 手は2回洗って調理を始める
  • 食材を素手で詰めない
  • 食材の水気を取っておく
  • おかずは十分に冷ましておく
  • ごはんには塩気をつけず、詰めごはん+ふりかけに変更
  • 自然解凍可の冷凍食品を活用
  • お弁当箱の水分はしっかり拭き取っておく
  • 使い捨てのお弁当カップを使う

上記の工夫を併用しつつ、お弁当を作りましょう。

まとめ

お弁当は、家族の好きなものと傷みにくいものを、上手に併用しながら作りましょう。お弁当の中身が傷まない方な工夫を凝らし、みんなが幸せな気持ちになれるお弁当を作ってくださいね。

この記事のタイトルとURLをコピーする
和食弁当

カテゴリから記事を探す

すべてみる
カテゴリを見る