職場の人間関係が悪い…パターン別の解消法やNG行為は?

職場での人間関係

職場内の環境が悪いと、仕事にも支障が出やすくなります。職場内に居づらく、息が詰まる思いで仕事をしていると、メンタル面にも悪い影響を及ぼしてしまうかもしれません。体調を崩してしまうと、すぐに社会復帰できない可能性もあるので、職場内の環境は良好に保ちたいものです。職場の雰囲気が悪い原因と、解消方法を実践してみましょう。

職場内の人間関係が悪くなる原因

パワハラ上司

職場内の環境が悪いと、仕事がやりづらいだけでなく、その場にいるのも息が詰まりますよね。まずは、職場内の雰囲気が悪くなる原因がなにかを把握しましょう。

  • 仕事のノルマが多すぎる
  • パワハラの横行
  • 社員同士のコミュニケーションが不足している
  • 社員に対する個人評価が正当ではない
  • 失敗や質問を許さない雰囲気があるなど

会社によって、雰囲気が悪い原因はさまざまです。ひとつずつ改善できるよう、会社全体で取り組む必要があります。

職場内の人間関係が悪いときのパターン別の解消法

話し合う男女

職場内の人間関係が悪いときの、パターン別の改善方法をまとめました。

上司との関係が悪いとき

上司との関係が悪い場合は、以下の改善方法を試してみてください。

  • 明るいあいさつをする
  • 感謝の気持ちを伝える
  • 意見を素直に聞き入れる
  • 報連相を綿密に行う

上司との関係を改善するにあたり、上司の人間性が大きく関わってきます。理不尽な態度ばかり取るような上司であれば、仕事だと割り切って接するのがおすすめです。

同僚との関係が悪いとき

同僚との関係を改善したい場合は、以下のことを試してみてください。

  • ネガティブなことばかり言わず、ポジティブな姿勢を貫く
  • 笑顔で接する
  • 感謝の言葉を伝える
  • 意見交換をしっかりと行う

同僚は、一緒に戦う同志です。できるだけ敵に回さず、苦楽を共にできる関係を築きましょう。

後輩との関係が悪いとき

後輩との関係を改善したい場合は、以下のことを実践してみましょう。

  • 高圧的な態度を取っていないか、振り返る
  • 言葉を選び、指導する
  • ひいきせず、全員に同じ態度で接する
  • 同じ質問にも、快く答える
  • ミスをしたときに相談しやすいような雰囲気づくりをする

後輩にとって、先輩は大きな存在です。高圧的な態度ばかり取っていると、後輩との心の距離は開くばかり。態度を改め、後輩が話しかけやすい雰囲気作りから始めてみてください。

職場内が不穏な雰囲気のときにすべきではないNG行為

バツ印を出すビジネスウーマン

職場内の雰囲気が悪いときにすべきではない行為は、以下の通りです。

  • 仕事ができない人を責め立てる
  • 新人をいじめ、ストレスを発散する
  • 仕事の失敗を、全員に聞こえるように非難する
  • ありもしないうわさを流して雰囲気をさらに悪くする
  • 気に入らない人を精神的に追い詰め、自主退職に追い込む
  • ミスの押し付け合いをして、時間を浪費する

仕事を円滑に行うためには、職場内の雰囲気とコミュニケーションが必須です。古株や上司が部下をいじめ、押さえつけてつぶしてしまうような会社は、いつまで経っても雰囲気が改善されません。

また、自分に火の粉が飛んでこないようにと、ありもしないうわさを流したり、同僚や部下を陥れるようなことをするのもNG。

まとめ

職場の雰囲気が悪いのには、なんらかの原因があるものです。その原因を突き止め、改善できるような職場環境に少しずつ変化するよう働きかけてみましょう。

この記事のタイトルとURLをコピーする
職場での人間関係

CATEGORY記事カテゴリ

すべてみる