喫茶店でしてはいけない『絶対NG行為』4選

カフェの風景

喫茶店は、落ち着いたテイストの雰囲気が特徴的なお店です。こだわりのコーヒーや軽食などをオーダーして、読書やデスクワークなどに励む人もいます。落ち着いた場所だからこそ、喫茶店ですべきではないNG行為は把握しておきたいところ。周囲の人に迷惑をかけないよう、基本的なマナーについての知識も身に着けておきましょう。

おしゃれで落ち着いた雰囲気が楽しめる喫茶店

喫茶店

喫茶店は、独特の落ち着いた雰囲気と軽食などが楽しめる場所です。待ち合わせや読書など、ゆったりとした非日常的な空間を満喫できる場所だからこそ、NGな行動を取ってしまうと一瞬で周囲の人から冷たい視線を向けられてしまいますよ。

NGな行為を事前に把握し、スマートに喫茶店を楽しむためのマナーも身に着けておきましょう。

喫茶店でしてはいけない『絶対NG行為』4選

困っている店員

喫茶店で行うべきではない、NGな行為をまとめました。

1.大声で騒ぐ

喫茶店の落ち着いた雰囲気を一瞬で崩してしまうような、大声でのおしゃべりは絶対NG。喫茶店で作業している人の集中力をそぎ、空気が一気に乱れてしまいます。

自分だけ、自分たちだけは特別と思い込んだような騒ぎ方をするのは、非常に子どもっぽく幼稚な印象を持たれてしまいますよ。

2.混雑時に長居し続ける

店内にお客さんがたくさんなだれ込んできて、お店が混雑しており、待機客まで出ているときは、席を譲り退却するのがマナーです。すでに数時間長居しているにもかかわらず、お店の混雑状況に目を向けずに自分のことを優先し続けるのはNG。

自分のすべき作業に集中することは悪いことではありませんが、周囲の雰囲気を察知して行動すべきです。

3.電話をする

喫茶店の雰囲気を壊す行為として、電話も挙げられます。話し声は小さな声ですべきですが、継続して長時間コソコソと話し続けるのはマナー違反。電話がかかってきたときは、お店の外や中待合いに出て手短に済ませましょう。

席を離れたくない場合は、今電話ができないと一言断り、すぐに通話を終了するのが無難です。

4.無許可で携帯の充電をする

喫茶店のテーブルにはコンセントがついていることがあり、携帯やスマホの充電可能なお店もあります。しかし、コンセントがあるからといって、無断で充電を開始するのはNG。充電は電気代が発生するため、無断で行うべきではありません。

マスターや店員さんに許可を得て、充電させてもらいましょう。

喫茶店で過ごすときのマナー

おしゃれなコーヒー

喫茶店で過ごすときの基本的なマナーは、決して難しいものではありません。

  • 雑談は小声で
  • 混雑時は、適度なところで切り上げる
  • マスターが忙しそうなときは、話しかけない
  • 携帯やスマホ、PCの充電はマスターに行ってもよいか聞く
  • 1時間を目安にコーヒーのお代わりを頼む

喫茶店はファミレスなどと違い、非常に混雑しているときを除いて長居してはいけないルールはありません。長居するのであれば、頃合いを見てコーヒーなどのお代わりをオーダーしましょう。

お代わりのオーダーは義務ではありませんが、なにも頼まず数時間長居するのは、よい印象を持ってもらえる行為とはいえません。

まとめ

喫茶店の過ごし方は、基本的なルールを守れば長居しても問題ありません。心地よい空間を満喫しながら、リラックスして喫茶店の雰囲気を堪能しましょう。

この記事のタイトルとURLをコピーする
カフェの風景

カテゴリから記事を探す

すべてみる
カテゴリを見る