くしゃみを瞬時に止める『超簡単な裏ワザ』 気を付けるべきポイントは?

ティッシュで鼻をかむ様子

今出たら困る!というタイミングでくしゃみがすぐそこまで迫ってくると、とても困りますよね。そんなときに試したい、くしゃみを瞬時に止める裏技をご紹介します。どれも簡単に試すことができるものばかりなので、いくつか知っておくと便利ですよ!くしゃみが出る原因と仕組みも解説しているので、必見です。

今はダメ!くしゃみを止めることは可能?

くしゃみをする女性

会議や電話口、冠婚葬祭など「今出ちゃダメ!」というタイミングのくしゃみは、なんとか止めたいものです。ただ我慢するだけでは、くしゃみを抑え込むのは難しいかもしれません。

くしゃみを抑える裏技はいくつかあるので、ぜひ複数知っておきましょう。裏技はどれも簡単なものなので、どんな場所でも実践可能です。

くしゃみを瞬時に止める『超簡単な裏ワザ』

鼻を押さえる女性

くしゃみを瞬時に止めるための、簡単な裏技をまとめました。

1.息を止めて、額を数回たたく

額には、くしゃみを起こすための三叉神経が通っているため、くしゃみが出そうになったときは額に刺激を与えるとくしゃみが出にくくなります。

息を吸ってしまうとそのままくしゃみが飛び出すため、まずは息を止めてください。少し強めに額に刺激を与えると、くしゃみの信号よりも痛みの信号が上回るため、くしゃみが止まりやすくなるのです。

2.鼻の下を指で抑える

鼻の下に走る三叉神経を刺激し、くしゃみを止める方法です。鼻の下を指で押さえて刺激する方法ですが、くしゃみよりも強い刺激を与えなければならないため、少し成功率は低め。

「かとちゃんぺ」のような形で鼻の下に指を添えて刺激を与えますが、かなり強めに抑えるよう意識してみましょう。

3.鼻を強めにつまむ

鼻を強めに摘まんで息を止めることで、三叉神経を刺激できます。しかし、鼻の下の三叉神経を直接刺激しているわけではないので、くしゃみを完全に止めるのは難しいかもしれません。鼻血が出たあとや、鼻の粘膜が弱い人には、少し刺激が強いくしゃみの止め方かも。

4.息を止めて、上唇を摘まむ

鼻の下にある、三叉神経を刺激する方法のひとつです。息を止め、唇の上を強めに摘まむとくしゃみが止まりやすくなりますよ。唇の上は赤くなりやすい場所なので、人目に付かない場所で実践するのがおすすめです。

くしゃみが出る原因を知ろう

考える女性

くしゃみが出る原因は、以下のようなものが考えられます。

  • 鼻に異物が入ったため
  • 風邪などのウイルスに感染しているため
  • 花粉などのアレルギーが原因

くしゃみは、鼻に入ったものを体外に出すための行動です。額、鼻の下、あごの3か所に走っている三叉神経が脳に信号を送り、くしゃみが出る仕組みになっているます。くしゃみが出そうになったときに三叉神経を再度刺激することで、くしゃみを止めやすくなりますよ。

しかし、くしゃみの原因がわかっていないとなると、いつくしゃみが出るかわからないので解決にはつながりません。原因を追究し、原因の根元を撃退するよう心がけましょう。

まとめ

くしゃみを瞬時に止める裏技は、いくつかあります。今出てほしくないくしゃみが出そうなときは、ぜひ試してみてください。

この記事のタイトルとURLをコピーする
ティッシュで鼻をかむ様子

カテゴリから記事を探す

すべてみる
カテゴリを見る