『苦手な美容師』ランキングワースト3!話しかけられるのが億劫になるタイプも

美容院で過ごす時間は、日常的に過ごす時間とは少し異なりますよね。イメチェンや初めてのカラーなどを考えているとなると、ドキドキしやすいものです。期待を込めて美容院に行ったけれど、美容師さんと気が合わないということも実際にあります。どんな美容師さんがお客さんから嫌煙されやすいのか、ワーストランキングでご紹介します。

美容院で過ごす時間は特別な時間

ヘアカット

美容院で過ごす時間は、少しリッチで日常から離れられる特別な時間ですよね。髪型や髪色は、人の印象を左右する重要な部分なので、腕のいい美容師さんにお任せしたいものです。

リラックスしつつプロの施術が受けられる美容院ですが、なかには少し問題のある美容師さんも…。どんな美容師さんがお客さんから嫌煙されやすいのか、ワーストランキングをご紹介します。

『苦手な美容師』ランキングワースト3!

バツ印を出す女性

苦手だという印象を持たれやすい美容師さんの特徴を、ワーストランキング形式でまとめました。

3.頼んだ仕上がりと異なる

頼んだ仕上がりと異なる髪型になると、言葉でどう表現していいのかわからないほど複雑な気持ちになるものです。

  • 思っていた色に染まっていない…明るさや暗さが異なる
  • 頼んだ長さよりも短く仕上がっている
  • 頼んだことをしてくれていない…髪をすいてほしいなど

髪を切りすぎている、もしくは想像していた色と異なる仕上がりになっているとなると、がっかりするほかありません。

2.言葉使いが悪く、プライベートなことを聞いてくる

美容師さんの言葉使いやトークの内容によっては、お客さんが不快感を抱く可能性があります。

  • 「マジ」「パネェ」「~っすよね」など、言葉が乱れっぱなし
  • 若者言葉の乱れ打ちに合う
  • 家族構成などのプライベートなことばかり聞いてくるなど

会話をするのであれば、正しい日本語で気持ちのよい世間話がしたいものです。

1.ずっと話しかけてくるor話しかけても反応が薄い

お客さんによっては、初対面の美容師さんと会話をすることそのものが高いハードルとなっていることがあります。遠慮がちに話しているお客さんに対して、いつまでもずっと話しかけてくる美容師さんは圧を感じてしまいやすい存在。

逆に、全く話さない美容師さんであれば、お客さんが気を使って話しかけることもあります。そのときに美容師さんの反応が薄いと、話すのが億劫に感じてしまうかもしれません。

苦手な美容師さんへの対応策

考える女性

美容師さんの人柄は、少し話すとなんとなく伝わってきますよね。「この人苦手だな」もしくは、「この人大丈夫かな」と感じたときには、以下のような対処方法を試してみてください。

  • 雑誌などを使って、自分が理想としている髪型を具体的に伝える
  • 前髪など第一印象に大きく関わるパーツは、カットする長さをcm単位で美容師に伝える
  • 下品な話やプライベートに突っ込んだ話をしてくるときは、適当に相槌を打って雑誌に集中する
  • カラーなどは、具体的な色を伝える

髪はカットやカラーをすると、数ヶ月はそのままの状態が続きます。自分の想像とかけ離れた仕上がりにならないよう、怪しいなと感じたら美容師さんの様子を注視しておきましょう。

まとめ

自分が人間であるように、美容師さんも人間です。初対面であれば、合う合わないは探り探りということもあるでしょう。合わないと思ったら、やんわりとシャットダウンして、仕上がりに不備はないかを注視してひとつの経験としてとらえましょう。

この記事のタイトルとURLをコピーする

CATEGORY記事カテゴリ

すべてみる