『落ち込みやすい人』がしている5つのNG行為

ちょっとしたミスや手違いで、かなり落ち込んでしまう…。落ち込みやすい体質の場合、立ち直るまで時間がかかり、その間つらい時間が続くため、心身に大きな負担をかけてしまいます。まずは、落ち込みやすい人がやりがちなNG行為をチェック!自分にあてはまっていないかを、確認してみましょう。考え方を変えるためのコツも紹介しています。

ちょっとしたことで落ち込んでしまう

顔を覆う女性

ちょっとしたミスで、ひどく落ち込んでしまい、そのまま1日悩んでしまう…。自分でも落ち込みやすさをどうにかしたいと思っていても、心や思考をコントロールするのは難しいものです。

まずは、落ち込みやすい人がやってしまいがちなNG行為を把握して、自分の思考の仕方などと照らし合わせてみましょう。落ち込みやすさを解消するための方法も紹介しているので、生活の中で取り入れてみてください。

『落ち込みやすい人』がしている5つのNG行為

落ち込む女性

落ち込みやすい人がついやってしまいがちなNG行為は、以下の通りです。

1.周囲と自分を頻繁に比べる

自分がなにかにつまづいたとき、周囲を見るとみんなそつなくいろんなことをこなしているように見えることは、どんな人でも経験したことがあることです。

しかし、落ち込みやすい人は、自分が失敗したら「みんなできてるのに」「自分だけできない」「私なんて」と、周囲と自分を比べてさらに落ち込んでしまいやすい傾向があります。

2.白黒つけてしまう

0か100、白か黒といったように、なにか問題が発生したとき、物事を両極端に考えやすいのも、落ち込みやすい人がやりがちなことです。両極端の答えしか導き出していない状態だと、自ら強いストレスを生み出して心に大きな負荷をかけてしまいます。

3.理想が高い

高い理想を持つことは、決して悪いことではありません。しかし、どう頑張っても手が届かないような、高すぎる理想を掲げてしまうのはNG。手が届かない理想を掲げてしまうと、焦りや不安を生み出す原因につながります。

4.周囲の目を気にしすぎる

自分の言ったことで周囲の人が不快になっていないか、自分が今ここにいることが不自然ではないかなど、周囲を気にしすぎると心が休まらず疲弊してしまいます。疲れている心で問題に直面したら、問題を解決する体力が残っていないため、マイナス思考になりやすい傾向です。

5.ネガティブでマイナス思考が先行しがち

基本的にネガティブな人は、なにも起きていない状態であっても、周囲で起きたことに対してマイナス思考が先行してしまいがち。自分になにかトラブルが起きた場合、マイナス思考が先行してしまうため、落ち込みやすく、よい解決案を導き出しにくくなってしまいます。

気持ちをアップさせるコツ

窓から外を見る女性

落ち込みやすい体質を改善したいときに試したい、簡単な方法をまとめました。

  • 失敗の原因を客観的に捉え、改善策を考える
  • できたことに目を向ける
  • 自分だけでは無理だと感じたら、できるだけ早く周囲を頼る
  • 人との交流の機会を増やし、いろいろな考え方や価値観に触れる
  • 自分の気持ちを周囲に伝える…嫌なことは嫌とはっきり言うなど
  • いろいろなことが起きることを想定しながら生活する

自分の思考回路や感情を、一気に変えることは難しいものです。まずは、「ここを直したい!」と思っている部分の改善に取り組んでみてください。

時間をかけて少しずつ考え方などの改善に取り組めば、今まで気が付かなかったことが見えてきますよ。

まとめ

落ち込みやすさは、個人差があります。人よりも落ち込みやすいと感じている場合は、自分を追い詰めないためにも考え方をシフトチェンジ!心の重荷を背負い込まないよう、工夫してみてくださいね。

この記事のタイトルとURLをコピーする

CATEGORY記事カテゴリ

すべてみる