ほうれい線ができやすい人の特徴5選!やってはいけないNG習慣も?

ほうれい線のある女性

ほうれい線は、年齢を重ねていくと徐々に気になり始める人が多いものです。まずは、ほうれい線ができやすい人が行っている特徴を把握し、自分の普段の様子にあてはまっていないかをチェックしてみましょう。自宅で試せるほうれい線対策も紹介しているので、無理なく試せるものを見つけて気長に取り組み、ほうれい線を撃退しましょう!

ほうれい線は加齢とともに気になってくるもの

ほうれい線を気にする女性

年齢を重ねると、若い頃には気にならなかったことが徐々に気になり始めてきます。女性の場合、お肌の変化が気になってくるという人は少なくありません。

その中でも、ほうれい線は目立つ難敵!撃退するにあたり、ほうれい線ができる原因を把握することは重要なキーポイントになるのでぜひチェックしてみてください。自宅で試せる、ほうれい線の撃退方法も紹介しています。

ほうれい線ができやすい人の特徴5選!

肩こりがひどい様子

ほうれい線ができやすい人の特徴を知り、原因を分析してみましょう。

1.下を向くことが多い

毎日うつむいてスマホを操作していませんか?うつむいている状態は、顔のたるみを進行させてしまうため、ほうれい線ができやすくなってしまいます。すでにほうれい線ができている人は、ほうれい線が濃く、深くなってしまうかも!

スマホの操作はもちろん、食事や家事をするときもうつむいているという人は要注意です。

2.同じ方向を向いて寝ている

いつも同じ方向を向いて寝ていると、うつむいているときと同じように皮膚がたるんでしまいやすくなります。寝るときは、仰向けやいつも違う向きを意識して寝るよう心がけましょう。

眠っているときは、自分の意思とは関係なく寝返りを打ちます。寝るときの姿勢だけは気を付けて、ほうれい線対策を練ってみてくださいね。

3.いつも同じ方の歯で咀嚼している

右だけ、左だけで食べ物を咀嚼していると、いつも使う方の表情筋だけ刺激されますよね。使われていない方の表情筋は徐々に衰え、片方だけほうれい線ができてしまうかもしれません。

左右アンバランスなのは、顔なので気になりますよね。できるだけ左右均等にものを噛み、アンバランスな状態を作り出さないよう注意しましょう。

4.肌の乾燥や紫外線に対する対策を行っていない

お肌の乾燥対策は、年中行ってこそ結果が徐々に出てくるものです。毎日続けているけれど、あまり効果がないかもと思い込み、乾燥対策を行ってしまうのはNG。

また、紫外線対策を行わないまま外出するのも、ほうれい線を深めてしまう原因のひとつです。肌を労わり、強い刺激から避けるよう入念にケアしましょう。

5.肩こりがひどい

肩や首の筋肉は、顔につながっており、顔を支えるための重要なキーを握っています。肩こりがひどいということは、血液の循環が上手くいかない状態なので、顔がむくんだりたるんでしまう原因につながります。

その結果、ほうれい線ができやすくなってしまうため、肩こりが悩みの人はほうれい線にも注意すべきです。

ほうれい線を撃退する方法

鏡を見る女性

ほうれい線を目立たなくするためにケア方法は、以下のようなものが挙げられます。

  • 表情筋を鍛える…口を大きく動かし、「あいうえお」と発声トレーニングを行う
  • 左右のバランスを考えながら、食べ物を噛む
  • ガムや固いものを食べて、表情筋を刺激する
  • スキンケアに力を入れる…紫外線対策や保湿に注力
  • 規則正しく、栄養バランスの取れた食生活を目指す
  • 小鼻から頬骨に沿ってマッサージを行う

ほうれい線対策は、スキンケアやマッサージだけでなく、表情筋を鍛える点にも注目!いつも同じような表情をしているのではなく、表情豊かに日々過ごすよう心がけましょう。

まとめ

ほうれい線は、加齢とともにどうしてみ目立ちやすくなってくるものです。自宅で試せる対策を実行し、ほうれい線を撃退しましょう!

この記事のタイトルとURLをコピーする
ほうれい線のある女性

CATEGORY記事カテゴリ

すべてみる