反抗期の子どもにしてはいけない『絶対NG行為』5選

耳を塞ぐ女の子

反抗期は、どんな子どもにもあるものです。まずは、どれくらいの年齢で反抗期がやってくるのかをチェック!自分が子どもの頃の記憶をたどり、反抗期の頃の気持ちを思い返してみましょう。反抗期の子どもに対して大人がやってはいけない接し方も紹介しています。子どもの反抗期は、体力と気力、適度な距離感を保って乗り切りましょう。

子どもの反抗期が来る時期

反抗期の高校生

子どもの反抗期は、親にとっても大きなステップです。子どもの成長を喜ばしく思う反面、大人の話に耳を貸さない態度を続けられると、ついカッとなってしまいがち。まずは、子どもに2回来る反抗期の時期を把握しましょう。

  • 第一次反抗期…1歳半~3、4歳ごろ
  • 第二次反抗期…小学校高学年~中学生

第一次反抗期はイヤイヤ期、第二次反抗期は思春期にやってきます。

反抗期の子どもにしてはいけない『絶対NG行為』5選

バツ印を出す女性

反抗期に親がすべきではない行動は、以下の通りです。

1.正論で子どもの意見をねじ伏せる

子どもの言うことは、願望などが織り交ぜられているため、叶わないだろうということであっても一生懸命親に投げかけてきます。それに対して、大人は正論を突き付けてしまうのはNG。

子どもは、親は自分の言葉に耳を貸してくれないと思ってしまい、なにも話してくれなくなってしまうかもしれません。

2.上から目線で子どもと接する

子どもは人生経験がまだ浅いため、大人が聞いたら少し違和感を覚えることをいったりやったりしてしまいます。それに対して、「そんなことも知らないの?」「やっぱりね」など、上から目線と捉えられてしまう言葉をかけてしまうのはNG。

子どものプライドが傷つき、さらに反抗するようになってしまいます。

3.子どもを無視する

反抗期であっても、子どもにとって親はかけがえのない存在です。大切だと思っている親から無視されてしまうのは、子どもにとって大変大きなショックを受ける行為。普段どれだけ反抗していたとしても、子どもの相談などにはしっかりと耳を傾けるべきです。

4.いつまでも子ども扱いする

思春期の子どもは、精神的に大きく成長する時期なので、大人が思っている以上に深く物事を考えています。昔のような無邪気な考え方をしていないにもかかわらず、親が子どもをいつまでも子ども扱いするのはよくありません。子どもの心身の成長に合わせた応答を心がけましょう。

5.周囲の子どもと比較する

子どもの反抗の度合いには、かなり個人差があります。知り合いの子どもには反抗期があまりなく、自分の子どもには滅茶苦茶な反抗期が長く続いているとなると、どうしても比べてしまいたくなるものです。

しかし、反抗期の子どもをほかの人と比較してしまうのはNG!子どもは他者と比べられることを嫌います。子どもの個性を尊重し、度が過ぎない反抗にならないよう線引きをしておきましょう。

反抗期の上手な乗り切り方

母親を見る女の子

子どもの反抗期に悩んでしまうと、心身ともに大きな負担となってしまいます。親が参ってしまわないよう、以下のようなことを実施してみてください。

  • 子どもを子ども扱いせず、意見を聞く
  • 子どもの意見に対して、一定の理解を示す
  • 子どもがイライラしているときは、無理に刺激せず見守る
  • 子どもを見下さない
  • 他人と比べず、子どもができていることを発見してごく自然に褒める

子どもの反抗期は、親からの自立の第一歩です。とはいってもまだ子どもなので、とっさに自分の気持ちを適切に表現する言葉が出てこず、苛立ちを募らせて親に反抗的な態度を取ることもしばしば。

子どもを過剰に刺激せず、まずは見守りましょう。失敗も経験につながります。人生を左右してしまうような失敗だけは避けるよう、上手く誘導していろいろなことを経験させてあげましょう。

まとめ

子どもの反抗期は、いつか終わりが来ます。反抗期の子どもとのかかわり方によっては、その後の関係が良好に保てないこともあるので、繊細かつ干渉しすぎないよう距離を保って接してあげてくださいね。

この記事のタイトルとURLをコピーする
耳を塞ぐ女の子

CATEGORY記事カテゴリ

すべてみる