間違っている『ゆず湯』の入り方3選!NGな理由と正しい方法を解説

間違っているゆず湯の入り方とは

冬至といえば、ゆず湯を思い浮かべる人は多いのではないでしょうか。ゆずはスーパーでも購入できるので、家庭でも試しやすいのが嬉しいポイント!しかし、間違った方法でゆず湯を入れてしまうと、ちょっとしたトラブルに見舞われてしまうかもしれません。トラブルを回避するためにも、NGなゆず湯の入り方を把握しておきましょう。

冬至といえばゆず湯!

柚子湯

冬至といえば、ゆず湯を思い浮かべる人は多いのではないでしょうか。ゆず湯が持つ効果は、以下の通りです。

  • リラックス効果
  • 肩こり
  • 腰痛
  • むくみ
  • 冷え性
  • 体臭の消臭

ゆず湯最大の魅力は、ゆずの芳醇な香りです。見た目もよいので、見ているだけでワクワクします。

しかし、ゆず湯の入り方を間違えてしまうと、ちょっとしたハプニングを招いてしまうかもしれません。正しい入り方と併せて、チェックしてみましょう。

間違っている『ゆず湯』の入り方3選!

考える女性

ゆず湯に入るときに気を付けたい、NGな行動をまとめました。

1.一度に大量のゆずをお風呂に浮かべる

ゆずを湯船に浮かべると、とってもかわいらしいですよね。香りも出やすく、SNS映えも狙いやすいかもしれません。しかし、湯船に大量のゆずを浮かべてしまうのはNG。肌への負担が大きくなってしまいます。ゆずは200ℓのお湯に対して、以下の量を目安にしてください。

  • 丸ごと…2~3個
  • 輪切り…半分
  • しぼり汁1/4個
  • 皮のみ…ゆず1個分

適量のゆずを湯船に浮かべて、肌への刺激を抑えましょう。

2.お風呂のゆずを揉んだり体にこすりつける

ゆずには、リモネンという成分が含まれています。ゆずを揉んだり、体にこすりつけてしまうと、その成分がたくさん出るため、敏感肌の人は痒みやピリピリとした刺激を感じやすくなります。敏感肌でなくても、肌への刺激が大きい行為は行うべきではありません。

3.湯船のゆずを剥いてバラバラにする

もともと湯船に浮いているゆずを、湯船の中でバラバラにしてしまうのはNG。実がばらけてしまうと、回収する手間がかかってしまいます。細かな実や皮の回収が面倒だと、翌年からゆず湯をすること自体が面倒だと感じてしまうかも。

せっかくの習慣を無くしてしまわないためにも、ゆずを湯船でバラバラにするのは避けてくださいね。

正しいゆず湯の入り方

柚子とハートの石鹸

ゆず湯を存分に楽しむためにも、正しい入り方をマスターしましょう!

  • 38~40℃のお湯を沸かす
  • 湯船に柚子を浮かべる…丸ごと・輪切り・しぼり汁・皮など
  • 15分程度湯船に入って温まる…長時間湯船に入っていると、肌の保湿成分が流れてしまうため
  • 優しく体を洗う…ゆずのピーリング効果を得ているため、肌への刺激を減らす
  • 湯船に5分ほど入る
  • シャワーを浴びる…ゆずの成分を洗い流す

ゆずの成分は刺激が強めなので、最後は必ずシャワーを浴びてください。肌が弱い人は、丸ごとゆずを湯船に浮かべて楽しむのがおすすめです。

まとめ

ゆず湯は、冬至に楽しむ一種のイベントといえます。正しい入り方を把握して、1年に一度のゆず湯を存分に楽しみましょう。

この記事のタイトルとURLをコピーする
間違っているゆず湯の入り方とは

CATEGORY記事カテゴリ

すべてみる