大根を腐らせてしまう『絶対NG行為』5選

3本の大根

大根の保存方法は、決して難しくありません。しかし、正しい保存方法を知らずになんとなく冷蔵庫に入れっぱなしにしてしまうと、想像よりも早く劣化してしまうかもしれません。大根の劣化を早めてしまうNG行為をチェックして、大根の保存方法を見直しましょう。正しい保存方法や賞味期限の目安を把握して、傷む前に使い切ってくださいね。

大根の賞味期限の目安

ザルの上の大根

大根は、状態によって保存期間が異なります。また、保存する場所によっても、目安の賞味期限がことなります。どんな状態でどこで保存するのかをチェックして、目安となる賞味期限を把握しましょう。

  • 冷蔵…カットしたものは2~3日・半分のものは1週間ほど・丸ごと1本は2~3週間
  • 冷凍…生のままだと1か月・すりおろすと2週間ほど
  • 常温(夏以外)…冷暗所で丸ごと1本の場合は3週間~1か月

目安の賞味期限を守って、使い切りましょう。

大根を腐らせてしまう『絶対NG行為』5選

バツ印を出す女性

大根を腐らせてしまう行為は、以下の通りです。

1.寝かせて保存する

大根は、本来立っている状態で土に埋まっています。冷蔵庫で保存するときも、立てて保存するのがベスト!ペットボトルや牛乳パックを使って、立てて保存しましょう。大根を寝かせて冷蔵庫に入れると、床と接している部分が劣化しやすくなります。

2.高温多湿の場所に置く

大根は、冬に旬を迎える野菜です。スーパーでは年中購入できますが、高温多湿の環境に対する耐久性は高くありません。水分が多い野菜なので、高温多湿の場所に置いておくと劣化を早めてしまいます。

3.濡れたまま保存する

大根だけでなく、野菜全般にあてはまることですが、濡れたままの状態で冷蔵庫や野菜室に入れるのはNG!濡れている場所から、カビが発生しやすくなります。

野菜は、一度カビが生えると、野菜全体にカビの菌が回ってしまうので食べるのは危険です。

4.葉をつけたまま保存する

大根の葉をつけたまま保存してしまうと、葉が根の部分からどんどん栄養を吸い上げてしまいます。本来メインで食べるべき根の部分の味が落ちてしまうため、葉付きの大根を購入したら葉を切り離して保存しましょう。

5.そのまま冷蔵庫に入れる

大根を購入して、そのままの状態で冷蔵庫に入れてしまうのはNG。冷蔵庫や野菜室は乾燥しているため、大根から水分が抜けてしまいやすくなります。表面にシワができたり、根がカリカリになってしまうと、食べたら食中毒を起こす可能性があります。

大根の正しい保存方法

切った大根

正しい大根の保存方法は、以下の通りです。

  • 1本丸ごと…水分を拭き取って新聞紙でくるみ、ビニール袋に入れて立てて冷蔵保存
  • カット後の大根…切り口をキッチンペーパーでくるんで、立てて冷蔵庫で保存

大根は、正しい保存方法を守れば、切っていたとしても長く保存できる野菜です。難しい手順は含んでいないので、自宅にあるものを使って上手に保存しましょう。

土から収穫した大根であれば、再度土に埋めると長く保存できますよ。スーパーなどで売られているものは、収穫して水洗いしており、時間が経過しているので土に埋めるのはNGです。

まとめ

大根の正しい保存方法は、決して難しいものではありません。NGな保存方法を把握して、購入した大根の劣化を早めないよう注意してくださいね。

この記事のタイトルとURLをコピーする
3本の大根

CATEGORY記事カテゴリ

すべてみる