炊き立てご飯に納豆はダメ!?意外と知らない『NG行為』2選

炊き立てのご飯は、なににも代えられないごちそうです。新米の時期はもちろん、おいしく炊けたご飯を口いっぱい頬張るだけで、疲れや嫌なことが吹き飛びますよね。炊き立てのご飯を食べるときは、いくつかの注意点を把握しておきましょう。ご飯をより一層おいしく炊き上げるための炊き方も必見!

炊き立てのご飯、おいしいですよね!

ホカホカご飯

出来立てほかほかの炊き立てご飯は、それだけでごちそうです。炊き立てでしか味わえない風味や香り、モッチリした触感などは、ほかの食材では味わえませんよね。炊き込みご飯も、炊き立ては格別のおいしさを堪能できます。

しかし、炊き立てのご飯は、食べ方に少し注意すべきポイントがあります。注意点を守り、炊き立てのご飯をおいしく食べましょう!

炊き立てご飯にすべきではないNG行為2選

納豆ご飯

炊き立てのご飯を食べるときに、すべきではないNG行為をご紹介します。

1.納豆と一緒に食べる

納豆は、炊き立てのご飯の上に乗せてしまうと、納豆に含まれるナットウキナーゼの働きが悪くなってしまいます。ナットウキナーゼは、アルツハイマー予防の効果を持つものなので、働きを弱めずに摂取したいところ。

しかし、50℃を超える温度のものと一緒に摂取すると、働きが悪くなり効果を十分に引き出せなくなってしまいます。炊き立てのご飯は、約65℃あるので、一緒に食べてしまうのはNG。ご飯と納豆を一緒に食べる場合は、ある程度ご飯が冷めてからにしましょう。

2.一気にドカ食いする

炊き立てのご飯は、一気にかき込んで食べたいときもありますよね。しかし、炊き立てご飯をドカ食いしてしまうのはNG!

ご飯は熱々の状態のときに食べると、血糖値が上がりやすく脂肪として蓄積されやすい傾向。血糖値が気になる人や、ダイエット中の人は、ある程度ご飯の温度が冷めてから食べるのがおすすめです。

少し冷めてから食べる場合は、温かい汁ものを一緒に食べて、体を冷やさないようにしましょう。

おいしいご飯の炊き方

ご飯をかき混ぜる様子

おいしい炊き立てご飯を食べるためには、ご飯をおいしく炊く方法を知ることからスタートしましょう。

  • お米をカップのすりきりぴったりに測る
  • お米を研ぎ、無駄な汚れや虫、ぬかを取る
  • 洗ったあとのお米は、30分~1時間水に浸してから炊く
  • 炊き上がったご飯は、10~15分ほど蒸らす
  • おかまの底からかき混ぜ、お米を空気に触れさせて余分な水分を飛ばす

上記の方法でご飯を炊くと、ふっくらもちもちのおいしいご飯が炊き上がりやすくなります。水に浸す工程は、時間がないとついカットしがち。休日や時間があるときに試してみて、いつもよりもおいしい炊き立てご飯を堪能しましょう。

まとめ

炊き立てのご飯は、一緒に食べるものや食べるタイミングなどに注意しましょう。自宅の炊飯器でおいしいご飯を炊いて、炊き立てご飯を満喫しましょう。

この記事のタイトルとURLをコピーする

カテゴリから記事を探す

すべてみる
カテゴリを見る