『会話が苦手な人』の性格や特徴5選!上手に話をするコツや秘訣は?

周囲の人との会話に苦手意識を持っていると、人との距離が縮みにくくなってしまいます。会話に対して苦手意識を持っている人の特徴を知り、それにあてはまっていないかをチェックしてみましょう。人との会話を断つことは、生活していく上では非常に難しいものです。周囲の人とよい関係を築くためにも、スムーズに会話するコツをつかみましょう。

人と話すのが、どうしても苦手

恥ずかしがる女性

雑談や会議での意見交換など、生活していく上で他人と話す機会は多くあります。話すことが苦手であっても、他人との会話交流をゼロにすることは難しいものです。でも、話すことがどうしても苦手となると、他人とどう接するべきか悩みますよね。

まずは、会話に苦手意識を持ちやすい人の性格や特徴を把握しましょう。他人とスムーズにコミュニケーションを取るためのコツもご紹介します。

『会話が苦手な人』の性格や特徴5選!

本音を隠す女性

会話が苦手だと感じやすい人は、下記のような特徴がみられやすいことが多いです。

1.遠慮しすぎてしまう

周囲に対して過剰に遠慮してしまうタイプの人は、会話に対して苦手意識を持ちやすい傾向です。

  • こんな質問をしたら、迷惑になるかも
  • 自分の話で誰かを傷つけてしまうのが怖いなど

周囲への遠慮の気持ちが強すぎると、なにを話せばよいかわからなくなってしまいます。相手との沈黙が生じると、自分を責めてしまう人もいますよ。

2.緊張しやすい

人と接することそのものに対してのハードルが高いと感じている人は、話しかけられると緊張してしまって会話が弾まないことがあります。

他人に対する緊張が極度に高いとなると、人に話しかけにくく、自ら過剰に距離を取ってしまうこともあるので注意しましょう。

3.自信がない

自信がなく、自己肯定感が非常に低い場合、人と接することに対して恐怖心を抱いている可能性があります。

  • 話しかけると、相手が不快な思いをするかも
  • 失言してしまったら、いじめられてしまうなど

他人への恐怖心が重なると、人と接することそのものを避けてしまいやすくなるかもしれません。

4.他者に関する興味が薄い

他人に対する興味や関心が最初から薄い場合、人とのつながりを持つこと自体に興味を持ちにくくなります。

  • 人の話を聞いていない
  • 自分の話だけ熱心にするなど

こうなってしまうと、周囲からの印象はよくありません。人とのつながりを持つためにも、相手との会話のキャッチボールを続けることを意識しましょう。

5.昔会話で失敗したトラウマを抱えている

元々話すことに対して特別な苦手意識を持っていなかったとしても、会話をしているときに失敗してしまい、それがトラウマとなっている人は会話を避ける傾向があります。

トラウマを抱えている場合、それを克服するまでには時間がかかることが多いです。無理をしすぎず、話しやすい人と会話を重ねて自信を取り戻しましょう。

上手く話すためのコツ

会話を楽しむ女性

他人との会話をスムーズに進めやすくするためには、以下の点に注意してみてください。

  • 人に興味を持ち、観察する
  • 沈黙があったとしても、むやみにしゃべらず周囲の状況を観察する
  • 相手の立場に立って話す
  • 本やニュース、SNSなどを見て、情報のアンテナを張っておく
  • 相槌を打ち、和やかな雰囲気になるよう笑顔で接する
  • 過去にとらわれず、積極的に人と関わる

他人との会話に対しての苦手意識が強いときは、慣れるまで聞き役に徹してみましょう。ほかの人がどんなことを話していて、どんな表情をしているのかを観察!会話の進め方を学んでみてください。

他人に興味を持ち、相手を思いやる気持ちを持って人と接し、いろいろな経験を積みましょう。

まとめ

他人との会話は、情報交換などを行うときも必須!苦手だからと避けるのではなく、ある程度は周囲と会話ができるスキルを身に着けましょう。

この記事のタイトルとURLをコピーする

カテゴリから記事を探す

すべてみる
カテゴリを見る