葬儀にかかる費用はいくら?平均の相場や形式による違いを解説

葬儀費用の相談

家族や親族が逝去したあと、葬儀を行いますよね。昨今では、葬儀の種類がたくさんあり、種類別に相場価格が異なります。お葬式にかかる費用や種類を事前に把握しておき、万が一のことが起こったときに焦らず行動できるようにしましょう。葬儀の価格を抑えるための工夫も、併せてチェック。故人の希望などに沿った葬儀を執り行ってくださいね。

葬儀はお金がかかるもの

お金に悩む女性

家族や親族が亡くなったら、葬儀を行いますよね。葬儀を主宰するとなると、思っているよりも大きな金額がかかるものです。

また、昨今では葬儀の種類もさまざまあります。お葬式にかかる費用と、お葬式の種類をチェック!費用を抑えるための工夫も、知っておきましょう。

葬儀にかかる平均相場!形式別にかかる平均費用も紹介

お葬式

お葬式にかかる平均費用と、お葬式の種類をまとめました。

一般葬

一般葬とは、故人の家族や友人、近隣住民や会社関係が参列する形式のお葬式を指します。参列者人数の把握が難しいため、実際参列した人数によって金額が変化します。相場は、100~200万円前後です。

家族葬

家族を中心とした、遺族の近親者のみで執り行うお葬式を、家族葬といいます。費用は抑えられますが、香典収入が見込めないのが特徴です。相場は、60~80万円となります。

1日葬

1日葬とは、お通夜や葬儀、告別式を1日で済ませる形式です。お通夜を行わない分、費用が抑えられます。

  • 真夏など、ご遺体が傷みやすい状況のとき
  • ひっそり葬儀を行いたいとき
  • 遺族の負担を軽減したい

上記のような場合は、1日葬がおすすめです。相場は50~70万円ほどになります。

直葬

お通夜や葬儀は行わず、火葬のみを行うことを直葬といいます。宗教的な儀式をおこなわないため、時間と費用をカット可能です。

個人と向き合う時間が取りづらく、故人の逝去を知らない人が出てしまうなどのデメリットもありますよ。相場は、25~35万円ほどです。

社葬

社葬とは、会社経営者や役員など、企業に対して大きな貢献や功績を残した人を、勤め先の企業が弔う葬儀のことです。遺族は喪主、会社は施主になって合同で行われることが多い傾向。

参列者の人数が多いため、相場価格は500~2000万円。費用は企業が大半負担しますが、宗教関連の出費は遺族負担となります。

自由葬

自由葬とは、お葬式の形式にとらわれず、故人らしいスタイルの形式で葬儀を執り行うことを指します。僧侶の読経など、一部宗教色を含むことも可能。合唱や演奏、スライドショーでの弔いなど、自由に故人に想いを馳せて最後のお見送りをします。

かかる経費に大きな差があるため、一概に相場価格が出せない形式のお葬式です。火葬費用の10~30万円は、必須の金額であることを知っておきましょう。

自宅葬

自宅葬とは、自宅でお葬式を行うことです。以下の条件に合っている場合は、自宅葬ができます。

  • 祭壇と棺桶を安置し、家族の参列が可能な広さがある
  • 棺桶の出入りが可能
  • マンションなどの場合、エレベーターに棺桶が入る
  • 霊柩車や司祭者の車を停めるスペースがある
  • 参列者の受付や食事の提供場所がある

費用は、業者に依頼しなければ4~5万円ほどになります。しかし、葬儀に必要なものの準備や手配などは、全て遺族が行わなければなりません。

生前葬

生前葬とは、存命の間に葬儀を行うことです。葬式を行う本人が主催して葬儀を進行し、お世話になった人に感謝の気持ちを伝えます。

生前葬の費用は形式や葬儀会社によってかなり差がありますが、50~100万円の費用が掛かることが大半です。また、死亡後の火葬費用は別途かかります。

葬儀を安くするために

葬式に参列

葬儀費用を抑える工夫は、以下のようなものが挙げられます。

  • 葬儀会社の見積もりを複数取り、同じプランで一番費用が抑えられている会社を選ぶ
  • 参列人数を絞る
  • 棺桶や祭壇の費用を抑える
  • 追加費用の有無を、事前に確認しておく
  • 参列者1人当たりの飲食代を見直す

葬儀を行うとき、友人や会社関連の人など、故人が生前お世話になった人みんなに参列してほしいと思いますよね。しかし、あまり手を広げ過ぎると費用がどんどん膨らんでしまいます。

費用を抑えるのであれば、参列者の人数や葬儀のグレードを見直しましょう。生前に葬儀の話などを取りまとめておくと、葬儀のグレードなどを決めやすくなるのでおすすめです。

まとめ

家族や親族とのお別れは、どんな人でも経験することです。まだまだ先と思わず、葬儀のことを少し知っておくと、お葬式を行うときに焦らずに済みますよ。

この記事のタイトルとURLをコピーする
葬儀費用の相談

CATEGORY記事カテゴリ

すべてみる