シャツの襟汚れを根こそぎ落とす『4つのコツ』

汚れた襟

ワイシャツの襟は汚れやすく、汚れがついてしまうと頑固なのでなかなかきれいに取れないですよね。まずは、襟汚れの原因と種類をチェック!汚れを落とすときの注意点を確認し、生地を傷めず根こそぎ汚れを取り除きましょう。襟汚れを防ぐための簡単な対策も紹介しているので、必見です。

襟汚れの原因

ワイシャツの襟

ワイシャツの白さをキープしたいけれど、気が付くと襟元が黒っぽく変色しているということはよくありますよね。まずは、襟汚れの原因をチェックしましょう!

  • 皮脂

皮脂や汗にチリやホコリが付着すると黒ずみになり、皮脂が酸化すると黄ばみにつながります。双方ともに、放置すると頑固汚れに変化して落ちにくくなってしまうため要注意!

シャツの襟汚れを根こそぎ落とす『4つのコツ』

洗濯したワイシャツ

襟汚れを落とす際、いくつかのメンテナンスポイントを実践するだけで、汚れが落ちやすくなりますよ。

1.お湯で汚れを浮かせる

襟汚れをの原因は、皮脂です。皮脂はお湯に浸けると取れやすくなります。襟汚れを撃退したいときは、水ではなくお湯を使ってメンテナンスを行うようにしましょう。40~50℃くらいの温かいお湯を使うのがベスト!

2.歯ブラシを使う

襟汚れが繊維の奥深くまで入り込んでいるときは、使用済みの歯ブラシで汚れをこすり洗いすると、生地の汚れを排除しやすくなります。生地を傷めないよう、汚れを十分に浮かせてからこすり洗いに移りましょう。

3.優しく揉み洗いをする

歯ブラシを使っても落ちない頑固な汚れは、揉み洗いをすると落ちやすくなります。歯ブラシでのこすり洗いよりも生地にかかる負担が大きくなりやすいので、とにかく優しく揉み洗いをするよう心がけてください。

4.予洗い後に洗濯機に入れる

襟の頑固な汚れは、ただ洗濯するだけでは落ちないことが多いものです。汚れが繊維の奥まで染み込まないうちに、予洗いを行って洗濯する習慣を身に着けましょう。予洗い完了直後には少し汚れが残っていたとしても、洗濯機で洗うことで残りの汚れを除去できる確率がアップします。

襟汚れを防ぐ方法

洗濯したワイシャツ

襟汚れを防ぐためには、以下の方法を試してみましょう。

  • ベビーパウダーを襟元にはたいておく
  • 乾いたワイシャツの襟に、洗濯のりかスティックのりを塗って乾燥させる
  • 衣類用汚れ防止シートを貼る
  • 汚れ防止スプレーを吹きかけておく

ワイシャツの襟に黄ばみや黒ずみができてしまうと、落とすのに手間がかかりますよね。黄ばみや黒ずみを発生させないためにも、事前に対策を立てておきましょう。

まずは、自宅に防止対策グッズとして使用できるものがないかをチェック!自宅にあるものを用いることで、コストカットが可能になります。

汚れ防止グッズそのものは、購入しやすい価格で販売されていますよ。スーパーやホームセンターに立ち寄った際、探してみてください。

まとめ

襟汚れは、放置しておくと頑固汚れになってしまうため、見つけたらできるだけ早く対処しましょう。デリケートな生地を使用している場合は、優しく汚れをこすり洗いしてくださいね。

この記事のタイトルとURLをコピーする
汚れた襟

CATEGORY記事カテゴリ

すべてみる