『逆ギレする人』の心理や性格5選!やるべき対処法は?

怒っている女性

生活していると周りには様々な人がいます。その中には、接することを躊躇ってしまうような厄介な性格の人もいることでしょう。今回は逆ギレする人はなぜ逆ギレしてしまうのか、その心理と対処法について解説していきます。

周囲に逆ギレする人がいると非常に厄介…!

口論している二人の女性

皆さんの周りには、周囲の人に指摘されると逆ギレする人はいませんか。直してもらわなければいけないことを指摘したり、良かれと思って教えたのに「わかっている!」「そうじゃない!」などと逆ギレされてしまうと、とてもストレスですよね。

周囲に1人でもいると、仕事の効率も悪くなってしまいますし、パートナーが逆ギレするような人の場合、家庭内ストレスを強く感じてしまいます。

そもそも逆ギレとは?

そもそも逆ギレとは、どのような状況、様子を表す言葉なのでしょうか。逆ギレとは、本来しかられる立場の人が感情的になり、逆に怒りを表す様子を指します。また、正当な理由でしかられているにも関わらず、理不尽にしかられているように被害者を装う様子を表すこともあります。

逆ギレされてしまうと、逆ギレされた側としては必要な叱責をすることができないため、付き合いにくいと感じてしまいます。

『逆ギレする人』の心理や性格5選

では、逆ギレする人はいったいどのような心理によって『逆ギレ』を起こしているのでしょうか。また、元々どのような性格が『逆ギレ』につながっているのでしょうか。

1.自分に自信を持てない

意外や意外、逆ギレしやすい人の多くは、実は自分に自信のない人が多いです。そもそも自分にある程度自信のある人であれば、キレる必要はありません。自分の意見を理由を添えて説明すれば良いのです。

しかし、自分に自信を持てないために逆ギレしてしまう人は、自分で「自信がない」と思っている部分を指摘されることで、カッと感情的になってしまうことがあります。

また、本能的に自己防衛に走ろうとするため、その結果、キレ返すことで自分の立ち位置を守ろうとしているのです。

2.自分に非があることを認めたくない

逆ギレする人に多い傾向として、「プライドが高い」という性格があります。自分に非があることを認めたくないために、自分を守る手段として逆ギレしてしまうのです。

「自分に非があることを認めたくない」という心理が働いているということは、ある程度、自分が悪いということを認識していることの裏返しでもあります。しかし、プライドが高い上に自信のない自分を守るため、逆ギレすることで相手に責任をなすりつけようとしているのです。

3.ストレスを感じやすく溜め込みやすい

逆ギレしやすい人の中には、ストレスを感じやすく溜め込みやすい性格の人も見かけます。普段は温厚でおとなしい人なのに、ふとした時に突然逆ギレする人がこのパターンに当てはまります。

日頃から自分の意見や思いを内に溜め込み、なかなか他の人に発言することができないため、ふとした瞬間に堪忍袋の尾が切れてしまうのです。

この場合、それまでに散々理不尽だと思うようなストレスを溜め込んできているため、今しかられていることが正当であっても許容量がオーバーしているため、逆ギレという形で爆発してしまっているのでしょう。

4.指摘されることが恥ずかしいと思っている

プライドが高い人に共通する心理です。他人から指摘されることが恥ずかしいと思っている人は、相手がどんなに正しい指摘をしていても逆ギレしたり不機嫌になったりすることが多いです。

このようなタイプの人は、今まで挫折経験が少なく、指摘されたりしかられたりした経験が少ない人が多い傾向にあります。そのため、指摘されていることに慣れておらず、素直に受け入れることができないのです。

5.自分を守るために相手を見下している

逆ギレする人の中には、日常的に相手を見下すスタンスを取っている人も多いです。プライドが高い人や指摘されることを恥ずかしいと思っている人に多い傾向にあります。

また、自分に自信のない人にも見られることがあり、この場合は自分自身を守るために相手を見下すことで「自分の方が上だ」と奮い立たせているケースが多いです。

どちらのパターンにせよ、相手を見下して過ごしているため、そんな周囲の人たちに指摘されることで、今まで守っていた自分を崩されるような恐怖を感じるのでしょう。それによって、逆ギレという返しをしてしまうのです。

なるべく穏便に…逆ギレする人への対処法は?

イライラしている女性

逆ギレする人は、自分に自信のない人や今まで守ってきた「自分」を崩されることに恐怖や不安を抱えている人が多いです。そのため、なるべく穏便に対応するのがポイントです。

  • 話をするときは相手が冷静になるまで時間をあける
  • とにかく自分は冷静に
  • 逆ギレする相手の話を最後まで聞く
  • 相手の話に共感する姿勢を見せる
  • 指摘をするのではなくお願いする

まず、相手がカリカリしているときに指摘をするのは避けましょう。余計に事態がややこしくなる恐れがあります。また、話をするときは、自分は冷静でいることを貫いてください。

指摘をするときは、まず「ここはこうだと思うんだけど、どう?」などと相手の意見や話を最初に聞きましょう。その上で、相手の話に「なるほど」「たしかに」などと共感する姿勢を見せつつ、最後に指摘ではなく「お願い」の姿勢でお願いしてみましょう。

ここまでの対処法を見ると「なんだか理不尽」と感じるかもしれませんが、逆ギレしやすい人にはこちらが大人になって対応するのが最も穏便に対処できるポイントです。

逆ギレする人には冷静に話を聞いてあげよう

怒っている女性

いかがでしたか。逆ギレする人の対応は、あくまでこちらが大人になって、そして強い言葉で指摘するのではなく寄り添う姿勢が鍵となります。少々理不尽に感じるかもしれませんが、これを意識するだけでも対応しやすくなることでしょう。

この記事のタイトルとURLをコピーする
怒っている女性

カテゴリから記事を探す

すべてみる
カテゴリを見る