40代女性がやるべきではない『NGメイク』7選

ポーチの中のコスメ

40代になった女性の皆さん、メイクの方法にお悩みではありませんか。若い頃のままのメイクでは40代という年齢に合わず浮いてしまいます。今回は40代女性がやるべきではないメイク方法や意識するべきメイクのポイントを紹介します!

40代になっても若い頃のままのメイク方法は絶対ダメ!

お化粧をするミドル女性

40代になったばかりの皆さん、今のメイクに少々不安を感じていませんか。メイクは女性にとって毎日のようにする日課なので、若い頃に自然と身につけている人も多いでしょう。

しかし、年齢にあったメイク方法を学ぶ機会はそうありません。そのため、年齢を重ねるにつれて「もう40代なのに若い頃のメイクのままでいいのかしら」と悩む人が増えてきます。

40代になるとシミやシワなどの年齢に伴う肌悩みが出てきます。そのため、若い頃はすっぴん同然のメイクだったという人も、ある程度は自然なナチュラルメイクをする必要が出てきます。

反対に、若い頃のまま濃いメイクをし続けていると、年齢に合わず「イタい」と思われてしまうため、要注意です!

40代女性がやるべきではない『NGメイク』7選

メイクアップの道具

では、年齢による肌悩みや年齢にあった美しさが求められる40代女性は、どのようなメイクをするべきなのでしょうか。まずは40代女性がやるべきではないNGメイクについて確認していきましょう。

1.ファンデーションを厚塗り

40代になると羽田悩みが増えてくるため、ついついファンデーションを塗りたくって肌悩みを隠したいと思いがちです。しかし、ファンデーションを塗りたくってしまうと厚化粧に見え、かえって苦しい印象を与えてしまいます。

40代は年齢を受け入れ、年齢にあった美しさを引き出すナチュラルメイクが基本です。そのため、ファンデーションは必要最低限に止めるようにしましょう。

2.強い印象を与えるくっきりとした眉メイク

若い頃はくっきりとした眉メイクが人気ですが、40代に入ってくっきりとした強い印象を与える眉メイクをしてしまうと、少々高圧的な印象を与えがちです。

40代ははっきりとした印象のメイクよりも、柔らかい優しい印象を与えるメイクが好まれます。また、自然と40代女性ならではの美しさを際立たせてくれるため、くっきりとした眉メイクではなく、ぼかすような柔らかい印象の眉メイクを目指しましょう。

3.濃いカラーのリップ

真っ赤な口紅を付けた女性

現在、リップカラーはどのような色味をお使いですか。はっきりと発色する濃い赤やピンクなどのリップは、40代女性には残念ながら合いません。唇だけが浮いてしまい、痛々しい印象を与えてしまう恐れがあります。

やはりこちらも薄い色味のほんのり色づく程度のリップカラーがオススメです。そもそも唇の縦じわや形を補正するだけで良いので、しっかりと保湿するだけでも十分です。

4.鮮やかな色合いのキラキラとしたアイシャドウ

40代女性のナチュラルメイクには、アイシャドウが重要なメイクアイテムとなります。しかし、鮮やかな色合いのキラキラとしたアイシャドウはあまり向いていません。

40代女性はしなやかで上品なナチュラルメイクが好まれますし、無理に年齢に逆らっていないため自然な美しさを見出すことができます。そのため、若い頃に使っていた色鮮やかなアイシャドウではなく、落ち着いた色味のアイシャドウを選ぶようにしましょう。

5.くっきりと浮く濃い色味のチーク

チークは若い頃からカラー選びが悩みの種となっている人も多いでしょう。40代に入ると、より「チークは必要なのだろうか」と思うようになります。

ここでもくっきりと浮かび上がるような濃い色味のチークは避けるべきです。頰だけがピンク色にはっきり染まっていると、年齢に合っていないイタい印象を与えてしまうからです。

40代メイクでは、うっすらと色味が見える程度の薄い色味のピンクやオレンジなどのチークで、顔の血色をよく見せるようなチークメイクを目指しましょう。

6.くっきりと浮いた幅の太いアイライン

アイラインを引く女性

アイラインも頑張って描きがちですが、くっきりと幅の太いアイラインを描いてしまうと、無理に目力が強調されるようで不自然なメイクになりがちです。顔立ちによっては、高圧的な印象を与えてしまうため、やめるべきでしょう。

また、ダークブラックのカラーよりも、ダークブラウンなど、色味が付きつつも柔らかい印象を与えるカラーがオススメです。

7.まつげ全体に塗りたくったマスカラ

まつげをはっきりと見せるためにマスカラを使用する人は多いです。40代になってもマスカラを使うこと自体は問題ありませんが、まつげ全体にたっぷりと塗りたくる行為はNGです。

目がぼってりとした印象を与えてしまうだけでなく、40代に差し掛かり徐々に目の印象が薄くなっているため、余計に目が小さく見えてしまう可能性すらあります。

40代女性がメイク時に意識するべきポイントは?

スキンケアをするミドル女性

40代女性がメイクする際、今までのメイクのままではかえって悪い印象を与えてしまったり、顔の印象が薄くなってしまうこともあります。

40代女性は以下のポイントを押さえたメイクを意識することで、年齢に合った自然な美しさを引き出すことができますよ。

  • 年齢を無理に隠さないナチュラルメイク
  • ベージュやブラウンなどのニュアンスカラーを中心に使う
  • 眉はパウダーとブロウマスカラでぼかすように描く
  • アイラインはまつげの隙間を埋めるだけ
  • 下地は顔の中心のみ塗る
  • ファンデーションはパウダーを粗が見える場所に乗せるだけ

全体的に柔らかい印象を与えることを意識しましょう。「40代になってシワが多くなった」と肌悩みを抱える人が増えますが、そうした年齢ならではの肌悩みも味方にしてしまうのがオススメです。

あえてシワをファンデーションなどで無理やり隠そうとせず、ある程度残してナチュラルな優しい雰囲気のメイクを施すことで、きれいに年齢を重ねた上品な女性の美しさを作り出すことができます。

無理な年齢隠しはNG!年齢を生かした自然なメイクを

白い服を着た美女

いかがでしたか。40代女性は年齢による悩みを隠そうとメイクを濃くしがちです。しかし、年齢を生かした自然なメイクこそ、40代女性にぴったりです。柔らかい上品な印象を与えるメイクを目指してくださいね。

この記事のタイトルとURLをコピーする
ポーチの中のコスメ

CATEGORY記事カテゴリ

すべてみる