柿にするべきではない『NG行為』4選!間違った保存方法や使い方を解説

柿は、秋を代表する果物のひとつです。常温保存できるため、台所などに置きっぱなしにして完熟を待つ人もいるのではないでしょうか。しかし、保存状態が適切ではないと完熟を通り越して腐敗が進んでしまいます。そのほかにも注意したいポイントがあるので、柿を扱う前にぜひチェックしてみてください。

秋の果物の代表格である柿

かごに入った柿

柿は、秋の果物の代表格のひとつです。全国に様々な品種があり、それぞれ風味が異なるため、食べ比べなどを行う人もいるのではないでしょうか。

程よい甘さでお茶との相性もばっちりの柿ですが、すべきではないNG行為を行ってしまうと寿命を縮めてしまうかも。食べ方や食べ合わせを誤ると、体調不良を招く恐れもあるため、やってはいけない行為を把握しておきましょう。

柿にするべきではない『NG行為』4選!

半分にカットした柿

柿にすべきではないNG行為は、以下のようなものが挙げられます。

1.温かい場所で保存する

柿は常温保存できますが、それは過ごしやすい気候での話です。直射日光が当たる湿度の多い場所で保存してしまうと、あっという間に劣化します。台所で常温保存する場合は、火の近くには置かず、温度が激しく上下しない場所で保存しましょう。

真夏のような高温状態が続くかもしれない場合は、野菜室でゆっくり追熟させてください。

2.加熱調理する

柿を加熱調理すると、実に含まれるタンニンという渋み成分が蘇ります。これを渋戻りといい、ジャムなどにした際に起こりやすいため注意が必要です。

調理した柿の渋みを消すためには、タンパク質と併せるのが有効!牛乳やヨーグルトと一緒に摂取すると、渋さを感じにくくなります。

3.食べ合わせが悪いものと一緒に摂取する

柿と食べ合わせがよくないものは、以下のものが挙げられます。

  • カニ…体を冷やしてしまう
  • さつまいも…胃腸の動きが悪くなり、結石ができやすくなる
  • 海藻…カルシウムの吸収率が下がる
  • 鉄分…柿に含まれるタンニンが吸収を妨げる

柿とほかの食材との食べ合わせの相性に不安を感じる場合は、柿だけをおやつとして食べるのがおすすめです。

4.大量に食べる

柿は、成人で1日1個を目安にして摂取しましょう。大量に食べてしまうのはNG!

  • 体を冷やし、マイナートラブルを招きやすくなる
  • 柿に含まれるシブオールという物質と胃酸が混じり、胃石を作ってしまう可能性がある

風邪を引いている人や、幼児や妊婦さんは、柿は控えめに少量食べるのがおすすめです。

柿が傷んでいるときのサイン

バツサインを出す主婦

柿が腐敗しているときには、以下のような変化がみられます。

  • 全体が茶色っぽくなる
  • 実の中の水分が増えて、ぶよぶよになる
  • 実から水分が出ている
  • カビが生える

柿は腐敗直前が完熟状態になるので、見極めが難しいのが特徴です。完熟していなくても甘みを感じる種類も多いので、無理に完熟させなくてもOK!少し柔らかくなった頃に食べると、甘みが増しているものが多いので、それを目安にして食べるようにしましょう。

常温でおよそ1週間保存できるので、実の状態を見ながら追熟させることもできますよ。傷んだものを食べると、食あたりを招く可能性があります。少しでも怪しいと思ったら、食べるのは断念して破棄してください。

まとめ

立派な柿

柿は、購入時には完熟していないものがほとんどです。早く完熟させようとして、適切ではない場所で保存するのはNG!食べすぎないよう注意し、柿を堪能しましょう。

この記事のタイトルとURLをコピーする

CATEGORY記事カテゴリ

すべてみる