栄養があまりない『野菜』3選!主な成分とおすすめの食材まで解説

収穫直後の野菜

野菜の栄養は、それぞれ異なります。すべての野菜が高い栄養を持っている、というわけではありません。あまり栄養が多く含まれている野菜もあるので、ぜひチェックしてみてください。栄養価が低い野菜と相性のよい食材も紹介しているので、料理の幅を広げるときの参考にしてみるのもおすすめです。

野菜は栄養豊富と思いがち

たくさんの野菜

野菜といえば、ビタミンやミネラルなどを豊富に含んでいて、栄養価が高いものだと思い込みがちです。栄養価の高い野菜は数多くありますが、中には思っていたよりも栄養が多くない野菜もあります。

栄養価が高くない野菜を食事のメインに使ってしまうと、栄養面でも少し不安がありますよね。栄養価が低い野菜は頻繁に使う機会がある可能性があるため、ぜひチェックしてみてください。

栄養があまりない『野菜』3選!

カットしたきゅうり

栄養があまり含まれていない、代表的な野菜を集めました。

1.きゅうり

言わずと知れた、栄養素が低い野菜の代表ともいえる食材のきゅうり。特徴は、以下の通りです。

  • 95%以上が水分
  • カリウム・カルシウム・ビタミンKなどが含まれている
  • アスコルビナーゼという、ビタミンCを減らす酵素を持っている
  • 100gあたり14kcal

きゅうりは、ほかの野菜と食べるとビタミンCが失われる可能性を持つ野菜です。酢で和えたり、きゅうりを加熱することで酵素の働きを抑えることができます。

2.もやし

もやしも、栄養があまりないと認識されやすい野菜です。

  • 約95%が水分
  • ビタミンCや植物性たんぱく質を含んでいる
  • ビタミンB・B2・カルシウム・鉄・食物繊維などを含んでいる
  • 発芽した豆にはビタミンCがたくさん!
  • トリプトファンやリジンといった必須アミノ酸も含む
  • 傷みやすい

もやしは栄養価は低くありませんが、なんといっても傷みやすいのが特徴です。劣化が早いため、食べる前に破棄した経験を持つ人が多いのではないでしょうか。上手な保管方法を試して、もやしの栄養を取り入れましょう。

3.たけのこ

たけのこは、野菜の中でも人気が高い食材です。しかし、栄養はあまり高くありません。

  • 収穫から時間が経つほど、灰汁が強くなる
  • 主な栄養素は、チロシン・カリウム・食物繊維
  • 食べ過ぎると、便秘や胃もたれの原因につながる

たけのこは、一気に大量に食べる食材ではありません。一度に摂取するのは、小鉢一杯分を目安にしましょう。

栄養があまりない野菜と相性のよいおすすめ食材

きゅうりともやしのサラダ

栄養があまりない野菜は、ほかのものを組み合わせることで栄養価を上げて食べらますよ。

  • きゅうり…わかめ・たこ・レタス・スイカ・きくらげなど
  • もやし…玉ねぎ・ほうれん草・レバー・鶏肉・貝類・白菜・やまいもなど
  • たけのこ…アスパラ・ごはん・ごぼう・海藻・あさりなど

水溶性の栄養素は水に溶けだしてしまうので、栄養を絶対に逃したくないのであればスープやお鍋などに入れるのがよいでしょう。

相性がよい食材と食べることで、栄養価が高められるだけでなく食も進みやすくなりますよ。相性のよい食材を使って、料理のレパートリーを広げましょう。

まとめ

きゅうりのサラダ

栄養価が低い野菜であっても、栄養は含まれています。サラダや副菜などに加えて、おいしく調理しましょう。

この記事のタイトルとURLをコピーする
収穫直後の野菜

CATEGORY記事カテゴリ

すべてみる