スーパーで買うべきではない『お魚』5選!正しい見極め方とは?

スーパーで買うべきではない魚とは

皆さんはスーパーでお魚を選ぶ時、どのポイントを見て決めていますか。魚には新鮮さを見極める確実なポイントがあります。今回は、スーパーで買うべきではないお魚の特徴と正しい見極めポイントを解説していきます。

スーパーで買うお魚は鮮度の良いお魚を選びたい!

スーパーマーケットで魚を選ぶ

皆さんは普段、スーパーの生鮮売り場でお魚を選ぶ際、どのようなポイントを見て決めていますか。「ここを見ている」と明確な基準を持っている人もいれば、「なんとなく新鮮そうなものを選んでいる」という人もいるでしょう。

魚は死後硬直後、徐々に腐敗していくため、なるべく新鮮なものを選ばなければ、家で腐ってしまう恐れがあります。また、水揚げ後の処理方法によっても鮮度の持ちや品質が異なるため、スーパーで購入する際は、正しい方法で見極めることが大切です。

スーパーで買うべきではない『お魚』5選

新鮮な魚の盛り合わせ

では、スーパーでお魚を選ぶ際、どのような点に気をつけるべきなのでしょうか。ここではすでに品質が劣化しつつあるスーパーで買うべきではないお魚の特徴を紹介するので、ここで紹介した特徴を持つお魚は避けて選ぶようにしましょう。

1.目が白く濁っている

魚の鮮度を見極める際、まず多くの人が見るポイントと言えば「目」ではないでしょうか。目がきれいに澄んでいるお魚は鮮度が良いとわかるからです。

しかし、目が白く濁っているものや赤く充血しているように見えるお魚は選んではいけません。すでに鮮度が落ちており、持ち帰った後、早々に腐ってしまう恐れがあるからです。

2.ドリップが出ている

こちらは刺身や切り身などを購入する際に確認したいポイントです。生肉にも同じことが言えますが、ドリップと呼ばれる汁のような液体がお魚から出ているものは選んではいけません。

鮮度が落ちると魚や肉といった生鮮食材からは、ドリップが流れ出ます。つまり、ドリップが見られるお魚は、すでに鮮度が落ちているため、あまり長時間持たない上、味や匂いなどの品質が劣化している恐れがあります。

3.鱗にツヤがなく剥がれている

まな板の上の鯛

新鮮なお魚は、表面にツヤが出ており、鮮やかな色合いをしています。また、鱗がきれいに揃っており、剥がれている部分がないのが特徴的です。

しかし、すでに水揚げから時間が経っているお魚は、表面や鱗にツヤがなく、鮮度が落ちると鱗が剥がれやすくなるため、鱗の揃い方がバラバラになっていることがあります。

このようなお魚を見かけたら、他のお魚よりも鮮度が落ちている可能性が非常に高いため、別のお魚を選ぶようにしましょう。

4.エラ部分が茶色や黒に変色している

魚のエラ

意外と知られていませんが、お魚を選ぶ際はエラ部分にも注目しましょう。通常、鮮度の良いお魚は、血管が集まっているエラ部分が鮮やかな赤い色をしていることが多いです。

しかし、時間が経過し鮮度が落ちてしまうと、血液の色が悪くなるため、血管が集まっているエラ部分が茶色や黒に変色してしまうのです。こうした細かい部分も鮮度を見極めるポイントになるので、見落とさないようにしましょう。

5.お腹部分がぐにゃっと柔らかい

鮮度が落ちたお魚は、肉厚感がなくなり、内臓が痛み始めているため、触った時にお腹がぐにゃっと潰れたり柔らかくなっていたりすることが多いです。また、あばら骨が浮き出ていたり、お腹部分がドロドロになり肉薄状態になっていることもあります。

このような状態になってしまったお魚は、購入して持ち帰っても味が落ちていたり、生臭さが強くなっていたりすることが多いです。肉厚で弾力感のあるお魚を選ぶようにしてください。

鮮度の良いお魚を見極める正しいポイントは?

新鮮な魚の盛り合わせ

最後に、鮮度の良いお魚を見極める正しいポイントを解説します。先ほど紹介した買うべきではないお魚の特徴と合わせて覚えておくことで、確実に鮮度の良いお魚を見極めることができますよ。

  • 目が澄んでいてきれい
  • 表面にツヤがある
  • 鱗がきれいに揃っている
  • エラ部分が鮮やかな赤色をしている
  • お腹にハリや弾力がありしっかりしている
  • ドリップ(汁)が出ていないもの

以上の6点の条件が揃っているお魚は、鮮度が良く、水揚げの後の処理が適切に行われているお魚であるため、安全に美味しく食べることができます。

また、持ち帰ったお魚は、冷蔵保存する前に、傷みやすい内臓やエラ、鱗などを取り除いて冷蔵するようにしましょう。空気が触れないよう、ラップに包んだ上で保存袋に入れておくと、より鮮度を保ちやすくなります。

鮮度の良いお魚を選んで安心安全に楽しもう

焼きたてのサンマ

いかがでしたでしょうか。お魚は腐ってしまうと非常に危険な食中毒症状を引き起こす恐れがあります。そのため、スーパーでお魚を選ぶ際はなるべく鮮度の良いお魚を選び、家族で安全に美味しくお魚を堪能しましょう。

この記事のタイトルとURLをコピーする
スーパーで買うべきではない魚とは

CATEGORY記事カテゴリ

すべてみる