電気代が安い家庭がやっている『6つの節約術』

家と電球

エアコンやこたつなど、電気代が高くなりやすい家電製品は、便利だけど嫌煙しがち。家電の電気代を安くするために必要なのは、無理な我慢ではなく、毎日取り組める節約術の実施です。電気代が安い家庭は、無理のない節約術に毎日取り組んでいます。どんな節約術があるのか確認して、自宅で試してみましょう。

電気代を安くしたい!

家と積み木

真夏や真冬は、どうしても電気代が高くなりやすい季節です。できるならば電気代を安くしたいと思っている人も、多いのではないでしょうか。

今回は、電気代が安い家庭がやっている節約術をご紹介します。電気代を賢く節約して、快適に生活しましょう。

電気代が安い家庭がやっている『6つの節約術』

電卓と積み木

電気代が安い家庭が、具体的に実施している節約術をご紹介します。試しやすいものばかりなので、無理なく生活の中で試してみましょう。

1.家庭に合った契約プランで契約している

電気代が高いときは、プランの見直しを行ってみましょう。電気代のプランは、新しいものが次々と出ています。今よりも自宅に合うプランが、すでに出ているかもしれません。家族の人数が変わったときも、プラン見直しのタイミングといえます。

2.扇風機やサーキュレーターとエアコンの併用が上手

エアコンを理想の温度に設定すると、暑かったり寒かったりしがちです。部屋の中を手早く適切な温度に安定させるためには、室内にエアコンの風を循環させることが重要になります。

扇風機やサーキュレーターは、エアコンの風を循環させるのにぴったりで、電気代も低コスト!エアコン代の節約にぴったりなので、ぜひ活用してみましょう。

3.定期的に家電のメンテナンスを行っている

家電製品は使用時間が経過すると、ホコリや汚れが溜まっていきます。電気代を多く消費させずに家電製品を使用し続けるためには、定期的なメンテナンスが欠かせません。

エアコンや掃除機のホコリやゴミの除去、冷蔵庫の掃除やなど、こまめな手入れを行いましょう。定期的なメンテナンスを行うことで、余分にかかる可能性のある電気代を事前にカットできますよ。

4.便座の蓋をこまめに閉めている

便座は音感センサーがついているので、電気を常に消費しています。使用していないときは便座のふたを閉めることで、便座の温度が変化しにくくなり電気代の節約が可能です。

5.冷蔵庫の開け閉めなどを工夫

冷蔵庫は庫内を設定温度に保つための家電製品なので、開け閉めすると温度が下がってしまいます。

温度が変化すると、その都度電気を消費して温度調節を行うため、自然と電気代も上がりやすくなるので要注意!冷蔵の温度変化を抑えるカーテンをつけたり、冷蔵庫の開け閉めを素早く行うなどの工夫を行いましょう。

6.古い家電は買い替えている

家電には、それぞれ寿命があります。長く使用すると、家電の消費電力は徐々に増え始めるので、寿命が近くなったら最新のものと買い替えを行うのがおすすめです。

電気代が高いと感じるときに見直したいポイント

複数の家電製品

電気代が高いと感じたときに見直したい点は、以下のようになります。

  • 家電製品の使用年数を確認
  • 契約会社やプランの見直し
  • 断熱対策を行う
  • 使ってない家電はコンセントを抜く

電気代の節約は、毎日の積み重ねです。毎日取り組める対策を行っているのに全く電気代が変わらない、もしくは電気代が高くなっているとなると、家電製品の買い直しなどを検討する時期に差し掛かっているのかもしれません。

電気代がかかりにくい家電製品の導入なども視野に入れて、無理なく節約に取り組みましょう。

まとめ

電球とお金と電卓

電気代の節約は、コツコツ続けることで結果が出るものです。エアコンを使わないなどの強行策は、健康が危ぶまれるのでNG!無理をせず、毎日継続できる節約術を試しましょう。

この記事のタイトルとURLをコピーする
家と電球

CATEGORY記事カテゴリ

すべてみる