ヒートテックは寝るときに着ないほうがいい?運動時の着用もNG?

寒い季節に欠かせないユニクロのヒートテック。寝るときや運動時に着ないほうがいいというのは本当なのでしょうか?体にピタッとフィットし熱を逃がさない優れた仕組みにもかかわらず、寝るときだけでなく、アウトドアや運動時に着ると逆に体を冷やしてしまうようです。そんなヒートテックの仕組みや正しい使い方を紹介します!

ヒートテックは寝るときに着ないほうがいい理由

寒い時に重宝するヒートテックですが、「着て寝ると逆に寒さを感じるので避けた方がいい」という意見も聞こえてきます。これは本当なのでしょうか?

着たまま寝ると体温が上がってしまう

寝るときにヒートテックを着るのはおすすめできません。基本NGです。

布団の中では人間の体温が程よく保温されているため、布団の保温効果と相まってどんどん熱がこもる状態になってしまいます。

そうなると「汗をかく→繊維が吸湿する→発熱する」が繰り返され、最終的には布団の中に熱がこもり、体が火照りサウナに入っているような状態になってしまうのです。しまいには熱が出たような状況になってしまいます。

睡眠中の体温調節が上手にできない

寝入ったときに一度体温が上がりますが、汗をかくことで自然に体温が下がっていきます。ですが、肌とパジャマの間にすき間がないと、この体温調節が上手くできません。

ということは、体にピタッとフィットして発生した熱を逃がさないヒートテックを着て寝るのは避けたほうがよさそうです。

体温を下げるために汗をかいているのに、ヒートテックを着用することによって、さらに熱が出てしまい、ますます汗をかきやすくなってしまいます。これによって今度は逆に体を冷やしてしまうので注意しましょう。

《 ポイント 》

  • 布団の保温効果と相まって熱がこもってしまう。
  • 体にフィットして熱を逃がさないヒートテックは、体温調節が上手くできない。

ヒートテックは寝る時以外でも注意すべきことがある

とても便利なヒートテックですが、いくつかの注意点があります。ではひとつずつ、確認していきましょう。

運動時に着ると逆に体を冷やしてしまう

運動時には着用するのが一番危険かもしれません。ヒートテックは湿気に反応するので、汗をかくとさらに発熱し、暑くなって汗をかく…を繰り返してしまいます。

そして最終的には汗で濡れたまま乾かず、今度は急に体が冷えてしまいます。このヒートテックの仕組みを正しく理解していないと、特に登山などのアウトドアやウインタースポーツでは大きな危険が伴いますので気をつけましょう。

乾燥肌の人、皮膚が弱い人は注意する

ヒートテックにより水分が熱に変換されるので、余計に汗をかいてしまい、乾燥につながります。また、かいた汗を吸って発熱するヒートテックの仕組みによって、肌の水分が必要以上に奪われ悪化する危険性も否めません。

よって、乾燥肌の人だけでなくアトピーやニキビなど、肌トラブルをかかえている人は特に注意が必要です。かゆみや赤み、刺激を感じたらすぐに着用をやめ、肌に優しい綿100%の下着を着けるようにしましょう。

乾燥機にかけてはダメ

ヒートテックの取り扱い欄にある注意書きには「乾燥機にかけないでください」と記載されています。これはヒートテックの性質上、高温になりやすく一緒に乾燥機に入れてある他の衣類を傷める可能性があること、そして洗濯機が壊れてしまうかもしれないという危険性から禁止されています。

また、ヒートテックは肌に体にピタッと密着しているからこそ効果を発揮するので、乾燥機にかけて生地が伸びてしまうと効果が落ちてしまいます。洗濯ネットに入れて選択した後は、乾燥機にはかけないでおくようにしましょう。

できれば子供に着せないほうがよい

子供は大人よりも肌がデリケートです。特に子どもは汗をかきやすいので、就寝時の使用は控えたほうが無難でしょう。免疫力の低い子供は汗が冷えることで風邪をひきやすくなってしまいます。

また、最近は化学繊維アレルギーを抱える子も多いため、大人に比べてかぶれや湿疹が出やすい子供に着せるのであれば、下にシャツを重ね着して対策してあげましょう。

MRI検査では着用NG

病院でMRI検査を受ける場合、ヒートテックは着用不可になっているようです。これはMRIを受ける際の注意事項として、「ヒートテックを着用している人」や「心臓にペースメーカーが入っている人」はNGと書かれているからだそうです。

心臓そのものに悪影響を及ぼすわけではありませんので、心配しないでください。

《 ポイント 》

  • アウトドアや運動時に着ると体を冷やしてしまう。
  • 乾燥肌の人、皮膚が弱い人、子供は注意が必要。
  • 高温になりやすく危険なので乾燥機にはかけない。
  • 病院のMRI検査では着用不可。

最後に

今回は、寝るときや運動時にヒートテックを着ないほうがいい理由について、お伝えしました。

寒い冬には欠かせないヒートテックであっても、デメリットがあるということですね。体を寒さから守るために着たはずのヒートテックなのに、逆に寒くなってしまっては本末転倒です。

ヒートテックの性質を知っておかないと、風邪をひいたり肌が荒れたりする原因になるので注意が必要です。特に肌が敏感で免疫力が低い小さなお子様にヒートテックを着せるのは避けた方がよさそうですね。

冬の必需品のヒートテックの仕組みをしっかり理解して、快適に過ごせるよう賢く利用しましょう。

この記事のタイトルとURLをコピーする

CATEGORY記事カテゴリ

すべてみる