うなぎを食べる時の『NG行為』4選【土用の丑の日】

うなぎ丼

2021年の土用の丑の日は7月28日の水曜日です。土用の丑の日は、昔からうなぎを食べることが風習として伝わっていますが、うなぎを食べる際に気をつけることはあるのでしょうか。今回は、土用の丑の日にまつわるちょっとした知識とともに、うなぎを食べる時のNG行為について解説します!

土用の丑の日はうなぎを食べるのが習わし

うなぎ丼を食べるところ

毎年、夏になるとやってくる『土用の丑の日』は、日本人にとって馴染みの深い風習です。全国各地で土用の丑の日と書かれた旗が立てられ、スーパーや飲食店などでうなぎの取り扱い店舗が急増します。

前述したように、土用の丑の日はうなぎを食べる習わしが一般的です。これは、昔から夏場に夏バテのような体調不良を訴える人が多かったことから、栄養価の高いうなぎを食べることで夏を乗り切ろうという意味が込められています。

うなぎには、疲労回復や食欲増進といった夏バテ予防に最適な効能を持つ栄養素が豊富に含まれています。実際に食べることで、疲労を回復するとともに精力がつき、暑い夏を乗り切る手助けをしてくれるでしょう。

そもそも土用の丑の日って?

うなぎのかば焼き

そもそも『土用の丑の日』とは、どのような行事なのでしょうか。意外と知らない人も多いかもしれません。

「土用」とは、立夏・立秋・立冬・立春直前の約18日間を指す言葉です。さらに、昔は日にちを十二支で数えていたため、土用の期間内に訪れる丑の日を「土用の丑の日」と言います。

したがって、土用の丑の日は立秋直前だけでなく、立夏(5月頃)、立冬(11月頃)、立春(2月頃)直前にもあります。

また、暦は年によっても変わるため、土用に1回丑の日がやってくることもあれば、2回丑の日がやってくることもあります。この場合は、1回目を「一の丑」と言い、2回目を「二の丑」と呼びます。

うなぎを食べる時の『NG行為』4選

うな重

基本的にうなぎを食べる時はマナーやルールはありません。ただし、会食の席などでは和食を食べる際のマナーを覚えておく必要があります。ここではうなぎを食べる際に気をつけたい和食マナーのNG行為を紹介します。

1.うなぎの入った重箱の蓋を重ねる

大勢で食事を楽しんでいる時、うなぎの入った重箱がテーブルの上に多く並びます。重箱には、基本的に蓋が一緒についてくるため、蓋を置く場所に困ることもあるでしょう。

しかし、だからといって、他の人の蓋と蓋を重ねて置く行為はNGです。和食を楽しむ際にマナー違反となりますし、重箱の多くは漆器なので、蓋と蓋がぶつかり合い、傷をつけてしまう恐れがあるからです。

2.重箱の蓋を重箱の下に入れる

蓋と蓋を重ねる行為はマナー違反と紹介しましたが、重箱の蓋を重箱の下に引くように入れ込む行為もマナー違反です。重箱の蓋の内側についた水分やうなぎのタレなどが重箱の底面に付着してしまいます。

また、先ほどお話ししたように、重箱は漆器が使われることが多いので、重箱の下に蓋を敷いてしまうことで、傷をつけてしまう恐れがあります。重箱の蓋を取ったら、裏返しにして重箱の隣に置くのが正しいマナーです。

3.重箱に口をつけてかき込む

重箱を手に持ち食事をする行為は、マナー違反ではありません。しかし、重箱に口をつけてかき込むようにしてうなぎ丼などを食べる行為は、マナー違反です。

基本的に、和食の正式なマナーでは、重箱などの食器に口をつけてご飯をかき込む行為は、見ていて気持ちの良いものではないと考えられています。汁物であれば例外ですが、うなぎ丼などのご飯ものは、口をつけてかき込むのではなく、箸で口まで持っていくようにしましょう。

4.食べ終わった後に蓋を裏返しの状態で重箱にのせる

よく勘違いされるマナーの中に、食べ終わった後、食器の蓋を裏返しにして食器の上に乗せるという作法があります。これはNGです。

実際は、食べ終わった後に蓋を最初の状態に戻すのが正しいマナーです。つまり、裏返しに乗せるのではなく、正しい方向で乗せて蓋をすれば問題ありません。

土用の丑の日はうなぎ以外の「う」のつく食べ物もおすすめ

讃岐うどんの釜玉ぶっかけ

土用の丑の日はうなぎを食べるもの、というイメージが非常に強いですが、実はうなぎでなくてはいけないということではありません。「う」のつく食べ物であれば良いとされています。

したがって、うどんや梅干しを使った料理、馬肉や牛肉なども該当します。「うなぎはちょっと苦手」「高額だからなかなか食べられない」という場合は、前述した「う」のつく食べ物を使って土用の丑の日を過ごしましょう。

土用の丑の日は夏バテ防止に良い食事を

土用の丑の日のうな重

いかがでしたでしょうか。土用の丑の日は、夏を乗り越えるために疲労回復や精力をつける意味で作られた習わしです。うなぎを始め、「う」のつく食べ物を使って夏バテ防止に最適な食事を家族と一緒に楽しみましょう。

この記事のタイトルとURLをコピーする
うなぎ丼

カテゴリから記事を探す

すべてみる
カテゴリを見る