除菌スプレーは逆効果?!服の嫌なニオイの取り方3選

122022239

洗濯しても取れない服のニオイに困ることはありませんか?ひょっとしたら洗濯方法やニオイの取り方が間違っているかもしれません。本記事では実は間違っている服のニオイの取り方や正しい洗濯方法をご紹介します。

服が臭くなってしまう原因は「洗濯しきれていない」

350993870
洗濯しても取れない服のニオイの原因は、主に洗濯で落としきれていない皮脂汚れです。基本的には、きちんと洗濯できていれば部屋干しでも乾くまでに時間がかかっても、生乾きのニオイが残ってしまうことはありません。しかし服の繊維の奥に皮脂汚れが残っていると、乾いたあとも雑菌が繁殖してニオイのもとになってしまいます。

特にスポーツウェアは汗を吸水しやすいように加工されているので、吸収された汗が繊維に残って洗濯した後も汗のニオイが残ってしまいやすくなっています。スポーツ後のウェアを洗濯するときは気を付けましょう。

実は逆効果!臭くなった服のニオイの対処法3選

209631840
服が臭くなっていると感じたとき、実はやってはいけない対処法を2つご紹介します。うっかりやってしまっているという方は注意してみましょう。

1.除菌スプレーでニオイをごまかす

ニオイが気になるからといって除菌スプレーでごまかすと一時しのぎにはなります。ただしニオイの元が取れない限り、再び雑菌のニオイが戻ってくるので根本的な解決には至りません。

2.柔軟剤の量を増やしてしまう

イヤなニオイを隠すために、香りの良い柔軟剤を多くするのはNGです。ニオイの元を絶たない限り何度でもイヤなニオイが戻ってきてしまうので、柔軟剤の香りと混ざってより不快なニオイになってしまう可能性があります。

また、柔軟剤が多すぎると洗剤のパワーが柔軟剤を落とすほうに集中してしまい、汚れが落ちにくくなる可能性もあります。

3.すすぎの回数を少なくしてしまう

柔軟剤や洗剤の香りを残すために、あえてすすぎの回数を1回にするのもNGです。そもそも洗濯は洗剤の力を借りて服の汚れを水に移すことなので、すすぎの回数が少ないと汚れを完全に落としきれなくなってしまいます。

臭くなった服のニオイをとる方法3つ

362483769
臭くなってしまった服のニオイを根本から取り去る方法を簡単にご紹介しましょう。

1.漂白剤で漬け置きする

40℃程度のお湯に酸素系漂白剤を入れ、衣類を浸して30分ほど漬け置きしてみましょう。漂白剤に漬け置きしてから洗濯するとニオイが落ちやすくなります。特に粉末タイプの漂白剤がおすすめ。気になる場合は重曹を入れるとより落ちやすくなります。ただし塩素系漂白剤は色落ちするので間違えないように注意しましょう。

2.熱を与える

雑菌をなくすには熱を与えるのが最も効果的です。アイロンなどで直接熱を与えるのもニオイの根本的な解決にはなりませんが、消毒作用があるのでしばらくニオイが戻ることを防げるでしょう。お湯ですすぐと皮脂汚れも落としやすくなるのでおすすめです。

3.陰干しする

ニオイが残ってしまう原因として、雑菌が繁殖しやすい状況をつくることがあげられます。ニオイの残る服をすぐに洗濯することができないときは、陰干しして一旦汗を乾かすことで、ニオイが発生するのを防げるでしょう。ニオイの原因によっては、長時間陰干ししておくだけでニオイがなくなることもあります。

臭くなった服のニオイは正しい洗濯方法で落とせる

126227118
臭くなってしまった服のニオイの対処法をご紹介しました。
臭くなってしまった服のニオイはごまかそうとせず、正しい方法でニオイの元を絶つことで防ぐことができます。服が臭くなってしまったからといってあきらめず、まずはニオイの元を取る工夫をしてみてくださいね。

この記事のタイトルとURLをコピーする
122022239

CATEGORY記事カテゴリ

すべてみる