食器の処分方法4選!素材別の正しい捨て方まで解説

色とりどりのプレート

様々なお店で可愛い食器がたくさん販売されているので、新しく買い足す人は多いですよね。しかし、食器が増えてしまうと、古い食器やデザインに飽きた食器は処分を検討する人も多いでしょう。今回は食器の処分方法や素材別の正しい捨て方を解説します。

食器を買い替えるタイミングで処分を検討する人は多い

お皿とティーポット

インテリア雑貨店や100均、調理雑貨専門店など、あらゆる店舗で食器は販売されています。素材やデザイン、機能性なども多種多様なので、可愛い食器や綺麗な食器を見つけると、つい購入してしまうという人も多いでしょう。

しかし、食器棚の余裕には限りがあるため、食器を新しく購入するタイミングで古い食器の処分を検討する人は多いです。そんな時、どのように食器を処分するべきか迷ってしまう人は少なくないでしょう。

食器はどのように処分できるの?食器の処分方法4選

陶磁器の食器

古い食器や使えなくなった食器は、どのような処分方法があるのでしょうか。ここでは考えられる食器の処分方法を大まかに紹介します。

1.自治体のルールに則りゴミとして回収してもらう

一般的な処分方法は、自治体にゴミとして回収してもらう方法です。指定されたゴミの日に、指示通り決まった場所へ出すだけで回収してもらえます。基本的に、大型ゴミではないので、無料で回収してもらえるため、多くの人がこの方法を利用します。

ただし、食器は素材が多種多様なので、それぞれの食器の素材を確認し、それぞれに合ったゴミの分別日に出さなければいけません。あらゆる素材の食器を持っている方にとっては、少々分別が面倒に感じるかもしれません。

2.不用品回収業者に依頼する

処分を検討している食器の素材が多い場合、ゴミの分別が面倒に感じる人もいるでしょう。また、引越しの際に処分を検討している場合は、他にも大型ゴミなどが出るため、自治体に回収してもらうには手間がかかります。

このような状況の場合、不用品回収業者に依頼をして回収してもらう方法があります。金額はかかりますが、食器以外にも多くの家電や家具、ゴミなどを回収してもらえるため、捨てるものが多い時は不用品回収業者に依頼する方が手間がかかりません。

3.リサイクルショップに買い取ってもらう

インテリア雑貨ショップ

まだ綺麗で使える食器やブランド品の食器、高級な食器などは、リサイクルショップで買い取ってもらえることがあります。

特に高額な値段で購入したブランド品の食器や高級な食器などは、綺麗な状態であれば良い値で買い取ってもらえることもあります。

ただし、100均で購入した食器や大量生産されている安価な食器は買い取ってもらえない場合が多いので、この点を踏まえてリサイクルショップに持ち込むようにしましょう。

4.団体に寄付する

ネットで検索すると、NPO・NGO団体などで食器を寄付することができる団体が見つかることもあります。生活に困っている人に渡ったり、施設などで使われたりと、家では使わなくなった食器が大活躍するため、「捨てるのはもったいない」と考えている人におすすめです。

食器は素材ごとに分別を!素材別の正しい捨て方

木製の食器と陶器の食器

食器は様々な素材が使われています。一般的にプラスチックや陶器、ガラスなどが多いですが、その他にも木製の食器や紙が素材となっている食器、高級食器の場合は金属でできているものなどもあります。こうした食器は正しく分別し、指定された日に捨てるようにしましょう。

陶器やガラス製のものは「不燃ゴミ」

食器のセット

一般的に食器に使われている陶器やガラス製の食器は、不燃ゴミに分類されることが多いです。自治体によっては、不燃ゴミではなく「ガラス」として分類されることもありますが、この点は自治体のホームページを確認しましょう。

また、ガラス製の食器や陶器などは、回収する際に割れてしまう恐れがあります。そのため、一般的に新聞紙に包むなど対処してからゴミ袋に入れます。ゴミ袋に「危険」や「ガラス製品」などと記載しておくと安心ですね。

プラスチック製のものは「プラスチック」「燃えるゴミ」

プラスチックのお皿

プラスチック製の食器は、自治体によって分類が異なります。プラスチックとして捨てるところもあれば、燃えるゴミとして処分することを推奨している自治体もあります。ホームページで確認してみてください。

プラスチック製の食器は、基本的に他のプラスチックゴミと同じ方法で処分すれば問題ありません。指定されたゴミ袋に入れて回収日に出すだけです。自治体によって捨て方が異なるので、お住いの自治体の指示に従って捨てましょう。

食器は素材ごとに分別して正しく処分しよう

紙皿と紙コップ

いかがでしたでしょうか。基本的に、食器は自治体にゴミとして回収してもらうことができます。しかし、それぞれの食器の素材に合った分別をする必要があるので、この点を間違えずに処分しましょう。また、ガラスなどの割れる恐れのあるものは、必ず厚紙などで包んで捨てましょう。

この記事のタイトルとURLをコピーする
色とりどりのプレート

CATEGORY記事カテゴリ

すべてみる