飼うのは何歳からがベスト?ペットが子どもに与える良い影響3選

113557207

友達にペットを飼っている子がいると「自分も飼いたい」と子どもからせがまれることもあるはず。生き物を飼うことは簡単なことではないのでどうすればいいか悩む人も多いかもしれません。その反面、ペットは子どもに良い影響を与えてくれることもあります。そこで今回はペットを飼うことで子どもにどのような影響を与えるのかご紹介します。

ペットが子どもに与える良い影響3

221937594

1.子どもが感情豊かに育ってくれる

飼い主が愛情をもって接すればペットもその愛情に応えてくれます。尻尾を振りながら玄関まで出迎えてくれたり、落ち込んでいたらそばに寄り添ってくれたり、兄弟喧嘩の仲裁もしてくれたり、子どもが感情豊かになる手助けをしてくれるのです。

2.責任感が身につく

ペットは生き物です。飼うと決めた以上、途中で投げ出すことはできません。また可愛がるだけでなく、しつけや、病気の介護など、最後まで面倒をみる必要があります。

ペットの面倒をみることで、自然と子どもに責任感が芽生え始めます。

3.命の尊さを学ぶことができる

ペットは人間より先に死んでしまいます。死に直面することはとても悲しい出来事ですが、命は永遠にあるものではないことを学べます。命の重さと、毎日を大切に生きなければいけないことを子どもの頃に知ることができるのです。

ペットを飼うのに適したタイミングは?

273225554

子どもが何歳になったらペットを飼ってもいいのか悩む人も多いかもしれませんね。一般的にペットを飼い始めるのに適しているのは34歳からです。

簡単なお世話ができるようになるのが一つの目安かもしれません。

ペットを飼うときに注意したいポイント

250311752

ペットを飼うには飼育費用がかかる

ペットは日々のご飯はもちろん、ケージやトイレ、首輪など揃えなければいけないものがたくさんあります。またけがや病気などに高額は費用がかかります。

安易に飼うのではなく、家計の負担を十分に考慮して一生責任がもてるのか考えてから飼いましょう。

ペットアレルギーがないか確認する

ペットを飼う前に子どもにアレルギーがないか確認することが大切です。症状がひどい場合は、吐き気や呼吸困難などを引き起こすこともあるのでペットアレルギーがないか事前に確認しましょう。

家族でよく話し合ってペットを飼うか決めよう

214345836

ペットを飼うことで子どもに良い影響はたくさんあります。ただし飼育費用やアレルギーの有無などを事前に確認しておくことがとても大切です。
大切な命を一生面倒みることを軽く考えずに、家族全員でよく話し合って決めてください。

この記事のタイトルとURLをコピーする
113557207

CATEGORY記事カテゴリ

すべてみる