布団の寿命まとめ!敷布団や羽毛布団の買い替えサインや長持ちのコツを解説

ベッドルーム

敷布団や掛け布団、冬になると羽毛布団を使うご家庭も多いと思いますが、皆さんは現在お使いの布団をどのくらい長く使っていますか。実は、布団は種類によって寿命年数が大きく異なります。今回は、布団の寿命から買い替えサイン、長持ちさせるコツをご紹介します。

布団の寿命は種類によって違うって知ってた?

ホテルのベッド

毎日ご家庭で使っている布団には、一般的に目安となる寿命があります。掛け布団や敷布団、羽毛布団など、様々な種類の布団がありますが、布団は種類によって寿命が異なることをご存知でしょうか。

一般的に、布団の寿命は以下の年数を目安に買い替えるべきと言われています。

  • 掛け布団は5年〜10年
  • 敷布団は3年〜5年
  • 羽毛布団は10年〜15年

主に使われている布団の寿命は以上の通りです。敷布団が3年〜5年と思ったより寿命が短いと感じた人も多いかもしれません。反対に、羽毛布団は正しく扱っていれば、10年〜15年、あるいはそれ以上長持ちさせることも可能です。

限界がきた布団を使い続けているとどうなるの?

腰痛の女性

すでに寿命を超えている布団であっても、一応は布団としての役割を果たすことができているため、気付かずに使い続けていたり、買い替えるのは費用がかかるからと見て見ぬ振りして使い続けていたりするご家庭も多いです。

しかし、限界がきた布団を使い続けていると、衛生的に問題が生じることも多く、中には寝心地の悪さから睡眠の質が下がり、体調不良につながるケースも珍しくありません。

「なんだか寝心地が悪いな」「最近、よく眠れている気がしない」と感じたら、もしかすると布団に問題があるのかもしれません。

劣化した布団は処分して!布団の買い替えサインを知ろう

腰を抑えながら起きる女性

前述したように、すでに寿命を超えて劣化してしまった布団は、体に負担をかける原因となります。そのため、布団の買い替えサインを知り、下記で紹介するようなサインが見られたら、躊躇わずに新しい布団に買い替えるようにしましょう。

掛け布団の買い替えサイン

かけ布団

掛け布団の場合は、使用している時に寒さを感じたり、体にかけた時に重みを感じるようになったら買い替えサインです。長年使うことで、ダウンボールと呼ばれる棉の間の空気層が潰れてしまうため、保温性が失われてしまっている可能性があります。

また、体にかけた時に重みを感じるのは、長年、使っている人の汗や洗濯時の水などを吸収し続けたために重みを感じている可能性があります。こちらは体に負担をかけるので、買い替えるべきでしょう。

敷布団の買い替えサイン

ピロケース

敷布団は最も早く寿命を迎えやすい布団です。以下のような症状が現れたら、買い替えサインとなります。

  • 潰れるようにへたっている
  • 起きた時に跡がなかなか直らない
  • 寝ている時に背中が床やコイルに当たる感覚がある
  • シミなどの汚れがある

一番汗を吸収したり、負担がかかりやすい敷布団は、以上のようなサインが現れたら買い替えましょう。無理に寿命を迎えた敷布団を使い続けていると、体を痛めてしまったり、体調不良を引き起こす原因となります。

羽毛布団の買い替えサイン

羽毛ふとんのキルティング

羽毛布団の場合は、掛け布団と似た買い替えサインが現れます。体にかけた際にズシリと重みを感じるようになったり、明らかに保温性が失われていると感じたら、すでに役目を果たしていないため、買い替えるべきでしょう。

また、もっこりと膨らみを持つ羽毛布団が潰れるように膨らみが失われるような形状を見せた時も買い替えサインです。

そして最も分かりやすい買い替えサインが中から羽毛が飛び出してきている状態です。羽毛が飛び出してきている羽毛布団は、すでに使い物になりません。新しい羽毛布団に買い替えてください。

なるべく布団を長持ちさせたい!意識するべきコツを解説

晴れた日に布団を干

最初にそれぞれの布団の一般的な寿命をご紹介しましたが、あくまで平均的な寿命です。正しく丁寧に扱うことで、布団は少しでも長く寿命を延ばすことができます。掛け布団と敷布団では、少々意識するべきポイントが異なるので、それぞれ長持ちのコツを見ていきましょう。

掛け布団や羽毛布団を長持ちさせるコツ

掛け布団や羽毛布団を長持ちさせるには、まず必ずカバーをかけることが大前提です。カバーをかけることで、汗などをカバーが吸収し、直接布団に染み込むのを防ぐ効果があります。

また、引っ掻いたりポンと投げたり、長時間直射日光に当てたりといった扱いは避けてください。なるべく優しく丁寧に扱うことで、ダウンボールを維持することができ、寿命を延ばすことにもつながります。

また、羽毛布団の場合は、基本的にクリーニングはクリーニング業者に依頼しましょう。1年に1回を目安にクリーニングに出すことをお勧めします。あまり頻繁にクリーニングしてしまうと、水を吸収し過ぎてしまい、逆に劣化してしまう恐れがあるので気をつけてください。

敷布団を長持ちさせるコツ

敷布団を長持ちさせるためには、以下のポイントを押さえておきましょう。

  • 必ずカバーをつけて使用する
  • 小さなお子様が使う敷布団はパッドを使用する
  • 敷きっぱなしにせず陰干しする
  • 長時間天日干しする
  • 布団を布団叩きで叩く

カバーをかけることは大前提として、小さなお子様の場合、おねしょや涎といった様々な水分汚れが考えられます。こうした汚れを防ぐために、おねしょパッドなどの水分を吸収するパッドを敷布団とカバーの間に挟んでおくと安心です。

また、敷きっぱなしにしていると、通気性が悪くなり、敷布団にカビが生えてしまう恐れがあります。寝汗を発散させるためにも、部屋干し用のラックなどを使用して、陰干しするようにしましょう。

布団は正しく丁寧に扱うことが長持ちのコツ

ベッドメイキングをする女性

いかがでしたでしょうか。布団は正しく丁寧に扱うことで、一般的な寿命よりも長持ちさせることが可能です。今回紹介した買い替えサインや長持ちのコツを頭に入れ、日頃から丁寧に扱うことを心がけましょう。

この記事のタイトルとURLをコピーする
ベッドルーム

CATEGORY記事カテゴリ

すべてみる