布団カバーの正しい洗濯頻度とは?正しい洗い方や汚れを効率よく落とすコツまで解説

布団と枕

布団カバーは大物洗いになることや、そんなに汚れが目立たないため洗濯が後回しとなることもありますよね。ですが、布団カバーには目に見えない汚れがたまっているため、洗濯頻度が少ないと衛生的ではないのです。布団カバーの正しい洗濯頻度と正しい洗い方や汚れを効率よく落とすコツまで解説します。

布団カバーの洗濯頻度は週1回が目安

睡眠中の女性

目に見える汚れは無くても布団カバーは意外と汚れているため、洗濯する頻度は週に1回が目安と言われています。

私たちは、寝室の温度や寝ている時の服装などによって変わりますが、寝ている間にコップ1杯分の汗をかくというのは、知っている方も多いでしょう。個人差はあるものの、寝ている間、思っている以上に汗を大量にかいています。

布団は汗を吸収するだけでなく、人の皮膚から出る皮脂汚れやフケなども付着しているので、ダニの繁殖の原因となります。清潔を保つには、布団カバーは1週間に1回の頻度でこまめに洗濯をするのが大切です。

ちなみに、シーツも布団カバーと同じく1週間に1回、枕カバーはもう少し多い頻度で週に2~3回を目安に洗濯するようにしましょう。

布団カバーの洗濯前にすること

ベッドメイキングをする女性

ホコリや繊維くずを除去する

布団カバーにはホコリや繊維くずなどが意外とついています。洗濯機に入れる前に、ベランダや庭などではたいて取り除いておきましょう。特に、内側の角の部分にホコリや糸くずが溜まりやすいので、裏返して四隅の糸くずなども除去しておきます。

シミや気になる汚れがあれば前処理をする

気になるシミなどの汚れがある場合は、酸素系漂白剤が使える素材であれば、その部分だけ酸素系漂白剤を使って前処理をしておきます。スプレータイプの酸素系漂白剤は汚れ部分に直接吹きかけてそのまま洗濯機へ入れることができます。

全体的な黄ばみやニオイが気になるときは、30分ほど酸素系漂白剤を入れたぬるま湯に浸しておくと良いでしょう。

洗濯表示の確認をして洗剤を準備

布団カバーは、綿やポリエステルなど丈夫な素材が多いですが、初めて洗濯機で洗う際は、洗濯表示タグの確認をしておくと安心です。

また、洗剤は洗濯用の中性洗剤がおすすめです。弱アルカリ性の粉末洗剤は汚れをしっかり落とす効果はありますが、繊維へのダメージが気になります。布団カバーの素材に合った洗剤を用意してください。

布団カバーの洗濯方法と乾かし方

大きな洗濯ネット

洗濯の手順

  1. 布団カバーは裏返して、生地が傷みにくいよう畳んでから洗濯ネットに入れます。
  2. 他の洗濯物と一緒に洗濯する際は、ネットに入れた布団カバーは洗濯機の底に入れると絡みにくくなります。
  3. 洗濯機のコースは通常でよいですが、デリケート素材のものは「手洗い」「おしゃれ着」などのコースを選びましょう。
  • 柔軟剤を使うと、静電気や毛玉・毛羽立ちを防ぐ効果がありますが、柔軟剤の種類によっては吸水性が悪くなるものもあります。
  • すすぎのときに一旦停止し、洗濯のりを適量混ぜると、新品のように繊維がパリッと整います。ですが、柔軟剤と同様、吸水性が悪くなることもあります。

乾かし方

洗濯をする女性

  1. 脱水が終わった布団カバーは振りさばいて大きなシワを伸ばします。
  2. タテヨコの順にたたみ、細かいシワの部分は手のひらでパンパンと叩いて伸ばします。
  3. 物干し竿を2本使って、M字型にして風通しがよくなるように干します。
  • 物干し竿が1本の場合は、ハンガーを物干し竿にかけてその上から布団カバーをかけるとA字型になり、隙間が生まれて乾きやすくなります。
  • 布は直射日光に当たり続けると繊維がいたむ原因になるため、風通しの良い日陰か半日陰に干すのがおすすめです。
  • 室内干しする際は、ピンチハンガーでジグザグに干したり、突っ張り棒を物干し竿のように使って、重なる部分が無いように干しましょう。

梅雨時は抗菌・防臭加工付きがおすすめ!

ベッドと白い布団カバー

布団カバーをこまめに洗濯したいものの、梅雨時などは洗濯物がなかなか乾かないので困りますよね。

そこで、スッキリしない天気が続く梅雨の時期は、抗菌・防臭加工された布団カバーがおすすめです。雨続きで洗濯の頻度が減っても、イヤなにおいを防いでくれる効果が期待できるでしょう!

この記事のタイトルとURLをコピーする
布団と枕

CATEGORY記事カテゴリ

すべてみる