ヨガの好転反応で起こる主な症状5選

425262962

ヨガをしたあとに体や心に表れる好転反応を知っていますか?好転反応とは頭痛やだるさ、肩こりなど一時的に体に不調が出ることをいいます。好転反応は体に不調が起こるだけでなく、精神的に不安定になるなど心身ともにさまざまな症状が出ます。今回はヨガの好転反応で起こる主な症状を紹介します。

ヨガで好転反応が起こる理由

115271887

ヨガで好転反応が起こるのは、体に溜まっていた老廃物や毒素を外に排出しようとするからです。特に運動不足の人は老廃物や毒素が体に蓄積されていることが多く、ヨガをした後に好転反応が起こりやすい傾向にあります。

またヨガは心のデトックスも促すため、一時的にストレスやプレッシャーを感じるなど精神面に影響が出ることも。ヨガを続けると心身ともにさまざまな症状が起こりますが、1日~3日で改善されるのが一般的です。

ヨガで起こる好転反応の主な症状5

120465529

1.筋肉痛のような痛み

ヨガの後に筋肉痛のような痛みを感じるときは「過敏反応」といわれる好転反応です。ヨガは筋肉の伸縮を意識しながらポーズをとり、全身の凝り固まった筋肉をほぐします。この動作により筋肉痛のような痛みを感じやすくなるのです。

2.我慢できる程度の頭痛や発熱

ヨガをした後に頭痛が起こることがあります。頭痛はヨガで起こりやすい好転反応のひとつで、発熱を伴うことも。我慢できる程度の痛みで症状が軽いのが特徴です。

3.体のだるさを感じる

ヨガの後に体のだるさを感じることがあります。よくある好転反応のひとつで、多くの人が経験する症状といえるでしょう。体を動かした疲労感もありますが精神的な疲労が含まれることもあります。

4.ニキビなどの肌トラブル

ヨガの好転反応でニキビなどの肌トラブルが起こることがあります。今まで出なかったところににいきなりできてしまうことも。ニキビができるのは体に溜まった老廃物や毒素を皮膚から排出しようとするからです。

5.心が一時的に乱れる

ヨガは自律神経を整える効果が期待できますが、始めたばかりの頃はメンタルバランスが乱れることも。これも好転反応のひとつで落ち込んだり怒りっぽくなったりなど精神的な不安定さを感じます。

ヨガで起こる好転反応への対応

430116240

小まめに水分をとる

水分を小まめにとるとデトックス効果を高められます。体から老廃物や毒素が排出されれば好転反応の期間も短くなるのでヨガの前後はもちろん、1日を通して小まめに水分補給しましょう。

横になって体を休める

筋肉痛のような痛みや頭痛、だるさを感じたときは横になって体を休めましょう。無理に動くと余計につらく感じてしまうこともあります。少しの時間だけでも体を休めることができれば好転反応の痛みも軽減されます。

体の不調を誰かに話す

精神的に不安定な場合は誰かに話してみましょう。人に話すことでセラビー効果が期待できるため気持ちが少し楽になります。

ヨガの好転反応は体が改善される良い傾向

306907210

ヨガを始めた後、頭痛やだるさ、肌トラブルなど体にさまざまな症状が表れます。また体だけでなく精神的に不安定になることも。

これらの症状は体が改善される良い傾向です。好転期間を過ぎれば心と体のデトックス効果を感じられるでしょう。

この記事のタイトルとURLをコピーする
425262962

CATEGORY記事カテゴリ

すべてみる