アクリル素材の洗濯方法まとめ!洗い方よりも「干し方」が重要!?

畳んで重ねられたセーター

ふんわりと柔らかい感触が人気のアクリル素材は、セーターなどの洋服に使用されることが多い素材です。セーターの中でも比較的洗濯機に強い素材なので、忙しい主婦の方でも洗いやすいメリットがあります。そんなアクリル素材ですが、実は弱点も…。アクリル素材の洋服は、洗濯時よりも乾燥時が重要なのです!

ふんわり柔らか…セーターに使われるアクリル素材

ニットセーターとニット帽とデニム

皆さんは『アクリル素材』と聞いて、パッとどのような素材の洋服を指しているか思いつきますか。実はポリエステルやナイロンと並ぶ3大合成繊維の1つとされるほど、洋服などに多く使われています。

アクリル素材の特徴としては、ボリュームがあり、ふんわりと柔らかい感触が特徴的です。ウールに比べるとチクチクとした不快感もないため、大人はもちろん、小さなお子様の洋服に使われることも多いです。

保温性にも優れ、ふんわりとしたウール素材に似た着心地のアクリル素材ですが、吸水性が低く、耐久性にも優れているため、寒い冬にも暖かく着ることができ、尚且つウールに比べて洗濯機にも強いというメリットを持っています。

洗濯機でも洗いやすい!アクリル素材の洗濯方法を徹底解説

セーターのタグ

基本的に、アクリル素材は洗濯機でも選択が可能な洋服が多いです。しかし、アクリル素材は他の素材と混ぜて使われることも多いので、一緒に使われている素材が洗濯機に向いていない素材である場合、洗濯機で洗えないこともあります。まずは洗濯表示を必ず確認しましょう。

洗濯機で洗う場合

洗濯機と女性

アクリル素材の洗濯表示が洗濯機使用可能と表記されている場合、洗濯機で洗うことが可能です。その場合、洗剤や柔軟剤は特に制限がないので、ご自宅にある好みの洗剤や柔軟剤を使用して問題ありません。

しかし、そのまま洗濯槽に入れてしまうと、洋服の方が崩れる恐れもあるので、念のため、洗濯ネットに入れて洗濯するようにしましょう。また、洗濯機で洗濯する場合、コースは手洗いコースやドライコースなどの水流の弱いコースで洗濯してください。

時間のある方は、全自動ではなく、脱水時間を10秒ほどと短くするなど、こだわって洗濯機を活用すると、より洋服を傷めず長持ちさせることができます。

手洗いする場合

手洗い洗濯

アクリル素材の洋服の中には、使われている素材や装飾品によって、手洗いでなければ洗えない洋服もあります。その場合は、洗面器とおしゃれ着用の洗剤、洗濯ネットを使用して手洗いします。

  1. 洗面器に水と適量の洗剤を入れて洗浄液を用意する
  2. 裏返した状態で服をたたみ、洗面器に浸ける
  3. 洗面器の中で軽く押したり浮かせたりしながら汚れを取り除く
  4. 洗面器の中の洗浄液を捨て、新しくきれいな水を入れ直す
  5. 洗面器の水で洋服に含んだ洗剤をすすぎ、洗濯ネットに入れる
  6. 洗濯ネットに入れた状態で洗濯機に入れ、10秒ほど脱水する
  7. 洗面器に水と柔軟剤を合わせ、洗濯ネットから取り出した洗濯物を軽くひたす
  8. 再度洗濯ネットに入れ直し、洗濯機で10秒ほど脱水する

この手順で手洗いすれば、手洗い推奨のアクリル素材でも傷めずきれいに洗うことができます。少々手順が多いですが、服を長持ちさせるために、手洗いするようにしましょう。

アクリル素材は乾燥機NG!干し方も重要なポイント

カラフルな毛糸と編み棒

基本的に洗濯機で洗うことのできるアクリル素材ですが、乾燥までを全自動洗濯機で行うのはNGです。なぜならば、アクリル素材の唯一の弱点は熱だからです。

アクリル素材は熱によって変形しやすいため、高温の乾燥機にかけてしまうと、型崩れを起こしたり、回転と相まって伸びてしまう恐れがあります。

アクリル素材の洋服は、必ず洗濯機で乾燥させるのではなく、自然乾燥で乾かすようにしましょう。

ハンガーで干さずになるべく平干ししよう

アクリル素材は、他の洋服のようにハンガーで干さず、なるべく平らな状態で干して乾燥させるのがポイントです。ハンガーで干してしまうと、重力で伸びてしまう恐れがあります。

平干しする場所がないご家庭も多いと思うので、その場合は、洗濯バサミとハンガーを2〜3本使い、なるべく平らな状態になるように干してください。

アクリル素材は熱と干し方に気をつけて長持ちさせよう

カラフルな毛糸

いかがでしたでしょうか。アクリル素材は、基本的には耐久性に優れた洋服です。しかし、熱には弱いので、洗濯後の乾燥は乾燥機で行わず、自然乾燥で乾かしましょう。また、干す際も伸びないよう工夫して干すようにしてください。

この記事のタイトルとURLをコピーする
畳んで重ねられたセーター

CATEGORY記事カテゴリ

すべてみる