トイレの壁の掃除方法!尿の飛び散り汚れの落とし方から消臭まで

尿や皮脂で汚れてしまいがちなトイレの掃除方法をご紹介。掃除せずにそのままでいると黄ばみや黒ずみの原因となってしまうので、いかにして清潔にするか、そのためには何が必要なのかをわかりやすく解説します。また掃除方法以外にも尿の飛沫で発せられる臭いの消し方をご紹介します。

トイレの壁の掃除は汚れの種類によって使い分けよう

トイレ掃除

トイレの中でも壁は尿や皮脂によって、汚れてしまうことが多い場所です。放置していると黄ばみや黒ずみなどになってしまうため、落とすのが難しくなってしまいます。今回はそんなトイレの壁の汚れを落とすのに便利なアイテムを、いくつか解説していきます。

セスキ炭酸ソーダ

トイレの壁掃除を考えている方におすすめしたいのが、セスキ炭酸ソーダです。アルカリ性なので、壁についた皮脂汚れを落とすのにぴったりです。水で溶かしてスプレータイプのボトルに入れて置いておくと、気が付いた時にいつでも使うことができます。

使い方

使い方は壁の綺麗にしたい所に吹き付けてから、トイレットペーパーなどで拭くだけなので手軽です。自然の素材であるため長期間置いていると成分が劣化してくるので、早めに使い終わりましょう。また、壁の素材によっては変色してしまうこともあるので、目立たないところでチェックしておくと安心です。

重曹とクエン酸

次に重曹とクエン酸を使った掃除もおすすめの方法です。重曹はタンパク質を分解するので壁の黒かびを分解して、研磨作用で頑固な汚れも削ってくれます。クエン酸は酸性なので、壁に飛び散ってしまった尿が菌に分解されてできた尿石を落としたい場合にぴったりです。

黄ばみや黒ずみなど酸性とアルカリ性が混ざってできた汚れは、どちらも併用して使うとより効果的ですよ。使用する際は重曹の場合はぬるま湯と混ぜてスプレータイプのボトルに入れて使いましょう。

使い方

クエン酸は水と溶かしてボトルに入れておくとよいです。スプレーで清潔な布などに吹き付けて、壁の汚れた場所を吹きます。吹いた後は跡が残ってしまわないように、水吹きで仕上げましょう。先に重曹を使って汚れを落としてからクエン酸で拭いて除菌するのが、おすすめの順番です。

トイレの壁の尿の汚れや黒ずみを防止する方法

個室のトイレ

トイレで尿が飛び散って困っている場合は、座って排泄を行うのが一番の対処法です。

また、床や壁に汚れが付くのを防ぐシートもあるので敷いておくと、壁や床に尿が付着するのを防げます。壁に汚れが染み込んでしまうのを防止するだけでなく、臭いが沈着するのも防ぐことが可能です。

そして、汚れが黒ずみになってしまうのを防ぎたいならば、こまめに掃除することを心がけましょう。目にみえる汚れがない状態でも日ごろからトイレを使った後は、専用の洗剤やお掃除用シートで壁や床を拭いておくと後で掃除が楽になりますよ。

トイレの嫌な臭いを消す方法

重曹のビン

汚れを落とすだけでなく、尿が原因のアンモニア臭など嫌な臭いを消したい場合にも活躍するのが重曹です。粉の状態で置いておくだけでも、消臭効果を発揮してくれます。また、臭いを消すだけでなく湿気も吸収してくれるため、夏場の湿度が高くなりやすいトイレにもぴったりです。

紙コップや空き瓶など口が大きめの容器に重曹を入れておき、邪魔にならないところに置いておくだけで対策できますよ。半月に一度くらい中身をかき混ぜて空気に触れていない層と入れ替えると、消臭効果がより持続します。好きな香りがするアロマオイルを数滴加えておくと、芳香剤としても利用可能です。

汚れや臭いを防いで快適なトイレ空間を実現しよう

トイレを清潔にしておく

今回はトイレの壁を掃除するのに便利なアイテムを紹介しました。汚れの種類に合わせて、重曹やクエン酸などの素材を使い分けながら掃除しましょう。

特に重曹は消臭効果なども期待できるのでトイレを快適な空間にしたいならば、持っておくことをおすすめします。汚れが頑固な黒ずみや黄ばみになってしまう前に今回解説したアイテムで掃除して、綺麗な状態をキープしましょう。