重曹とお酢を使って排水溝のカビやぬめりを撃退!

ほぼ毎日のように使う台所で一番気になるのが、ぬめり。ついこの前、洗剤などで洗ったと思っていたら気づいたらまたぬめりが出てきた! なんてこともありますよね? ここではぬめりが生まれる仕組みやその対処法をわかりやすくご説明します。これでもうぬめり対策はバッチリ!

排水溝のぬめりやカビの原因

シンクの排水口

排水溝の独特のぬめりやカビが発生するのは脂分が大きな原因です。キッチンの排水口には食材や残飯、洗剤のカスなどが溜まりやすいものです。そこに流れにくい脂分がへばりつき、カビや雑菌が繁殖する温床となります。

もともとキッチンの排水溝は臭いが出にくい排水トラップという構造になっていますが、脂は粘着力が強いため流れにくく、汚れの原因になりやすいのです。そのため、排水溝の臭いやぬめりは脂分を流し切らなければ解決しないということになります。

「ぬめり」はバクテリアの集合体

そもそも、ぬめりは細菌やバクテリアが増殖して発生するバイオフィルムという菌膜のことでバクテリアの集団です。このバイオフィルムは少しの水分と栄養だけで増殖します。

シンクは水を扱いますし、食器の汚れや食材のカスなども排水溝に流れていくため、バクテリアにとっては増殖するのに好条件の場所と言えます。バイオフィルムは内部のバクテリアを保護するので、殺菌しても効果が薄いです。

そして、バイオフィルムのまわりにはバクテリアが増えて異臭の原因となります。ぬめりには落ちにくい脂分が付着するため、排水溝にしっかりとくっついてしまうのです。

汚れの仕組み

汚れが落ちるということは汚れを中和し、分解して浮き上がらせて初めて汚れが落ちやすくなる仕組みです。排水溝の脂分を流すのなら、石鹸を使うことを思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。

しかし、脂分はただ流すのではなく成分から分解する必要があります。脂分は酸性が強いため、これを分解するためには中和させなければなりません。

酸性のものを中和するにはアルカリ性が必要です。重曹は炭酸水素ナトリウムといい、アルカリ性の粉末です。アルカリ性の性質は脂分など酸性の汚れを中和して分解します。研磨作用もあるため、シンクなどを洗うのにもぴったりです。

また、シンクまわりの水垢はアルカリ性の汚れで、酸性の酢はアルカリ性の汚れを分解する働きがあります。酢は雑菌の繁殖を抑える働きも持ち合わせているので、ぬめりにも効果的です。

重曹と酢を使うとアルカリ性と酸性が混じるので危険ではないかと不安に思う方もいらっしゃるでしょう。しかし、重曹と酢は一緒に使うことで二酸化炭素の泡を発生させます。

つまり、炭酸水を作るのと同じ原理になるため、危険はありません。

重曹と酢を使ってぬめりを掃除する方法

こまめに掃除をしないとすぐにカビやぬめりが出てくる排水溝。触りたくないからと放置しておくと衛生的にも良くないですし、配水管が詰まってしまうなどのトラブルにも発展しかねません。

そんな排水溝のカビやぬめりは重曹と酢で落とすことが可能です。そして、重曹と酢を使う方法はカビやぬめりの発生の予防にもなる優れものです。人にも環境にも優しいこの方法について詳しく見ていきましょう。

シンクや排水口周り

台所掃除

排水口を重曹と酢で掃除をする前に、シンクや排水口の周りをあらかじめキレイにしておきましょう。その時、使い古した歯ブラシなどを使うと手を汚さずに済みます。気になる人はゴム手袋などを使っても良いでしょう。排水口のゴミ受けに溜まっているゴミはあらかじめ出しておくのもポイントです。

その後、奥の方に溜まっているぬめりを取り除くため、排水トラップを取り出します。次に重曹を万遍なくふりかけます。排水溝の中はもちろんですが、排水トラップにも振りかけておきます。

重曹をかけたら、次に酢をかけていきます。酢は普段使っているもので構いませんが、すし酢のような調理用の酢は使えないので注意しましょう。酢をかけるとシュワシュワと泡立ち始めます。

酢の量は重曹に対して半分程度が目安です。泡立ちが良いと汚れが落ちそうに感じますが、あまり酢が多いと重曹のアルカリ性の成分が損なわれてしまい、かえって洗浄力が落ちてしまいます。

酢をかけてから30分から1時間ほどつけ置きし、洗い流します。この時に、熱湯を使うと排水溝の破損や排水パイプの変形の原因になる場合があるので、40度程度のぬるま湯を使いましょう。

つけ置きしている間に泡を利用して排水トラップやシンクを掃除するのもおすすめです。

お風呂場

お風呂の排水口

重曹と酢は、キッチンの排水溝と同様にお風呂の排水溝にも効果的です。お風呂の排水溝は、石鹸のカスや皮脂汚れなどで思っている以上に汚れている可能性があります。重曹と酢を合わせてキレイな排水溝を保ちましょう。

また、お風呂の椅子やタイルの隙間などに発生したカビにも重曹は有効です。アルカリ性の重曹はカビのタンパク質を溶かしてカビを少なくする作用があります。一度に落とすことは難しいですが、何回か繰り返すとカビが薄くなっていきます。

ガスコンロやフローリング

ガスコンロの掃除

重曹と酢を別々に使うことでガスコンロやグリル、トイレやフローリングの拭き掃除にまで幅広く使うことができます。ガスコンロやグリル、テーブルの上やフローリングは重曹をペースト状に溶かしたものを汚れに乗せて放置し、汚れを浮かします。

重曹ペーストを拭き取ると重曹の白い粉が残ります。そのため、重曹ペーストを拭き取った後は酢水を使って拭き取ると重曹を中和して跡が残りません。また、酢の浸透作用や菌を抑える抗菌作用でスッキリします。

掃除をしている時に酢の臭いを感じることがありますが、拭き取ると臭いは気にならなくなることがほとんどです。それでも臭いが気になるのであれば、酢の代わりにクエン酸を使うこともできます。

ただし、クエン酸には揮発性がないことから使用後は酸性物質が残るため、水拭きが必要になる点に注意が必要です。

トイレのタンクや便座

トイレの便座

トイレのタンクや便座などは酢水を使うと良いでしょう。便器の内側など汚れが気になるところには重曹を振りかけて、トイレ掃除用のブラシでこすると汚れが落ちやすくなります。特に汚れが気になる時は重曹ペーストを乗せてから、酢水をスプレーして拭き取ると良いでしょう。

重曹と酢を使った掃除の注意点

重曹と酢

ガスコンロやフローリングは汚れを水で洗い流せない場所ですが、そういった場所でも重曹と酢があればスッキリと掃除ができます。ただし、重曹には研磨作用があり、重曹や酢が掃除に使えないガスコンロやグリルなども存在します。

掃除をする際は事前に使えるかどうか確認しておきましょう。テーブルやフローリングも無垢材の物やオイル仕上げをしてあるものには、使えない場合があります。傷がつきやすいものなどは目立たない部分で一度試すようにしましょう。

重曹も酢も食品として利用されているため、他の洗剤と比較すると安全に使うことができます。小さいお子さんやペットがいるご家庭でも安心して使えるでしょう。

注意点として、重曹はペーストなどを作る時に濃すぎるとアルカリ性が強くなってしまい、手荒れなどを起こすことがあります。安全だからと過信せず、正しい使い方を心がけましょう。

重曹や酢を希釈してスプレーボトルに入れておけば、重曹は油汚れに、酢は水回りのお掃除にいつでも使うことができるのでおすすめです。

重曹と酢で費用も抑えられる!

重曹と酢と掃除道具

重曹と酢を使う方法は化学的な成分を発生させないため、安全で簡単にできることがメリットです。重曹と酢は常備している方も多いですし、購入するとしても安価ですから費用があまりかからないことも嬉しいポイントです。

泡立つのは炭酸ガスのため人体に影響はありませんが、まれに排水溝の臭いがすることがあります。充分に換気をしながら作業するようにしましょう。