子どもが歯磨きを好きになるコツ4選

虫歯にならないために徹底したい歯磨きですが、子どもが嫌がってうまく歯磨きができないと悩む人も少なくありません。そこで今回は子どもが歯磨きを好きになるコツについて紹介します。

子どもが歯磨きを嫌がるのはなぜ?

340924757

歯磨きするときに痛みを感じる

歯磨きをするときに痛みを感じて歯磨きを嫌がる子は多いです。歯が生え始めた頃に歯磨きをすると歯ブラシが歯茎に当たって痛いのです。

子どもはなぜ痛いのかを言葉でうまく説明できないため、嫌がって歯磨きを抵抗します。

歯磨き中に親から怒られる

歯磨きをするときに怒ってばかりいませんか?「じっとしなさい」「虫歯になるよ」など歯磨きするときについつい怒ってしまう人も多いはずです。

子どもは何度も怒られると「歯磨き=怒られる」というイメージを持ってしまいます。その結果、親から怒られたくなくて歯磨きを嫌がるのです。

子どもが歯磨きを好きになるコツ4

169255080

甘い歯磨き粉を選ぶ

大人用の歯磨きを使用している場合は味が甘い子ども用の歯磨き粉に変えてみましょう。

大人用の歯磨き粉はミントなど刺激が強いものが多いので子どもによっては嫌がったり苦手になることもあります。味が甘くなるだけで「歯磨きが楽しい」と感じる子どもも多いようです。

子どもが気に入る歯ブラシを選ぶ

子どもが好きなキャラクターの歯ブラシを購入するのもおすすめです。お気に入りの歯ブラシを使うことで歯磨きの時間が楽しくなる子もいます。

自分から「歯磨きしたい」と思うようになる子もいるのでぜひ試してみましょう。

歯ぐきに当たらないように注意する

子どもが歯磨きを嫌がるのは歯ぐきに当たって痛いことが理由になっていることも多いです。子どもの歯磨きをするときはなるべく優しく磨いてあげましょう。

「歯磨きは痛い」というイメージも少しずつ無くなっていき、歯磨きを嫌がることも少なくなるはずです。

できる限り褒ほめるようにする

子どもの歯磨きをするときは積極的にほめてあげましょう。子どもの中には怒られるのが嫌で、歯磨きを拒む子も多くいます。

歯磨き中に子どもが暴れるときは「じっとできるよね偉いね」と前向きな言葉で伝えてあげるのがおすすめです。

歯磨きの時間が楽しくなる環境を整えよう

343473472

毎日歯磨きの時間になると子どもが嫌がるので歯を磨くのに苦労する人も多いでしょう。

甘い歯磨き粉を選んだり優しく磨いてあげたりすることで歯磨きに対する嫌なイメージもなくなるかもしれません。歯磨きが楽しくなる環境をまずは整えてあげてください。

この記事のタイトルとURLをコピーする

CATEGORY記事カテゴリ

すべてみる