帽子の簡単な洗い方を解説!型崩れや色落ちしない手順やコツを徹底解説

帽子をかぶった少女

春以降に活躍する、直射日光から頭を守ってくれる帽子。お出かけのときだけかぶるものなので、なかなか頻繁にお洗濯に踏み出せないという人もいるのではないでしょうか?今回は、自宅で簡単にできる帽子の洗濯方法をご紹介します。型崩れしない干し方や、色あせ防止の工夫も紹介していますよ。

帽子の汗や汚れが気になる!

黒いキャップをかぶった女性

紫外線から頭皮や髪を守る帽子は、春以降の季節にはお出かけに欠かせないアイテムです。外出のときだけ、ちょっと使うものだからこそ、洗濯の頻度は多いとはいえません。気づいたときには、汚れていたという経験をした人もいるのではないでしょうか?

今回は、帽子の簡単な洗い方をご紹介します。色落ちのチェック方法や、型崩れしないための工夫も要チェック!

帽子の簡単な洗い方

かわいい洗剤のデザイン

帽子の洗い方は、とっても簡単です。洗濯機と手洗い、双方の洗い方をご紹介します。帽子に汚れを蓄積させないためにも、正しい洗濯方法を知っておきましょう。

洗える帽子かチェック!

自宅で洗えるか知るためには、以下のポイントをチェックしましょう。

  • 洗濯表示に、手洗い表示がある
  • 洗剤を目立たない場所に少量だけつけ、5分ほど置いて白い布で拭き取り、色移りしないか確かめる

上記の2つをクリアしていれば、自宅で洗濯可能です。

手洗いする場合

手洗いするときは、下記のものを揃えましょう。

  • 帽子が入る容器…洗面器や洗い桶
  • バスタオル
  • 中性洗剤…無蛍光のものを選ぶと色あせ防止可能

まず、洗面器にぬるま湯と洗剤を入れて混ぜ、優しく押し洗いします。キャップのつばは型崩れしやすいため、折り曲げないよう注意しましょう。洗面器のお湯を取り換えながらすすぎ、洗剤を洗い流します。バスタオルで水分を拭き取って、洗濯完了です。

洗濯機で洗う場合

洗濯機で帽子を洗うときは、洗濯ネットを用意します。手洗いコースやドライコースで洗うのがおすすめです。ほかの手洗い洗濯のものと一緒に洗って、一気に洗濯を済ませましょう。

型崩れと色落ちを防ぐ干し方

真っ白な帽子

帽子を洗いたいけれど、洗ってしまうと型崩れしないか不安ですよね。帽子をきれいな形に乾かすための便利グッズをご紹介します。干すときに色落ちさせないための工夫についても、まとめていますよ。

1.ザルを使って干す

帽子の大きさとフィットするザルがあれば、ザルを裏返して帽子を乗せて乾かせます。ザルは風通しがよいので、帽子を乾かすのにぴったり!100均でも大小幅広いサイズのザルは販売されているので、子供の遊びや帽子専用のザルを購入するのもよいですね。

2.ペットボトルを使って干す

ペットボトルを使う場合は、帽子の上部にタオルを詰めておくと安心です。帽子が宙に浮くので、乾きにくい汗取り部分やつばの裏側にも風が当たり、乾きやすくなりますよ。

3.市販のグッズを使う

濡れた帽子を乾かすための、型崩れ防止グッズも種類豊富に発売されています。価格帯も幅広く、大きさもいろいろ!帽子スタンドは普段から帽子をかけておくものなので、かわいらしいデザインで出しっぱなしでも違和感がありません。

4.日陰干しで色落ちを防ぐ

濡れた帽子を早く乾かそうと、日向に出してしまうのはNG!日向に長時間帽子を置いてしまうと、色あせてしまいます。帽子を干す際は、日影で風通しのよい場所がおすすめです。

まとめ

帽子をかぶって遊ぶ親子

夏場は、大人も子供も帽子をかぶってお出かけします。その際汗をかきやすいので、帽子はできるだけこまめに洗うよう心がけましょう。難しい手順は含まれていない洗い方を覚え、気軽に帽子を洗って清潔な状態を保ってくださいね。

この記事のタイトルとURLをコピーする
帽子をかぶった少女

CATEGORY記事カテゴリ

すべてみる