ちゃんと出来てる?和食を食べる時にしてはいけない『NGマナー』6選

美しい和食

和食料理を食べるとき、最低限のマナーが身についていないと恥ずかしい思いをしてしまうかも。普段和食を食べる日本人だからこそ気を付けたい、和食のNGマナーをご紹介します。普段の食事でやりがちな行動も紹介しているので、要チェック!最低限知っておきたい、お箸のNGマナーについても紹介しています。

知っているようで難しい和食マナー

種類豊富な和食

食事の中でも、和食は日本人になじみ深い料理です。とはいっても、和食の正式なマナーの全てを把握するのは難しいですよね。もしかすると、無意識のうちにNG行動を取っているかも。今回は、和食でやってはいけないNGマナーにをご紹介します。

間違ったマナーは、一緒に食事をしている人を不快にさせてしまう原因につながることがあるため、正しいマナーだけでなくやりがちな誤ったマナーを把握することも重要です。

和食を食べる時にしてはいけない『NGマナー』6選

お椀を開けようとする女性の手

では、和食の具体的なNGマナーについてみていきましょう。ついやってしまいがちなことも含まれているので、チェックしてみてください。

1.手のひらサイズの小皿を机に置いたまま食べる

和食では、机に置いたままにしておくべき器と、手に持つべき器があります。小皿や小鉢、お茶碗など手のひらに収まるサイズの小皿は手に持って食べるのが正しいマナーです。

しかし、天丼やうな重などの丼ものは、器を持っても持たなくてもKO!器だけでなく、食材の内容によって手に持つべきかどうかを判断してください。

2.ふたを勢いよく取ってそのまま食べ始める

和食のお椀のふたは、開きにくいことがあります。力任せに開けてしまうと、周囲にお湯などが飛び散るのでよくありません。お椀を回すように開けると、力を入れずにふたが開けやすくなりますよ。

また、ふたを開けてすぐ料理に箸をつけるのもよくありません。まずは料理全体を目で楽しみ、それから箸をつけてください。

3.熱いものを無理やり手に持って食べる

茶碗蒸しなどお皿や容器が熱いものは、無理やり手に持たずに机に置いた状態で食べましょう。

  • 食べるときに猫背にならないように注意
  • 汁気がある場合は、手のひらに懐紙をして添える

手皿はついやってしまいがちな、NGマナーです。和食を頂くときには、事前に懐紙を持参するのがマナー。さりげなく懐紙を使い、正しいマナーを守って食事を楽しんでくださいね。

4.お味噌汁の貝殻をふたに出す

お吸い物やお味噌汁に貝類が入っているとき、貝殻をフタに置いていませんか?これは貝殻でふたを傷つけるかもしれないため、NGマナーです。

貝殻置きがある場合はそれを使い、ないときはお椀の中に食べ終わった貝殻を入れておくのが正しいマナー。間違えやすいので、注意しましょう。

5.ふたを裏返しにしてお椀に乗せる

お椀の料理を食べ終えたら、ふたを裏返してお椀に乗せる人がいますが、これはNG。和食で使われるお椀は、お店にもよりますが高価なものであることもあるため、ふたを裏返してお椀に置くと傷ができてしまう可能性があるのです。

お椀やふたに傷をつけないよう、食べ終えたらふたを元通りの状態でお椀に乗せましょう。

6.食べ終わった後のお皿を重ねる

食事を終えたら、使った食器を重ねてしまいがちですよね。しかし、和食で使う陶器や漆器は、非常に傷つきやすいため重ねてしまうのはNG。食器の位置はそのままにして、あとは店員さんに任せましょう。

気を付けたいお箸のNGな使い方

きれいな箸

箸の使い方が悪いと、一緒に食事をしている相手が不快な思いをしてしまいます。まずは、普段やりがちなNGマナーを把握しましょう。

  • 重ね箸…一品だけ集中して食べる
  • 刺し箸…食べ物を箸で突き刺して食べる
  • 振り上げ箸…箸先で人や物を指す
  • 渡し箸…お茶碗や小皿に箸を置く
  • 迷い箸…どのおかずを取るか決めておらず、お皿の上で箸をうろつかせる
  • かき込み箸…お茶碗など器の端に口をつけて、箸で食べ物を口の中にかき込む
  • 押し込み箸…口の中の食べ物を、箸で口の奥に押し込む

自宅で食事をしていると、ついやってしまいがちな行動が、実はNGマナーであるということは多々あります。箸のマナーは、普段からしっかりと身に着けておくといざというとき安心です。

まとめ

夫婦で和食を食べる様子

和食の作法は、難しいものばかりではありません。ちょっとしたコツと、食事を美しく食べることを意識することで、正しい知識が身につきやすくなりますよ。

この記事のタイトルとURLをコピーする
美しい和食

CATEGORY記事カテゴリ

すべてみる