フライパン素材別の正しい洗い方!汚れの落とし方や長持ちさせる方法

フライパンは種類が様々ですし、材質や表面加工が違うことによって洗い方が異なってきます。それぞれの特徴を知ることで、汚れを効率よく落としたり、フライパンを長持ちさせたりすることに繋がるでしょう。焼いたり、茹でたり、炒めたりと毎日料理をする主婦にとって、フライパンはいつまでも大切に使っていきたい調理器具のひとつです。今回はフライパンの洗い方を紹介します。

ステンレスのフライパンの洗い方

ステンレスフライパン

ステンレス製のフライパンは、焦げ付き防止のためにフライパンに油をなじませていることがあります。洗剤を使用してフライパンを洗うと、表面についた油を洗い流してしまうので、洗剤を使用しないで優しくスポンジで洗いましょう。

  1. フライパンに予熱が残ってる間に油汚れをキッチンペーパーでふき取る。
  2. フライパンの中にお湯をはる。
  3. 洗剤を使用せず、スポンジで優しく擦りながら、素早く洗う
  4. 自然乾燥させる

フライパンの熱が冷めたり、汚れが落ちにくかったりする場合は、水かお湯につけおきするだけで、汚れを浮かすことができます。どうしても落ちない頑固な汚れは、ステンレスクリーナーやアクリルのスポンジを使うと焦げ付きを落とすことができます。

【まとめ買い】 ズビズバ 水だけでOK! アクリルスポンジ レギュラー×3個パック

アルミのフライパンの洗い方

アルミのフライパン

鉄やステンレスと比べて軽く、材料がくっつきやすいですが、熱伝導がかなり良いので火力調整しやすいのがアルミフライパンの特徴です。スポンジに洗剤をつけて優しく洗います。

  1. 水で調理の汚れをしっかり落としてから洗い始める
  2. 食器用洗剤(中性洗剤)で、優しくこする。
  3. 洗い終わった後、きちんと水切りをして乾かす

アルミのフライパンは、水で調理の汚れを落としてからあらうと汚れが落ちやすいです。また、表面が傷つきやすく、被膜が剥がれてしまうので、金属タワシを使用してはいけません。アルカリ性や酸にも弱いので、これらは避けた方が無難でしょう。

汚れが頑固な時は、洗剤と水を入れたフライパンを熱し、タワシで洗いましょう。洗い終わった後はきちんと水切りすることで、フライパンが長持ちするようになります。

テフロン(フッ素樹脂)加工のフライパンの洗い方

フッ素樹脂加工のフライパン

フッ素樹脂のフライパンの表面にはコーティングがされているので、加工をはがさないようにスポンジに洗剤をつけて優しく洗いましょう。汚れが冷えて固まる前に、キッチンペーパーを使って汚れを拭きとることで、洗剤や洗う時の力を最小限に抑えることができます。

  1. フライパンに予熱が残ってる間に油汚れをキッチンペーパーでふき取る。
  2. フライパンの中にお湯をはる。
  3. 食器用洗剤(中性洗剤)で、柔らかいスポンジで優しくこする。
  4. 洗剤を落として、自然乾燥させる。

フッ素加工されたフライパンは温度の変化に弱く、熱いフライパンに冷たい水を使って洗った場合、表面のコーティングが剥がれてしまうことがあります。フライパンの熱が残っている時はお湯、フライパンが冷たくなっている場合は水を使うなど、臨機応変に洗い方を変えましょう。

焦げがこびりついている場合、重層を使うことで汚れが落ちやすくなります。

セラミック加工のフライパンの洗い方

セラミックフライパン

フライパンがセラミックでコーティングされているものは、フッ素加工のフライパンと同様に温度の変化に弱いので、フライパンの熱によって洗い方を変えましょう。

  1. フライパンをよく冷ます
  2. 食器用洗剤(中性洗剤)で、柔らかいスポンジで優しくこする。
  3. 洗剤を落として、自然乾燥させる。

基本は、冷ましてから食器用洗剤とスポンジで優しく洗います。汚れが落ちにくい場合は、ぬるま湯につけおきしておくことで汚れが取れやすくなります。セラミックのフライパンの表面は硬いですが、加工が取れてしまうことがあるので、スポンジや洗剤に研磨材が入っているものは使わないようにしましょう。

フライパンが洗い終わったら、水気をきちんと拭き取ります。コーティングの下に穴が開いており、水道水で洗った後に放置しておくと、カルキが穴に入ってしまうことがあるからです。

フライパンは洗い方が重要!

フライパンを使う主婦

フライパンの洗い方によって、長持ちさせたり、すぐにダメにしてしまったり、フライパンの寿命に直結します。コーティングは、いずれは剥がれてしまうものですが、そのフライパンに合った洗い方をすることで、いつまでも美味しい料理を作ることに繋がります。

様々なフライパンに適した洗い方を意識し、フライパンを大切に使いましょう。

CATEGORY記事カテゴリ

すべてみる