電子レンジの臭い取り3選!異臭の原因や対処と予防方法

作り置きのおかずを温めたり、材料の下ごしらえをしたりと、電子レンジは日々の料理に欠かせない存在です。使用頻度が高い分、知らず知らずのうちについてしまう臭いが気になっている人も多いのではないでしょうか。そこで、電子レンジの臭いの原因から、その臭い取りの方法や予防法までをご紹介します。簡単に実践できる方法ばかりですので、ぜひ試してみてください。

電子レンジの臭いの原因

電子レンジ内の汚れ

電子レンジについてしまう臭いの最も大きな原因のひとつは、電子レンジの内部に飛び散ってしまった油分です。

ちょっと温めるだけだからとラップやふたをせずに過熱してしまった経験はありませんか?食品をむき出しで加熱してしまうことで、電子レンジ庫内に油分が飛び散りやすくなってしまいます。

また、ラップをしていても加熱中に破れてしまい、油分が飛び出ることもあります。このように飛び散った油分が電子レンジ庫内に蓄積され、腐敗してしまうことで電子レンジの臭いの原因となってしまうのです。

電子レンジの臭い取り方法3選!

ついてしまった電子レンジ内部の臭い取りの方法はいくつかあります。最もポピュラーなのが、脱臭作用のある身近なものを入れ、電子レンジで加熱する方法です。

①コーヒーかすを使う

コーヒーかす

例えば、ドリップコーヒーを淹れたあとのコーヒーかすです。このコーヒーかすを耐熱皿に乗せ、電子レンジで1~2分程度加熱します。コーヒーかすが飛び散る可能性がありますので、少し深めの耐熱皿を使用するとよいでしょう。

コーヒーにはスポンジのように小さな穴がたくさん空いています。この穴の空いた構造は脱臭剤によく使われる構造で、その脱臭効果が知られている活性炭に似た働きをしてくれるのです。

②緑茶の茶葉を使う

緑茶の茶葉

淹れた後のかすの再利用という点では、緑茶を淹れたあとの茶葉も消臭に利用できます。緑茶に含まれるカテキンという成分はご存知ですよね。

このカテキンは健康に良い効果はもちろん、消臭にも効果を発揮します。緑茶もコーヒー同様、入れた後の茶葉を耐熱皿に入れて電子レンジで1~2分程度加熱して使用します。どちらも淹れた後の湿った状態で使用してください。

③柑橘系の皮を使う

蜜柑の皮

もうひとつは、柑橘系の果物の皮を使用する方法です。使用方法は、まずオレンジやグレープフルーツ、レモンなど柑橘系果実の皮を水で軽く洗います。洗い終わったら皮表面の水分を拭き取り、電子レンジで1~2分程度加熱するだけです。

柑橘系の果物の皮に含まれるリモネンという精油成分が電子レンジ庫内をさわやかな香りに変えてくれます。柑橘系果物の皮を使用した臭い取り方法は、コーヒーや緑茶のかすを利用した方法とは異なり、水分をしっかり引き取ってから行います。水分が残っていると高温になりすぎてしまいますので注意してください。

電子レンジの臭いの予防法

ラップに包んだものを温める

電子レンジの臭いの主な原因は蓄積された油分の腐敗ですので、臭い予防の第一歩は油分を飛び散らせないようにすることです。加熱する際には、ラップやふたを利用して油分の飛び散りを防ぎましょう。

もし飛び散ってしまったときには、使用後すぐ、汚れが落ちやすいうちに電子レンジの庫内を拭き取って綺麗に保つことも臭いの予防につながります。使った後のちょっとしたお手入れで臭いの予防は可能ですので、なるべく習慣にしたいですね。

電子レンジの臭いにさよなら!

お手入れ中の電子レンジ

電子レンジは使用頻度が高い分、臭いがつく機会も多くあります。毎日のように使用するので、面倒なお手入れもなかなか続かないですよね。そんな人にも、今回ご紹介した臭い取り方法は、どれも身近なもので手軽にできますのでおすすめです。手軽で便利な電子レンジだからこそ、簡単なお手入れを取り入れて清潔に安心して使いましょう。